選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 映像・音響技術者
映像・音響技術者
収録、編集、MAまでの映像コンテンツを制作
 映画やTV番組などの制作は、撮影前の準備作業をする「プリプロダクション」、撮影後の仕上げをする「ポストプロダクション」などがある。後者には、映像の編集やCG制作、VFX(視覚効果)、そして、音楽・効果音・ナレーションを加えるMA(音声処理)などがある。
 コンピュータが制作の主役となり、音と映像が一体化して扱われる今、「音に詳しい映像技術者」「映像に詳しい音響技術者」が求められている。
映像・音響系の学科で制作技術を学ぶ
 資格がなくても、映像・音響の仕事に就くことはできるが、映像・音響系の学科で、一連の制作技術を身につけ、関連資格を取得しておくことが近道。
 特に映像制作における編集・MA作業は、パソコンや専用機器によるデジタルが主流のため、専門知識や基礎技術をマスターしておく必要がある。業界の技術の進歩に対応した、整備が整った専門学校などで学ぶことが望ましい。
テレビ局、ラジオ局、番組制作会社など
 テレビ局やラジオ局、番組制作会社、イベント会社などに就職し、初めはアシスタントとして経験を積む。まかされた仕事で実績を上げれば、フリーで活躍することも可能。ただし、大成するかどうかは本人の努力だけではなく、感性によるところも大きい。日頃から映像や音にアンテナを張っておこう。多チャンネル時代で仕事は拡大の傾向。
主な関連資格の概要
■舞台機構調整技能士 厚生労働省認定の国家検定。
■サウンドレコーディング技術認定試験 JAPRS(日本音楽スタジオ協会)が主催。レコーディング現場のスキルを認定。
■Pro Tools技術認定試験 業界標準のデジタル音楽制作ソフトのオペレーション能力をJAPRSが認定。
■映像音響処理技術者資格認定試験 日本ポストプロダクション協会主催。ビデオ編集技術者・録音技術者(MA)としてのスキルを認定。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る