選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

芝浦工業大学

世界に貢献する“グローバルエンジニア”を育成

 1927年の創立以来、芝浦工業大学は「社会に学び、社会に貢献する技術者の育成」を建学の精神として、日本を支える人材を育成し、社会の発展に貢献してきました。2017年4月に建築学部を開設し、現在は4学部16学科体制で理工系のあらゆる学びを展開しています。
 グローバル化が進み、ものづくりの舞台も国内から海外へと広がっている現代において、本学が目指すのは世界に学び、世界に貢献する理工系人材の育成です。2014年度には私立理工系大学で唯一、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援事業」に採択。国際プロジェクトや海外インターンシップなど、多彩な国際プログラムを実践し続けています。
 また、企業と大学が連携して研究を行う“産・学・官連携”にも力を入れています。本学は『「まちづくり」「ものづくり」を通した人材育成推進事業』により、2013年度に文部科学省「地(知)の拠点整備事業」にも採択されました。プロジェクト実践教育(PBL)を通じて、学生は地域の抱える課題を抽出、分析、解決できる力を身につけます。その実践力は、理工系大学におけるトップクラスの就職率にも表れています。「技術で、世界に挑め。」真に、社会で求められる力を確実に培う環境が、芝浦工業大学にはあります。


【学びの内容】 2017年4月、建築学部を新たに開設

 創立100周年を迎える2027年に名実ともに“理工系私学のトップ”になる目標を掲げる芝浦工業大学は、その実現への一歩として、2017年4月に21世紀の建築教育を展開する「建築学部」を開設しました。
 4年間の学びの場となるのは、歴史と先進性が共存する都心の豊洲キャンパス。1学科体制で、入学時から「APコース(先進的プロジェクトデザインコース)」、「SAコース(空間・建築デザインコース)」、「UAコース(都市・建築デザインコース)」の3つのいずれかに所属します。基礎的な建築教育は学科共通で行われますが、コースごとに特色のある専門科目が用意され、各コースの特徴に沿ったカリキュラムとなっています。3年次からは所属するコースにかかわらず、全研究室(10分野29研究室)から選択することが可能。豊かな感性と確かな知識・技術を身につけた、高い志を持つ建築の専門家を養成します。



上岡英史研究室では、いつでもどこでも情報アクセスが可能なユビキタスコンピューティング環境の実現に向けた情報通信の研究を行っています。写真は、視覚障害者向けデバイス「NaviHat」の研究の様子。


光ファイバを用いた計測実験。堀口常男研究室では、超高速通信ネットワークの名医となることを目指し、光エレクトロニクスなどの技術を駆使した通信計測技術を研究しています。

【学科紹介】 通信工学科から「情報通信工学科」へ改称

「ハードとソフト」「基礎と応用」のバランスに優れた専門家を養成

 2018年度より、工学部の通信工学科は「情報通信工学科」へと改称します。情報通信工学科では、ハードウェア技術とソフトウェア技術をバランスよく、さらに基礎から応用まで学べるようにカリキュラムを構成。「もの」を通して学ぶことの大切さを重視し、ものづくりの楽しさを体験できるよう、入学直後に学ぶ「製作実験」の科目を用意しています。どこでも通信可能なユビキタスネットワークに必要とされるネットワーク技術、モバイル・ワイヤレス技術、センサ技術など、最先端技術の研究を重点的に行っています。


【トピックス】 理工系を目指す女子学生をきめ細かにサポート

工業大学でも女性が安心して学べる環境を整備

 工業大学というと男子ばかりのイメージがあるかもしれませんが、芝浦工業大学では入学者のおよそ20%を女子学生が占めています。女子学生向けや新入生向けのオリエンテーションが充実しているため、学科内だけでなく他学科の女子とも友達になれる機会が充分にあります。さらに本学は男女問わず活躍できる環境づくりを進めており、2017年度には専任女性教員の比率が15%を超えました。身近に女性教員がたくさんいるので、安心して学ぶことができます。

◆女性専用の施設でリフレッシュ
 キャンパス内には「女子学生・教職員休憩室」を設けています。リフレッシュしたいときはもちろん、静かに自習や休憩をしたいときなど、いつでも利用することができます。

◆「Shiba-joプラチナネットワーク」でキャリア支援
 2014年、芝浦工業大学の女子学生・女子卒業生・教職員のためのネットワークとして「Shiba-joネットワーク」が設立されました。本学に在籍する女性がその能力を充分に発揮できる教育・研究環境の整備や育成などが主な取り組みです。
 活動の一貫として、女子学生を対象に企業で活躍するOGから生の声を聞く場を設けたり、パネルディスカッションを開催するなど、自分の将来像について考えるための「女子学生就職セミナー」などを実施しています。このネットワークを通じて、社会で活躍し、社会に貢献できる女性の研究者・エンジニアをより多く生み出すことを目指しています。

◆「女性活躍推進大賞」を受賞!
 芝浦工業大学は私立の工業大学として唯一「女性研究者研究活動支援事業(一般型)」に採択されています。2015年度の専任女性教員の比率12%(参考:2015年度の工学分野の大学女性教員比率3.5%)を達成したことなど先進的な取り組みが評価され、2016年1月に東京都より「女性活躍推進大賞」を受賞しました。今後も女性教員を積極的に採用し学内の多様性を高め、女性研究者が研究活動と自身のライフステージのバランスを保てる制度づくりに取り組んでいきます。


【ここに注目!】 2018年、公募制推薦入試に女子枠を設置!

 2018 年度入試より、公募制推薦入試に女子枠を設置します。対象学部は工学部(一部学科除く)とし、試験科目は書類選考、学科独自試験、面接です。詳細は本学の募集要項で必ずご確認ください。