選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

「進学費用」から考える、大学選び

受験校を決めるには、学力や学習内容のほかに「進学費用」も大切な要素。国立か私立か、自宅か下宿か、学びたい分野によっても費用は変わります。進学費用の目安をチェックしながら、親子で考えてみてください。
<スポンサーページ>

学費以外にも必要になる費用に注意を!

 まずは、受験にかかる費用や入学後の学費について考えてみましょう。学費は大学のパンフレットに記載されていますので、具体的な金額をチェックしてみてください。国立か私立か、学部の系統によっても金額は大きく変わってきます。進学費用を考えるときは、入学後の学費にばかり目が行きがちですが、受験時の出費も予定しておきましょう。併願校が多ければ受験料もかさみますし、遠隔地で受験するなら交通費、宿泊費などもかかります。何度も往復するのは受験生本人への負担にもなるので、受験日程をよく考えながら、本命校、併願校のプランを組み立てることも大切です。


併願校が多いと受験料もまとまった金額に!

第二志望や押さえなど5~6校ほど受験する人が多いようですが、そうすると受験料もまとまった金額に。遠隔地に受験に行く場合は、交通費や宿泊費も必要になるので、私立大でもセンター利用入試や地方入試などの活用も検討してみては。
受験料平均(私立大学の場合)
[35,000円]×[5~6校受験]=[約20万円]


入学手続の締切日を確認して併願校を選ぶとおトク?

入学手続時には、入学金を納入するのが一般的。併願校の手続締切日が本命の合格発表前の場合、念のため入学手続するなら支払が発生します。併願校を決める際に、この日程を確認してみましょう。


さまざまな費用がかさむ入学初年度の平均額をチェック!

入学金、授業料など、初年度にはまとまった金額の納入が必要になります。下図のように、その費用は学部によっても大きな差がありますが、特に高額なのは医歯薬系の学部。希望の学部がどれくらいなのか、参考にしてみてください。
<私立大学の初年度の納付額 概算>
文化系 約120万円
理科系 約160万円
医歯系 約630万円
芸術系 約180万円


初年度納付金額を詳しく金額を見てみると……


新生活にかかる費用をトータルで考えよう

 大学に進学すると、生活面にかかるお金も大きくなります。特に親元を離れて一人暮らしするとなると、その費用は一気にアップ。進学先の地域によっても変わりますが、下図などを参考にしてください。またこのほかに注意が必要なのが、住まい探しをするときにかかる費用。交通費や滞在費、賃貸契約の際には敷金や礼金などもかかる場合があります。そのほか、学費に加えて留学などの修学費用、旅行やサークル活動、運転免許証の取得など、意外なところにお金が必要になることも。大学生活を通して、貴重な経験を積むことができるように、余裕を持った進学費用を考えておくことをお勧めします。


費用面で大学進学に迷ったら“学費ローン”という方法も!

【オリコの学費サポートプラン】
大学進学には大きな費用が必要となります。金銭面の問題で諦めたり、進学先が限定されたり……といった悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

 その解決策として、学費ローンを利用するという方法があります。中でも、オリエントコーポレーション(オリコ)の「学費サポートプラン」は、学校指定の教育ローンとして6万人以上に利用されています。国公立大学を含めて全国600校以上と提携。入学金、授業料など学校に支払う納付金として利用でき、必要な費用は直接大学に振り込まれます。貸与型の奨学金と異なり、保護者の年収基準や学力の制限もなく、さらには奨学金と併用することも可能です。また、お支払い開始から完了まで手数料は固定、審査は最短1日で結果を確認してからの出願も可能など、利用しやすいように配慮。進学費用の悩みを強力にサポートする安心で確実な方法として、広く活用されています。

【納付の流れ】
保護者さまを介さず、学納金の費用は立替納付の形で、オリコから直接大学へと振り込まれる仕組み。新入生だけではなく、在校生のご利用も可能です。

入学金/授業料/教材費/実習費/学校に支払う寮費(一部ご利用いただけない学校もあります)など、学校に支払う学納金。 
※学校以外にお支払いする費用にはご利用いただけません。


返済プラン

定額を毎月支払う通常返済のほかに、在学中の返済額を抑え、卒業後に増額する「ステップアップ返済」も選べます。在学期間中の返済額据置を、卒業後最大1年間延長することも可能です。さらに、在学中は保護者、卒業後は学生の口座からの引き落としに変更する「親子リレー返済」、卒業時点の残高に応じてお支払い額を減額するサービスもご用意しています。
※申請のタイミングには制限があります。


◎詳しくは 「オリコ 学費」 で検索してください

↓↓ またはこちらから(オリコ 教育ローンページへ) ↓↓