選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

白百合女子大学

文学部の特色を生かした「国際的就業力」を身につける

【沿革と理念】

 
 本学の設立母体であるシャルトル聖パウロ修道女会は、17世紀末のフランス・シャルトル市郊外にあるルヴェヴィルという村で誕生しました。以来3世紀以上にわたり、奉仕・教育活動を世界各地で行い、現在はローマに本部を置いています。日本での活動は1878年、函館に修道院を設立したことに始まり、その3年後には東京・神田に学校を開設しました。これが白百合学園の第一歩です。
 白百合女子大学は1965年、4年制大学として、現在の地にキャンパスを構え、2016年4月には従来の「文学部」に加え、「人間総合学部」を開設し、現代社会のニーズに対応した人材育成を行うため2学部6学科体制となりました。また、2011年からは「白百合グローバルビジネスプログラム」がスタートしています。白百合の教育は、明治初期に3人の修道女が海を渡り日本にやって来たことから始まりましたが、国や文化の境界を越えて活躍する彼女たちは、まさしく当時の「グローバル人材」そのものでありました。他文化理解のもと、広く世界に貢献できる人材を育てることは、建学の精神に照らしても、本学の重要な社会的使命の一つです。「フランスから日本へ」。130年前に引き継がれた精神を、今、「日本から世界へ」と国際的就業力の養成を通じてつないでいきます。


【学びの内容】 少人数の学習環境で 「語学力」と「国際感覚」を磨く

 
 フランス・アメリカをはじめとする8カ国・地域の22大学に留学協定校・認定校・実績校があり、目的やレベルに合わせて学ぶことが可能。学科研究室には、ネイティヴ・スピーカーのティーチング・アシスタントが常駐しており、語学学習の相談に乗ってくれるだけでなく、留学生たちと一緒に料理教室を開いたり、学生とランチを囲んだり、交流を通して異文化を身近に感じることができる機会を用意しています。

■文学部/フランス語フランス文学科
 講読、ヒアリング、文法、会話をバランスよく組み合わせたカリキュラムでフランス語のコミュニケーション能力を育成。世界に多大な影響を及ぼしてきたフランス文化の本質を追究し、固定観念にとらわれない豊かな感性と的確な判断力を育てます。少人数制クラスを数多く設置。フランス人専任教員を含む各担当教員が連携し、「聞く・話す・読む・書く」力を総合的に育成します。フランス語の3年次までの総授業時間数は540時間。「全日本学生フランス語弁論大会」では、毎年のように本学学生が出場し入賞を果たしています。

■文学部/英語英文学科
 国際社会に通用する実践的な英語運用能力と豊かな表現力を育成。少人数制のセミナーを中心としたきめ細かな指導、充実した留学制度などが、自主性と行動力を育み、世界で活躍できる人材を育てています。レベル別、少人数制クラスで多角的に英語を学び、英検・TOEICなどの資格対策はもちろん、英語の専門職や専攻研究を目指す上で必要な実力を養成します。カリキュラムは「英米文学・文化」「ことばとコミュニケーション」「比較文化・文学」の3コースを用意。児童英語教員を養成するプログラムや、ホスタピリティを学ぶプログラムも設置しています。


特色《白百合グローバルビジネスプログラム》 「物語力」+「国際的就業力」 そこに未来(ストーリー)が見えてくる

 
 「白百合グローバルビジネスプログラム(GBP)」は、文学部の専門教育が育む「物語力(実践において物語を構築・解釈・展開する力)」を基盤として、グローバル化する社会に対応できる「国際的就業力」の修得を目標とするものです。
 目的に応じて選択できる二つのプログラムを用意しており、一つは国内外で主体的に活躍できる人材の育成を目指す「プログラムA」。もう一つは、国内での企業のグローバル展開を支える人材の育成を目指す「プログラムB」です。いずれも、ビジネスで使える実践的な英語を習得する「ビジネス英語」をはじめ、企業人講師を招きビジネスの理論と実際を学ぶ「グローバルビジネス基礎科目」、相互理解を深め協働力を育む「物語力ワークショップ」、海外の日系企業等で働くことの意味を学ぶ「海外企業実地研修」などの科目を設置しています。
 さらに、GBP 支援センターでは、eラーニング(英語・中国語)やTOEIC対策などを通して一人ひとりの学習をサポート。「海外企業実地研修」「英国ビジネス実践研修」など、海外研修の相談や事前指導も行っています。



実際に体を動かしながら、社会で必要とされるコミュニケーション能力を育む「物語力ワークショップ」。

[授業PicUp] グローバル人材に不可欠な素養を育む独自の科目を用意しています

 
●物語力ワークショップ 
 「物語力ワークショップ」では、インプロヴィゼーション(即興)をはじめ、さまざまなゲームやワークを通して、他人とどのようにつながり、またどのようにして一つの物事を協働作業として取り組んでいけばよいのかを、体験的に学びます。実際に体を動かし他人とつながる手法を体感することで、初対面の人とも自然体で向き合い、落ち着いて相手の想いを理解しながら、自分の想いを的確に相手に伝えることができるようになります。

●グローバルビジネス基礎科目 
 国内外の第一線で活躍するビジネスパーソンや人材育成のプロを講師として招き、「働く」ことの意味をはじめ、自分の生涯にわたるキャリア、グローバル化した社会で働く際に必要なことを学びます。講師の方々からは、成功談や失敗談をお話いただき、働くことの面白さや難しさ、そして「仕事」とは何かを具体的な事例をもとに考えます。さらに、予習として企業研究や業界研究も実施。受講生の一人ひとりが未来の自分に合った仕事や働き方を見つけるための基礎をつくります。