選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > Webデザイナー
Webデザイナー
 
Webサイトを見やすく、操作しやすくデザインする
 インターネットのWebサイト(ホームページ)のデザイン(設計)を手掛けるのが、Webデザイナーだ。具体的には、クライアント(企業や団体など)の要望に沿って、見た目のよさはもちろん、利用者が見やすく、操作しやすいようにデザインを考える。
 Webサイトの制作は役割を分担してチームで行うが、Webデザイナーがクライアントの要望を聞いたり、制作を行ったりするケースも多い。そのため、高度で専門的な技術のほか、クライアントに自分の考えを的確に伝えられるコミュニケーション能力、新しい技術を積極的に取り入れる意欲も必要。
関連学科・コースで制作、デザインの基礎から学ぶ
 独学で勉強することもできるが、覚えることが多く、専門性も高いため、大学や短大、専門学校などで基礎からきちんと学んでおいたほうが就職には有利といえる。
 大学・短大は情報、デザイン系、専門学校ならWebデザイン、インターネット、グラフィックデザイン系の学科・コースなど。HTML、CSSをはじめ、「Photoshop」、「Illustrator」、「Dreamweaver」など、Web制作に必要な技術やソフトの操作方法を基礎から学び、自分のイメージしたWebを制作・デザインするためのノウハウを修得する。
ネットの普及により、Web関連業種の求人増!
 Webサイトの制作会社やデザイン会社、企業のWebサイト制作部門などに就職するのが一般的。
 インターネットの普及によって、多くの企業が情報発信アイテムとしてWebサイトを制作している。また、スマートフォンやタブレット型PCのアプリの開発にWebデザイナーが関わることも多く、Web関連業種は人材不足の傾向にある。経験を積み重ね、評価を高めていけば、フリーになり、在宅で仕事をすることも可能。
主な関連資格の概要
■ウェブデザイン技能検定 Web関連で唯一の国家検定。試験は厚生労働大臣指定認定機関のインターネットスキル認定普及協会が行う。1~3級があり、各級とも実技試験と筆記試験を実施。合格すると、「ウェブデザイン技能士」と称することができる。
■Webクリエイター能力認定試験 サーティファイが主催する試験で、Webの企画・制作やHTML、CSSのコーディング、デザインに関する能力が問われる。初級と上級がある。
■その他 PhotoshopやIllustratorなど、Webサイト制作に必要なソフトの操作能力を証明する資格など。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る