選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

最新情報
最新情報が表示されます。
 仕事資格事典TOP > 航空操縦士(パイロット)
大空を飛び回る憧れの仕事
航空操縦士(パイロット)
航空機(飛行機、ヘリコプター、飛行船など)の操縦を行う。資格は、報酬を受けないで操縦を行う「自家用操縦士」、報酬を受けて操縦を行う「事業用操縦士」、航空会社の旅客機を操縦する「定期運送用操縦士」の3つ。勤務先は航空会社や航空関連会社など。飛行機のパイロットは採用倍率が高く、採用後も厳しい訓練がある。
法令で定められた年齢要件と航空経歴が必要で、国が行う学科試験と実地試験に合格すると資格が得られる。航空会社のパイロットになるには、大学卒業後、自社養成パイロットとして入社するか、航空大学校、大学、専門学校、訓練事業会社などの養成課程卒業後、航空会社に入社する。
記号の読み方
●進学先の種類
 : 大学院
 : 大学
 
 : 短期大学
 : 専門学校
 
 
●進学先と職種の関係
 : 最も適している
 : 適している
 
 : 適していない
 : 対応していない
 
 
TOPへ戻る前へ戻る