選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

<span>体系的に見た“理系の学び”</span> <span>理・工・農・薬</span>

体系的に見た“理系の学び” 理・工・農・薬

理系の学部は、理学、工学、農学、医療・保健学の4系統に大別されます。ここでは、理学と工学、農学、そして医療・保健学の薬学関係について、その内容や卒業後の進路などを説明します。
 
 

 
理学部は、自然科学の教育や研究をするところです。まだ解明されていない自然のしくみを追求することを目的とします。自然現象をみて、「どうしてだろう?」とか「不思議だな」と思ったことはありませんか。そんな疑問から、なぜそうなるのかを考え、その答えを探すことで、物理の法則や生命のしくみを探ります。誰も知らない自然界の“理ことわり”を解き明かすのが、理学部なのです。


■学際領域・境界領域にも着目

 理学部は、高校までの「数学」と「理科」をさらに深く掘り下げていく学問分野といえますが、教育内容は比べ物にならないほど高度です。現在は約40 大学におかれていますが、最近は学際領域の進展に伴って、理学部と工学部を融合した理工学部が急増しています。また、教養学部などでも理学系の学問分野が学べます。

■どんな学科があるの?

 数学科、物理学科、化学科、生物学科などが主な学科ですが、数理科学科、情報科学科、生命科学科、地球科学科、天文学科、地球惑星科学科などもあります。最近は、学問の高度化や学際化に対応して学科を統合改組するケースがふえています。例えば、京都大は従来の細分化された9学科を理学科1学科に再編。低学年で共通する専門基礎科目を学んだ後、3年次から数理科学系、物理化学系、化学系など5つの系に分かれて専門分野を究めます。

■4年間で、どんなことを学ぶの?

 物理や数学、化学、地学、生物など高校で学んだ理数科目を発展させて、もっと専門的に、より細分化された理論や知識、実験などを学びます。
 入学するとまず、どんな分野に進む人にも必要となる各学科の基礎知識を身につけます。また、基礎実験で、実験の基本的な技術を学びます。
 学年が進むにつれ、かなり高度な専門科目を学ぶことになります。講義に加えて演習や実験があり、学科によっては午前は講義、午後は実験という毎日が続きます。実験は時間がかかり、レポートをまとめるのも一苦労です。
 多くの大学では、4年次になると研究室に所属し、卒業研究を行います。教授の指導のもと、先輩の大学院生や講師などに研究の手ほどきを受けながら、実験を行ったり、コンピューターに向かったりする研究漬けの毎日が続き、研究することの喜びを味わう1年です。


■卒業するとどんな資格が得られるの?

 卒業すると“学士”(理学など)の学位が授与されます。大半の大学では、教員免許に必要な科目を履修すると、数学、理科の教員免許を取得できます。そのほか、大学によっては、学芸員などの資格が得られる大学もあります。

■卒業後の進路は?

 他の学部に比べて圧倒的に大学院修士課程に進む割合が高く、2015 年度の学校基本調査によれば、理学部の卒業生の進学率は4割を超えています。大学によっては、ほとんどの卒業生が、大学院に進学している場合もあります。理学部卒業後の就職先として、中学校や高等学校の教員が多いのが特徴です。企業では、情報通信業や製造業などです。修士課程修了後は、各種メーカーの研究職に就く人が多いです。

 大学院の博士課程を修了し、大学などで理論系の研究者になる人が多いのも、理学部の特徴です。コツコツと基礎研究を積み重ねなければならない地味な面がある半面、新発見を狙えるのもこの分野ならではの醍醐味です。純粋な学問としての研究にあこがれる人に向いている学部です。



 
工学部は、人間や社会に役立つものをつくることを目的としています。理学の知識を基盤にして、ものをつくったり技術を開発したりできるように、教育や研究が行われています。工学部はもともと、製造現場でリーダーとなるようなエンジニアを養成するためにつくられました。時代とともに、内容は大きく広がり、ロボットからロケット、コンピューターや都市計画などあらゆる産業分野に人材を送り出しています。


■理工学部に改組するケースも


 理学部が基礎科学の分野を理論的に掘り下げて真理を解き明かすのに対し、工学部では、その研究成果を基盤として、私たちの暮らしをより豊かで快適なものにするための「ものづくり」を学びます。
 工学部は約100 大学におかれていますが、最近は工学部を理工学部に改組するケースがふえています。学際領域とか境界領域といわれる学問分野の研究が盛んになり、自然界の仕組みや法則にアプローチするサイエンスと、それを用いて人々の生活を豊かにする技術を生み出すエンジニアリングの両方の立場から教育・研究を行うというのがネライです。

■どんな学科があるの?

 学部には、機械工学科、機械システム工学科、電気電子工学科、電子情報工学科、情報工学科、情報通信工学科、土木工学科、建築学科、応用化学科、物理工学科、経営システム工学科など数多くの学科があります。最近は、ロボット工学、航空宇宙工学、生体医工学などを対象とした最先端をいく学科もふえていますし、細分化した学科を理工学科や工学科に統合改組する動きも盛んです。

■4年間で、どんなことを学ぶの?

 先端技術を扱える、高度な知識をもつ人材の養成が求められています。そのため、必要な知識も多種多様。たくさんのことを学ばなければなりません。
 入学すると、数学、物理学などの基礎科目や各学科の専門基礎科目を学びます。その後は専門分野の系統的な教育を、講義、演習、実験、実習などを通じて行います。学科にもよりますが実験や実習にウエートがおかれ、機械の組み立て、回路設計やプログラミング、建築設計図の作製など、ものづくりの手法を身につけます。多くの大学では、工場などものづくりの現場の見学やロボコンのようなコンテストやプロジェクトへの参加などが導入されています。
 4年次になると卒業研究を行います。一人で研究を行う場合もありますが、チームを組んでロボットをつくったり、企業と共同で製品開発を行ったりすることもあります。
 日本企業のグローバル化にともない、ものづくりもグローバル化しています。対応できる人材を育成するため英語教育も重視されています。


卒業するとどんな資格が得られるの?

 卒業すると“学士”(工学など)の学位が授与されます。大半の大学では、教員免許に必要な科目を履修すると、理科、技術、情報などの教員免許を取得できます。建築学科では二級建築士の受験資格が得られますが、一級建築士の受験資格を得るためには、2年の実務経験が必要です。そのほか、学科により、さまざまな国家資格や受験資格が得られます。


卒業後の進路は?

 理学部と同様に大学院修士課程への進学率が高く、卒業生全体の4割近くが進学します。就職先では、自動車や機械、電化製品などを製造するメーカー企業が一番多く、建設業や情報通信業などが続きます。就職した人の約8割が専門職に就き、大学で学んだことを生かしています。工学部は修士課程修了者の就職率が理学部に比べて高く、修士課程修了後に就職し、エンジニアとして活躍する学生が多いようです。
 工学部は、実践的な知識や技術を学べ、応用研究を重視しているところです。将来、社会に役立つ技術を開発してみたい、ものづくりをするエンジニアになりたいという人に向いています。



 
農学=農業というわけではありません。農学部では、食糧の生産や資源にかかわる、人が生きるうえで欠かすことのできない知識や技術を学びます。この分野では、バイオテクノロジーや環境保全、食の安心・安全などの最先端の研究が行われています。人口の増加やエネルギーの枯渇の恐れが叫ばれるなか、食糧問題や環境問題がますます深刻になっています。農学分野は、それらの問題解決の鍵を握る注目の分野だといえます。


■総合科学ともいえる学部内容


 農学は、農林業、畜産業、水産業などを対象とした学問分野ですが、近年はこうした産業イメージから大きく脱却して、食糧問題、エネルギー問題、環境問題など、人類の生存に関わるライフサイエンス全般を扱う学問分野として脚光を浴びています。基盤となる生物学はもちろん、化学、工学、薬学や、文系の経済学などのスキルも駆使して研究・教育を進めており、総合科学といっても過言でない学部内容となっています。
 農学部は、国立大を中心に約30 大学におかれていますが、総合的・学際的な学部として生物生産学部、農学生命科学部、生物資源科学部、生物資源学部などに衣替えするケースが多く、獣医学部、畜産学部、水産学部など特定の分野にマトを絞った学部もあります。

■どんな学科があるの?

 農学部には、農業分野全般を対象とした農学科、農業生産科学科、化学や生物学を基盤とした農芸化学科、応用生物化学科、農業に関連する土木工学と機械工学が基盤の生物環境工学科、社会科学的色彩が濃い農業経済学科、森林の育成や木材の利用などを学ぶ森林科学科、獣医師を養成する獣医学科、家畜を対象とした動物科学科、水産業を支える水産学科、海洋生物資源学科など多彩な学科がおかれています。また、学際的・総合的に学ぶ生物生産学科、生物資源科学科、応用生命科学科、応用生命化学科、生物環境科学科などもおかれています。

■4年間でどんなことを学ぶの?

 学科により異なりますが、一般的には、まず、専門科目を理解するために必要な生物学や化学に関連する基礎科目を学びます。その後、分子生物学や生化学などのより専門的な科目を学びます。3年次になると、応用科目や実習科目が増え、専門性を高めていきます。例えば、畜産学科なら、家畜繁殖学や家畜生理学、農学科なら育種学や土壌学などの専門科目を学びます。4年次になると、卒業研究を行います。
 フィールドに出る機会が多いのが特徴で、農場、実習場、演習林などでさまざまな実習が行われます。例えば、農学科では農場で育種から作物の管理、収穫までの実際を体験しますし、農芸化学科や畜産学科では、食品製造実習でチーズやソーセージを作ったり、缶詰を製造したりして食品加工の原理や技術をマスターします。醸造学科ではワインづくりや醤油づくり、水産学科では練習船で航海実習や魚の養殖なども行われます。


■卒業するとどんな資格が得られるの?

 卒業すると“学士”(農学、獣医学、水産学など)の学位が授与されます。大半の大学では、教員免許に必要な科目を履修すると、理科、農業、水産などの教員免許を取得できます。農業高校や水産高校の専門科目の教員になれるのもこの学科ならではです。獣医学科では獣医師の国家試験受験資格が得られます。また、学科により食品衛生管理者、食品衛生監視員、測量士補、家畜人工授精士などの資格も得られます。

■卒業後の進路は?

 卒業生の進路で一番多いのは、大学院修士課程への進学で、学生のうち約2〜3割が進学します。公務員になる例も多く、国家公務員としては、農林水産省や林野庁、水産庁などに就職しています。あるいは、地方公務員になり、農業や水産、林産などの部署の専門職員として多くの人が活躍しています。
 企業への就職で圧倒的に多いのは製造業と卸売業・小売業です。多くの人が、食料品や飲料メーカーなどの商品開発や研究部門、技術部門などで専門知識を生かして就職しています。
 農学部は、食生活や生物資源にかかわる分野で専門技能を発揮できる仕事に就きたい人に向いています。



 
薬学部では「医薬品」はもちろん、人の生命にかかわるすべての化学物質──食品添加物、化粧品、環境汚染物質など──を研究対象とします。研究分野は、薬剤の開発や作用に関わる研究を行う“薬剤学”、医療の現場で使用される薬剤に関わる研究を行う“臨床薬学”、薬物を含め物質が人の健康に与える影響など衛生に関わる研究を行う“衛生薬学”などがあります。薬学部には薬剤師の養成、創薬研究者の養成という2つの側面があります。


■6年制と4年制の学科の違い


 薬学部を受験する高校生の多くは、病院とか調剤薬局で働く薬剤師を目指しているようですが、進学する学科を間違えると薬剤師になる夢を叶えられません。薬学部には、薬剤師を養成する6年制の学科と、創薬科学の研究者や技術者を養成する4年制の学科があり、6年制の学科を修了しないと薬剤師国家試験の受験資格が得られないからです。
 現在、薬学部は国立14 大学、公立3大学( 来年度に1校が加わる予定)、私立56 大学におかれており、すべての国立大と公立2大学、私立14 大学は6年制と4年制の学科を併設していますが、残りの大学は6年制の学科のみで、4年制の学科はおいていません。

■どんな学科があるの?

 6年制の学科は薬学科と称するのが一般的ですが、医療薬学科、臨床薬学科、漢方薬学科などもあります。複数の学科を併設するケースもあり、東京薬科大は医療薬学科、医療薬物薬学科、医療衛生薬学科の3学科をおいています。
 4年制の学科は薬科学科、創薬科学科が主体で、ほかに生命薬科学科、生命創薬科学科、創薬・生命薬科学科、健康生命薬科学科などがあります。

■6年間、4年間でどんなことを学ぶの?

 カリキュラムは6年制、4年制とも3年次まではほぼ同じです。1年次は教養科目や薬学勉強の準備のための科目を、2年次からは薬学基礎科目と専門科目群を学びます。専門科目群には物理薬学系、化学薬学系、生物薬学系、医療薬学系などの科目があり、講義と実験によって専門科目を学びます。3年次ではさらに薬学の専門知識を深め、実験技術を修得するための専門科目を履修します。
 4年制では4年次になると、創薬研究者の養成を目的とした創薬科学専門科目を学習するほか、各研究室に所属し、卒業研究をまとめます。
 6年制では4年次に医療創薬専門科目を履修して専門性をさらに高め、実習もより本格的な内容へと移っていきます。5年次からは6年制教育の柱となる、病院および薬局での実務実習がスタート。22 週にわたり現場の医療を体験することで、臨床実務能力を身につけます。6年次には学びの集大成としての卒業研究に取り組むとともに、臨床薬学を中心に学びます。後期になると、多くの大学では薬学演習などとして、集中的に国家試験対策を行います。


■卒業するとどんな資格が得られるの?

 卒業すると“学士”(薬学、薬科学など)の学位が授与され、薬学科、医療薬学科、臨床薬学科など6年制の学科では薬剤師の国家試験受験資格が得られます。このほかに、臨床検査技師の国家試験受験資格、食品衛生監視員・食品衛生管理者・毒物劇物取扱責任者の任用資格などが取得でき、薬事監視員、麻薬管理者、配置販売業者なども取得できます。また、教員免許に必要な科目を履修すると、理科の教員免許を取得できる大学もあります。

■卒業後の進路は?

 6年制卒業生の大半は資格を生かして薬剤師として就職します。就職先は病院・診療所、保険薬局、ドラッグストアなどが中心で、なかでも調剤薬局に就職する薬学部卒業生の進路(2016年3月卒業、総数11,150人)就職(化学工業、製薬会社、卸売業・小売業、公務員など)73.5%進学未定・一時 11.3%的就職など15.2%(文部科学省「学校基本調査」より)16人が近年増えています。ほかに治験コーディネータの職に就いたり、あるいは公務員として保健所・衛生研究所などに就職したりします。
 4年制では大学院修士課程に進学する人が多くなっています。カリキュラムが修士課程までの一貫教育になっている大学が多いうえ、製薬会社などメーカーの多くの採用基準が大学院修士課程修了だからです。大学院で研究能力を身につけたあと、製薬会社の研究・開発者、バイオ系会社などの研究・技術者として多くの人が活躍しています。
 大学院への進学率は理学、工学、農学など他の系統に比べると低いものの、卒業生の約1割を占めています。