選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 不動産鑑定士
土地、建物の価値を決める
不動産鑑定士
土地・建物に関する所有権以外の権利の経済価値を判定し、その結果を価格に表示することを不動産の鑑定評価という。不動産鑑定士は、鑑定評価にあたる資格をもっている。たとえば、不動産を賃貸借したり、担保に融資を受けたり、財産を相続したりするとき、鑑定士の鑑定評価があれば、適正な金額で行うことができる。
不動産鑑定士試験に合格する。合格率は短答式約30%、論文式約10%とやや難関。受験資格は特にないが、大学、専門学校の法律学科で試験分野を学ぶとよい。試験合格後、1~3年の実務修習を修了し、資格を取得する。その後、不動産鑑定事務所、信託銀行などで経験を積み、独立する。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る