選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 管理栄養士・栄養士
管理栄養士・栄養士
栄養の専門家として食生活を支援
 栄養学を基本に、専門知識を生かして、「食」についての指導、アドバイスをするのが管理栄養士、栄養士の仕事。具体的には、栄養バランスのとれた献立の作成、カロリー計算、給食の計画表作成、栄養相談、調理方法の改善などを行う。
 管理栄養士は栄養士の上級資格で、栄養士とは対象となる施設の規模、業務内容に違いがある。栄養士よりも高度な技術や専門知識が求められ、大規模な給食施設では必置の義務がある。病院の入院患者への栄養指導、保健所や官公庁での地域住民に対する健康づくりや栄養改善の指導などは管理栄養士が担当することも多く、需要は高いといえる。
 最近では、「食育」や、メタボリックシンドローム対策などに対する管理栄養士、栄養士への期待も高く、年齢も生活環境も健康状態も異なる人たちに、それぞれの状況に合わせて正しい食生活をサポートしなければならない。それだけに、栄養や食品に関することはもちろん、食材や調理、衛生、人体や疾病など、多くの専門知識が求められる。
栄養士または管理栄養士の養成施設へ
 栄養士免許は、厚生労働大臣指定の栄養士養成施設(2~4年制)、または管理栄養士養成施設(4年制)で学ぶと、卒業時に取得できる。
 栄養士養成施設には大学、2年制以上の短大、専門学校がある。いずれも昼間部のみで、厚生労働省指定の6分野50単位の必修科目と実習を履修する。卒業後、4年制は1年以上、3年制は2年以上、2年制は3年以上の実務経験を積むと、管理栄養士国家試験の受験資格が得られる。
 管理栄養士養成施設には、大学と専門学校がある。いずれも4年制の昼間部のみで、卒業時に管理栄養士国家試験受験資格が得られる。
 管理栄養士国家試験は、実務経験ルートの場合、難関試験。このため、栄養士養成施設では卒業生を対象に、セミナーや対策講座などを開催しているところが多い。
給食施設を中心に、幅広い分野へ!
 学校、病院、福祉・介護施設、会社、工場などの給食施設への就職が一般的。ほかに、保健所や官公庁の職員、食品製造・販売会社の社員、病院やスポーツクラブの栄養相談員など、活躍の場は広い。
 大学や短大で教職課程を履修して教諭免許を取得し、小中学校の栄養教諭として活躍する人、アスリートを栄養面からサポートする人、大学や食品会社などで栄養に関する研究、新製品の開発に携わる人もいる。
管理栄養士国家試験の概要
【受験資格】 栄養士養成施設での修業期間と卒業後の実務経験年数の合計が5年以上の栄養士免許取得者。または、管理栄養士養成施設(4年制)を卒業した栄養士免許取得者。
【試験内容】 学科試験=社会・環境と健康、人体の構造と機能および疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論
【試験日】 年1回(3月)
【試験地】 北海道、宮城、東京、愛知、大阪、岡山、福岡、沖縄
【受験料】 6,800円
【合格率】 約50%
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る