選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 登録販売者
薬剤師でなくても一般医薬品が売れる
登録販売者
登録販売者は一般医薬品の購入者に、効き目やリスクについて情報を提供したり、相談に応じたりすることができる。一般医薬品は、第1類(リスクが高いもの)、第2類(リスクが比較的高いもの)、第3類(リスクが比較的低いもの)があり、ドラッグストア、スーパー、コンビニにおいて、登録販売者がいれば、第2、3類を販売できる。
登録販売者試験を受験する。合格率は約40%(東京都)。試験科目は薬事法・制度や医薬品のことなど。受験資格は特になく、試験の前後に2年以上、薬剤師や登録販売者のもとでの実務経験が必要。合格基準は全体の7割以上と、項目ごとに3.5~4割以上の正答率が必要。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る