選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > グラフィックデザイナー
グラフィックデザイナー
 
おもに紙媒体や広告などのデザインで活躍
 グラフィックデザイナーの仕事は、ポスター、パンフレット、カタログ、パッケージ、ロゴデザイン、雑誌、書籍などのデザインを手がけ、活躍分野は広告・出版・印刷にわたる。雑誌やパンフレットなどページもののデザインはエディトリアルともいう。写真、イラスト、文字を配置する構成力、色彩感覚が求められる。もちろん個性や感性も大切だが、視覚的に「伝える力」があることがもっとも大切である。また、ウェブなどで、写真や文字、イラストをデザイン処理する場合もグラフィックデザインに含めるなど、表現方法は広がっている。
デザインの基礎を学び仕事の流れを知る
 大学・短大・専門学校のグラフィックデザイン学科に進み、デザインの基礎を身につけ、アイデアスケッチ~プレゼン~制作まで、仕事の流れを体験する。いまはパソコンでのデザインが主流なので、マッキントッシュ、Illustrator、Photoshopなどの操作に慣れたり、文字組みに必要なDTP技術などを身につける。日頃から作品づくりを行い、「ポートフォリオ」(作品集)を準備しておくと、就職活動時に役立つ。
実績を積んでフリーになる人も多い
 就職先として、デザイン事務所、広告代理店、出版社、印刷会社などがある。先輩の指導のもと、初歩からスタートし、やがて多くの仕事を任せられるようになる。その後、実績が評価され、フリーになる人も多い。
 最近、スマートフォンや、iPadなどのタブレット型PCが急速に普及している。でも、印刷、製本の工程がないだけで、グラフィックデザインに変わりがない。また、手軽に見られる紙媒体の魅力は依然としてあり、紙、電子、ウェブなどの媒体で活躍できる人が求められている。
主な関連資格の概要
資格取得は必須ではないが、スキルは必要であり、腕を磨く目標とするのもよい。
■Webデザイナー検定 Webデザインの準備から制作、サイトのテストや評価、運用まで全工程の知識が試される。
■Photoshopクリエイター能力認定試験 Photoshopを駆使して、コンテンツを制作する能力を認定する。
■Illustratorクリエイター能力認定試験 Illustratorを駆使してコンテンツを制作する能力を認定。
■DTPエキスパート認証試験 印刷物をパソコンを使って制作するDTPに必要な知識と技術を計る。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る