選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > ツアーコンダクター(旅程管理主任者)
ツアーコンダクター(旅程管理主任者)
団体旅行に同行して、安全で快適な旅を演出する
 旅行会社などが主催する団体旅行やパッケージツアーに同行し、安全で快適な旅になるようにサポートするのがツアーコンダクターの仕事。業務は、出発前の予約確認、交通機関やホテル等の手続き、旅行中の観光案内から、病気やトラブルのフォローまで、多岐にわたる。
 旅行会社が企画する旅行には、「旅程管理主任者」の資格をもつ主任添乗員の同行が義務づけられており、ツアーコンダクターになりたいなら資格の取得は必須といえる。資格には、国内旅行のみに添乗可能な国内旅程管理主任者と、国内と海外の両方の添乗が可能な総合旅程管理主任者がある。なお、ツアーコンダクターは通称で、添乗員、ツアーディレクター、ツアーマネージャーなど、旅行会社によって呼び方は異なる。
 国内あるいは海外のあらゆる場所に出かけるため、旅行が好きであることがツアーコンダクターになるための第一条件。語学力、世界や日本の歴史、地理についての勉強も欠かせない。また、かゆいところに手が届くような細やかな気配りができ、旅行客とのコミュニケーションを楽しめることも大切。さらに、旅先では何が起こるかわからないので、どんなトラブルにも冷静かつ迅速に対処できる能力も必要である。
基礎添乗業務・旅程管理研修後、添乗の実務経験を積む
 旅程管理主任者の資格を得るには、観光庁長官の登録を受けた研修機関(日本添乗サービス協会、日本旅行業協会、全国旅行業協会など)が実施する「基礎添乗業務研修」(旅行業従業員は免除)、および「旅程管理研修」を修了(合格)し、所定の実務経験を満たす必要がある。基礎添乗業務研修では、添乗サービスの基本、添乗の仕事の役割や仕組みなどを学び、旅程管理研修では添乗員として理解しておかなければいけない旅行業法や約款、添乗実務に必要な基本的知識を習得する。
 大学・短大・専門学校の旅行・観光系学科に進学して、基礎添乗業務研修、旅程管理研修を修了し、添乗実務経験を積んで、在学中に資格を取得する人も多い。
添乗員派遣会社に登録している人が多い
 旅行会社に就職して添乗するケースもあるが、大半は添乗員派遣会社に登録し、旅行会社に派遣されてツアーに同行する。現場で実務経験を積んだ後、フリーランスとして活躍する道もある。
旅程管理研修の概要
【受講資格】 旅行業に従事している者。または18歳以上で、指定機関が行う「基礎添乗業務研修」を受講し、旅行会社への就職、あるいは添乗員派遣会社登録の予定があり、それを証明できる者。
【講習内容】 (1)旅行業法・約款、(2)国内添乗実務、(3)海外添乗実務、添乗外国語(英語)。 ※修了テストあり。国内は(1)(2)(2日間)、総合は(1)(2)(3)(3日間)を受講。
※資格取得のための実務経験は、指定研修修了日の前後1年以内に1回以上、または修了日から3年以内に2回以上。
〈以下、日本添乗サービス協会の場合〉
【講習日】 ほぼ毎月開催
【講習地】 開催日により異なる
【受講料】 国内26,000円、総合36,000円、総合国内免除(国内の有資格者)20,000円
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る