選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 国家公務員
国家公務員
省庁職員、専門職員として行政を担う
 国家公務員というと、すぐ思い浮かぶのが、霞ヶ関の各省庁やその出先機関で働いている一般行政官だろう。仕事は、各産業の監督・育成、治山治水、道路・空港・港湾の整備、環境、エネルギーから、教育、医療・福祉、外交などにわたり、予算と人を使って、政策を実行し、国の経済や国民生活の暮らしを守るのが仕事だ。
 ほかに外務省専門職員、国税専門官、税務職員、皇宮護衛官、刑務官、海上保安官、航空管制官などの専門職員、さらに自衛官、司法官、特定独立行政法人や国立病院・研究所の職員なども含めると、総勢60万人以上になる。
総合職、一般職、専門職の試験に合格する
 霞ヶ関の省庁職員をめざすには、国家公務員採用試験の“狭き門”を突破しなければならない。採用試験には、総合職試験(院卒者・大卒程度)と一般職試験(大卒程度・高卒程度)、外務省専門職員、国税専門官、税務職員、皇宮護衛官、刑務官、海上保安官、航空管制官などをめざす専門職試験がある。
 国家公務員採用試験に合格するには、試験対策講座が置かれている大学や短大、公務員や法律行政系の学科・コースがある専門学校で勉強するとよい。
採用後は能力・実績により昇進する
 少子高齢化、社会保障、借金、領土問題などを抱えるわが国。国の運営にタッチする国家公務員には、“国民全体の奉仕者”という堅い決意が必要だ。民間より待遇がいいからという志望理由では「公僕」は務まらない。
 公務員制度は多様な能力の人材を求めており、試験区分にこだわらず、能力・実績により、幹部に登用されるシステムとなっている。司法試験合格者、企画立案能力を重視した区分も設けられている。なお、大半は、地方官署を3~4年の期間で異動するが、一般職試験の一部区分では「地域試験」が実施され、合格すると、当該地域の官署で採用される。
国家公務員採用試験の概要
【受験資格】 総合職=院卒29歳以下、大卒程度21~29歳。一般職=大卒程度21~29歳、高卒程度は卒後2年以内。専門職=大卒程度21~29歳、高卒程度は職種により異なる。
【試験科目】 1次=基礎能力・専門など、2次=政策課題討議(院卒)・政策論文(総合職大卒)、人物など
【試験日】 総合職=5月、一般職=大卒6月、高卒・社会人9月、専門職=大卒程度6月、高卒程度9月
【試験地】 全国主要都市
【競争率】 院卒者=総合職約5倍、大卒程度=総合職約15倍、一般職約5倍、高卒程度=一般職約5倍
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る