選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 獣医師
獣医師
扱う動物、仕事によりさまざまな職種
 獣医師法により、獣医師でなければ飼育動物を診ることができない。獣医師とは「動物のお医者さん」であるが、診る動物により職種が分かれる。最もポピュラーなのは犬や猫を診る「小動物獣医師」だが、牛、馬、豚、鶏、養殖魚などを診る「産業動物獣医師」と合わせて「臨床獣医師」ともいう。
 公務員として、食肉や食品の検査、BSE、新型インフルエンザ対策、狂犬病予防、動物保護などにあたる「行政獣医師」もいる。
 食品会社や製薬会社で、製品の品質管理、実験動物の管理を行う人もいる。
入試は難関。6年間コツコツ実力を蓄える
 大学の6年制獣医学科を卒業する。学校は少なくて16校。募集人員も少ないため、競争率は高い。合格後、教養科目や基礎獣医学、応用獣医学の科目を学び、臨床実習や卒論を終えて、国家試験を受験する。試験科目は、獣医療、衛生学など。合格率は約80%。
 試験合格後、小動物獣医は、動物病院で、6か月~1年研修を経験し、正規に採用される。産業動物獣医は農業団体、動物園、水族館などに勤務する。行政獣医は、都道府県や政令指定都市の免許資格職の採用試験に合格する。
扱う動物の拡大、感染症の深刻化で仕事は多忙
 小動物獣医は、扱う動物は犬、猫が多いが、爬虫類など「エキゾチックペット」が増加中。産業動物獣医は、牛、豚、鶏の往診、ワクチン接種などを行う。小動物獣医、産業動物獣医は独立する人も多い。行政獣医は、BSE、O157、新型インフルエンザなど感染症対策に追われていて、人材不足の状態にある。獣医師の割合は、小動物獣医約40%、産業動物獣医約10%、行政獣医約25%、会社・研究所約10%などとなっている。
獣医師国家試験の概要
【受験資格】 大学で獣医学課程を修めて卒業した者
【試験科目】 必須問題試験=獣医療及び獣医学の基本的事項、衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項
学説試験=獣医療及び獣医学の基本的事項、衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項
実地試験=獣医療現場で実際に起こりうる症例・事例、対処方法
【試験日】 2月
【試験地】 北海道、東京、福岡
【受験料】 13,900円
【合格率】 約80%
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る