選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2017-11-30

慶應義塾大 映像で蘇る昭和30年代の三田キャンパス

 慶應義塾大学は、61年前の1956年の三田キャンパスを記録した8ミリ映画『三田』をホームページで公開している。

 

 映像には戦争被害を免れた図書館旧館の赤いレンガの姿や、キャンパスでの学生の姿が映し出されており、当時の様子をカラー映像で知ることができる貴重な記録である。高い建物がほとんどなく、小高い丘にあるキャンパスからは街が一望でき、東京湾の海までも望むことができたという。

 周辺の風景が大きく様変わりしていることもこの映像からよくわかる。

 

 ホームページでは映像の公開と併せて、映画『三田』を制作した三田映画研究会のメンバーへのインタビューを行っている。どのような経緯で映画が制作されたのか、制作費の捻出や撮影の工夫や秘話などを語っている。当時、日本ではカラーフィルムは現像できなかったため、ハワイへ船便で送り現像してもらったのだという。

 沿革に載らない、同大学のある一日を垣間見ることができる貴重な記録である。

 

慶應義塾大学 Keio Times(特集)

映像で蘇る昭和30年代の三田キャンパス