選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 番組制作ディレクター
番組制作ディレクター
スタッフを指揮しておもしろい番組を作る
 番組制作ディレクターは、プロデューサーの用意した企画を具体的なテレビ番組にするのが仕事。ドラマであれば、脚本を読み込み、構想を練る。現場で、技術スタッフを指揮し、出演者に演技指導して制作する。情報番組であれば、何人かのディレクターがいて、それぞれがスタッフを指揮して現場から取材してきた映像を、チーフディレクターがまとめ、キャスターや解説者がつないでいく。バラエティであれば、ふだんから考えていたアイデアを盛り込みながら、放送作家の台本にしたがって、タレントの信頼を得ながら収録を進める。
学校で制作技術を学ぶ。AD時代の下積みは誰もが通る道
 大学で幅広い教養を身につけ、テレビ局に入社するか、映像系や音響芸術系の大学や専門学校で番組制作技術を学び、テレビ番組制作会社などに入社する。ちなみに、専門学校では、番組制作実習、スタジオワーク演習などの科目を履修する。入社後、下積みのAD(アシスタントディレクター)時代があり、その後ディレクターに昇進する。ADはディレクターと相談し、食事などの準備、ロケ場所、撮影時間など細かに段取りする。衣装をそろえメイクの手配も行う。撮影小物の準備からロケバスの運転まで、さまざまな作業を行う。
ヒット作が出れば好循環。実績をひっさげフリーの道も
 担当番組が視聴率をかせげば、評価が上がる。結果、シリーズ化されたり、特番が作られたり、映画化されたりと、好循環となる。以後の作品にもお声がかかるし、やがて、プロデューサーへの昇格も可能だ。プロデューサーになると、自分の作りたい企画を実現できるし、脚本家選びも、出演者交渉もまかせられる。なお、ディレクターはおもしろい作品を作るのが仕事なので、個性的な才能を発揮すれば、フリーとしてもやっていける。
主な関連資格の概要
直接、番組制作ディレクターとしての資格はないが、下記資格は専門学校で取得可能であり、受験してみたい。
■舞台機構調整技能士 厚生労働省の認定資格。ステージにとって大切な音響機構調整作業を判定。
■映像音響処理技術者資格認定試験 日本ポストプロダクション協会主催。ビデオ編集技術者・録音技術者(MA)としてのスキルを認定。
■ビジネス著作権検定 出版社、映像・音楽配給会社等で、権利を守り、侵害しないために必須の著作権に関する知識、事例判断での応用力を測定。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る