選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

湘南工科大学

社会を支える「工学」、社会に求められる人材育成

 湘南工科大学は、海と緑豊かな湘南の地に、1961年(昭和36年)に設立された工科系大学です。工学に関する学術の教授および研究を行うとともに、人間性豊かな、創造力と実践力を備えた社会に貢献する技術者の育成を目指しています。
 スマートフォン、自動車、エネルギー、ロボット、医療機器、音楽など、工学技術は、現代生活のあらゆる分野を支えています。近年では、環境や使いやすさへの配慮なども求められており、その進歩・発展には目覚ましいものがあります。
 こうした技術革新や社会のニーズに対応するため、湘南工科大学では、専門技術を基礎から深く学ぶ〈基盤系〉3学科と、技術を利用してCG、デザイン、環境を学ぶ〈応用系〉3学科の計6学科を設置。アクティブラーニング(AL)を多くの科目で導入しており、学生が主体的に授業に参加し、実践を繰り返すことで、専門的な知識や技術の定着と活用力を育みます。2017年度からは、工学におけるALの学びをより深化させた、新カリキュラムがスタート。社会人基礎力を備えた、真に時代から必要とされる技術者を育成します。



1〜4年の卒業研究生まで共同で利用するオープン型のPC演習室。


壁全面を電子黒板化したAL用の教室。指書きOKで直観的・創造的授業に対応。

【カリキュラム】 工学×AL 実践力をつける主体的な学び

 湘南工科大学では、ただ工学の専門知識を学ぶだけでなく、社会に求められる多様な能力の育成を目指しています。初年次導入教育に力を入れており、1~2年次必修科目の「共通基盤ワークショップ」は、2年次までに最大4科目、他学科の興味のある分野・学びたいことの関連分野を履修可能。目標に向かって積極的に取り組む主体性や、チームでプロジェクトを遂行する際のコミュニケーション能力、プレゼンテーションに不可欠な自己表現力などの、将来にわたって成長し続けるために必要な基礎力を養います。
 また、ALに対応した施設・教室の整備を進めており、さまざまな学習スタイルに合わせられるオープン型の教室やPC演習室などが次々と新設されています。
 社会への貢献度が高い学生を輩出している本学の教育力は、実際に企業や高校教員等に評価されており、イギリスの教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』が2017年3月30日に発表した初の『THE世界大学ランキング日本版2017』において、「教育成果」「国際性」の2分野で(150位以内に)ランクインしました。
 今後も社会に求められる実践的な技術力と、社会人基礎力を備えた人材育成に取り組んでいきます。


【就職支援体制 4つのポイント】 安定した就職率を維持するサポート

 湘南工科大学では、学生が希望する職業に近づけるよう、大学が一丸となりきめ細かい就職支援を行っています。卒業後の社会生活に必要な力を養うため、1年次からキャリア教育関連の授業科目を設置するとともに、企業説明会や個別相談などを実施。就職アドバイザーによるマンツーマンの指導も、いつでも受けることができます。こうした総合的なサポートにより、毎年安定した就職率を上げています。

ポイント〈1〉授業として展開するキャリア形成支援プログラム
  本学の特徴の1つである「キャリア形成支援プログラム」では、4年間で専門性と社会人としての基礎力を養います。1、2年次では、国語力や社会人としての心構えなど、将来の自立に必要となる基礎的な能力を育てる教育プログラムを用意。3年次からは、履歴書の書き方や面接・就職試験対策など、より具体的で実践的な指導を行います。また、在学中に職業体験ができるインターンシップも授業科目として用意しています。

ポイント〈2〉学内合同企業説明会を毎月開催
 学科ごとに専門の就職アドバイザーが常駐しています。とくに就職活動が本格化する3年次後期には、在学生全員と個別面談を実施。履歴書の書き方や面接での対応をはじめ、就職活動についてのアドバイスや企業の紹介など、具体的な内容についてきめ細かい指導をしています。

ポイント〈3〉一人ひとりに合った具体的な指導
 就職活動期間中の毎月、本学主催の学内合同企業説明会を開催。年間約500社の採用担当者を招き、経営方針や採用情報などを説明してもらいます。採用意欲の高い企業から説明を一度に聞くことができる、貴重な面談の機会です。6割の学生が参加企業から内定をもらい、就職しています。

ポイント〈4〉就職試験対策と資格取得支援
 SPI試験やIT系企業で使われているCAB・GAB試験、問題解決力や行動特性を測るジェネリックスキル測定など、さまざまな就職模擬テストを実施しています。これらの模擬テストは、後援会の助成により、無料で受けることができます。


【インターンシップ】 在学中に職場体験ができる 実践プログラム

 インターンシップは在学中の一定期間、学生が企業・団体の現場で実際の仕事を体験する、2・3年次を対象としたプログラムで、本学では単位として認定しています。社会人としてのルールやマナーを学ぶことができ、実社会を知る機会としても大きな意味があります。実務経験を通じて、興味がある企業や業界の情報・知識を得るだけでなく、働くということを理解することで就業意識を養います。自己を見直すきっかけにもなるので、その後の就職活動をするうえでも役立ち、就職後のミスマッチを防ぐことができます。


【取得できる教員免許】 工科系大学なので技術・工業科の免許が取得しやすい

 各学科の授業科目と並行して教職科目を修得すれば、卒業時に教員免許が取得できます。学科のカリキュラムの特色から、取得できる免許状が決まっています。