選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2017-12-05

パイロットを目指す学生に無利子貸与型奨学金を創設

 国土交通省は産学官連携のもと、私立大学等6機関のパイロット養成課程の学生に対して訓練費の一部を無利子貸与する奨学金「未来のパイロット」を創設、2018年度から開始することを11月28日に発表した。

 

 この奨学金事業に参画した教育機関は、私立大学の桜美林大学、東海大学、崇城大学、千葉科学大学、専門学校の日本航空大学校、訓練事業者の新日本航空株式会社、協力エアラインのANAホールディングス株式会社、日本航空株式会社で、運営主体として一般社団法人航空機操縦士育英会を設立。学生に奨学金を無利子貸与する計画となっている。

 

 日本政府が「明日の日本を支える観光ビジョン」として2020年の訪日外国人旅行者数を4000万人、2030年には6000万人を目標として掲げる中、パイロットの確保が重要とされている。その一方で訓練費を含めた学費が高額であることが課題として、対応策を検討してきた。今回の奨学金制度によって学費負担を軽減しパイロット養成・確保への一助とする。

 

 対象人数は、当面1学年あたり計25名程度とし、1人あたり500万円(1~3回に分けて)貸与する。受給者は卒業後、奨学金の立替払実施企業に卒業後10年以内に返済を行う。

 

●国土交通省 私立大学等における無利子貸与型奨学金「未来のパイロット」の創設

●桜美林大学 パイロットを志す学生のための奨学金「未来のパイロット」創設

●東海大学 パイロットを目指す学生を対象にした無利子奨学金制度「未来のパイロット」を創設します

●崇城大学 新たな奨学金制度「未来のパイロット」創設

千葉科学大学

日本航空大学校

新日本航空