選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 美容師
美容師
 

ヘアスタイルをメインに、人の容姿を美しくする
 お客のニーズを的確に聞き、シャンプー、パーマ、カット、カラー、ブローなどを施して、よりよいヘアスタイルに仕上げるのが美容師の仕事。男性客の利用も一般的になり、人それぞれの個性や魅力を引き出すことができる美容師が必要とされている。また、美容師に必要な技術は髪を切ったり、パーマをかけたり、染めたりするだけではない。ネイルケア、メイクアップのほか、日本髪を結ったり、着付け、エステをするなど、美容全般の知識・技術が求められる。接客業だけにマナーや言葉遣いなどに気を配ることも重要だ。
美容師養成施設で学び、国家試験に合格する
 美容師になるには、厚生労働大臣指定の美容師養成施設で学び、美容師の国家試験に合格しなければならない。
 養成施設の修業期間は昼間部、夜間部とも2年以上、入学資格は高校卒業以上となっている。そのほとんどが美容師に必要な知識・技術だけでなく、メイクやネイル、エステなどもトータルに学べるようにカリキュラムを編成しており、在学中に関連資格を取得できるところも多い。通信教育制度(3年以上)があり、働きながら学ぶこともできる。
 美容師免許取得後、3年以上の実務経験を積み、指定された講習会を修了すると、管理美容師の資格を取得できる。従業員が常時2人以上の美容院には管理美容師を置くことが法律で義務づけられており、取得しておくと、転職や独立時に有利だ。
美容院のほか、ブライダル、エステ関係などへ
 美容院への就職が一般的。最初はアシスタントとして掃除や髪を洗うことからはじめ、先輩美容師の技術を見たり指導を受けたりしながら、腕を磨いていく。ほかには、結婚式場やホテル、エステティックサロン、化粧品メーカーなどで活躍している。
美容師国家試験の概要
【受験資格】 美容師養成施設(昼・夜間課程2年以上、通信課程3年以上)を卒業した者。
【試験内容】 実技試験=衛生上の試験、基礎的技術試験(第1課題:カッティング、第2課題:オールウェーブセッティング) 筆記試験=関係法規・制度、公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学、美容の物理・化学、美容理論
【試験日】 年2回(実技=8月・2月、筆記=9月・3月)
【試験地】 実技=46都道府県 筆記=14都道府県
【受験料】 実技・筆記=25,000円
【合格率】 約80%
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る