選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 工事担任者
工事担任者
通信回線に端末を接続する
 光ファイバーにパソコンを接続する、LANの配線工事を行うなど、電気通信回線設備の端末設備を接続する専門家。資格の種類は、AI第1~3種、DD第1~3種、AI・DD総合種の7種類。
 AI種は、アナログ伝送路設備(電気通信回線設備)に端末設備を接続するための工事で、回線数や内線数によりAI第1~3種がある。また、DD種は、デジタル伝送路設備に端末設備などを接続するための工事で、デジタル信号の入出力速度によりDD第1~3種がある。そして、AI・DD総合種は、アナログ・デジタル伝送路設備に端末設備などを接続する工事が可能だ。
 工事が可能な端末設備は、AI種は、電話機、ホームテレホン、モデム、ISDN端末、検針メーターなど。DD種は、IP電話機、パソコン、ブロードバンドルータなど。
認定学校には科目免除がある
 工事担任者国家試験に合格する。受験資格は特に制限はないが、大学・短大・専門学校の電気・電子系学科で知識を身につけるのがおすすめ。
 試験(筆記)は5月、11月の年2回。試験科目は、電気通信技術の基礎、端末設備の接続のための技術及び理論、端末設備の接続に関する法規。
 関連資格の有資格者、工事担任者試験の科目合格者、関連実務の経験者、総務省の認定学校修了者は、一部試験科目の免除がある。また、養成課程の修了試験合格者は国家試験が免除される。
通信・電力・電気工事・放送会社で活躍
 電気通信事業・電力会社でのネットワークの構築・工事、電気工事業での電気・情報家電の工事、放送・有線放送でのコンテンツ提供、パソコン・複写機・電話機等の製造・販売業での機器の設置・LAN配線工事などで活躍。
工事担任者国家試験の概要
【受験資格】 特に制限なし
【試験内容】 電気通信技術の基礎、端末設備の接続のための技術及び理論、端末設備の接続に関する法規
【試験日】 5月下旬、11月下旬
【試験地】 全国主要都市
【受験料】 8,700円
【合格率】 AI第1種:約30%、第2種:約10%、第3種:約30%。DD第1種:約15%、第2種:約10%、第3種:約30%。AI・DD総合種:約15%
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る