選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > ファッションデザイナー
ファッションデザイナー
 
アパレルメーカーで新商品をデザイン
 ファッションデザイナーは、洋服をデザインする人だが、スタイルはさまざまだ。
 アパレル企業に勤めるデザイナーは、販売担当のマーチャンダイザーが立てた企画にしたがって、デザイン画を描く。それをもとにテキスタイルデザイナーが生地作りをし、パタンナーがデザイン・生地をもとに型紙に起こし、縫製者がサンプルを作る。それを細かくチェックしてデザイン調整を行い、服を完成させる。
 自分でブランドを立ち上げ、コレクションという新作発表会を行う人もいる。専門店、デパートなどに勤め、顧客のために、オーダーメイドの洋服をデザインする人もいる。
学校で服作りのテクニックを身につける
 ファッション系や家政系の大学・短大・専門学校の服装科、ファッションデザイン科などで、洋服作りのテクニックを身につける。
 専門学校のカリキュラムの例だが、アパレルデザイン、色彩論、ファッションデザイン画、染色演習、デッサン、素材論、グラフィックワークなどを学ぶ。
 特に、ファッションデザイン画は、パターンを意識し、服の構造を把握する表現で、特殊な技法だ。オリジナリティ、クリエイションを指導される。
 専門学校の中には、学園祭や、コンクールなど発表の機会があり、業界人も注目する腕試しだ。
メーカーやデザイン事務所で経験を積み独立も
 卒業すると、アパレルメーカーに就職する人が大半である。入社したメーカーにより、レディース、メンズ、子供服、インナーウェアなどのデザイナーとして活躍する。有名デザイナーのデザイン事務所に就職する人もいる。
 いずれにせよ、最初は下積みを経験することになる。やがて意見を聞かれたり、プレゼンを要求されたりして、認められるようになる。ヒット作が続き、やっていける自信がつけば、独立も可能だ。
主な関連資格の概要
■パターンメーキング技術検定
パターンメーキング、グレーディング、マーキングなど、パターンメーカーとして必要な知識を試す。筆記は理論と製図。実技はジャケットまたはブラウスをパターンメーキングまたはドレーピングする。
■洋裁技術検定
洋裁に関する知識・技術を審査し、能力を証明する。日本ファッション教育振興協会認定校の学生が対象。
■カラーコーディネーター検定試験 
色彩に関する知識を試す。1~3級があり、1級はファッション色彩、商品色彩、環境色彩から1分野を選択。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る