選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2016-12-27

文科省 私立大学の初年度納付金について調査報告

 文部科学省は私立大学、私立短期大学及び私立高等専門学校における平成26年度入学者に係る初年度学生納付金について調査結果をまとめ発表した。

 

 平成26年度の私立大学(学部)における「授業料」については、対前年度比0.5%増の864,384円。一方、初年度学生納付金(授業料、入学料、施設設備費の合計)については、対前年度比0.1%減の1,311,644円、実験実習料等を含めた初年度に納める総計は、1,434,996円であった。

 

私立大学(学部)・短期大学・私立高等専門学校

(調査学校数:私立大学578大学、私立短期大学316大学、私立高等専門学校3校)

■私立大学 合計1,311,644円

授業料/864,384円 入学料/261,089円 施設整備費/186,171円

■私立短期大学 合計1,113,103円

授業料/693,495円 入学料/245,783円 施設整備費/173,825円

■私立高等専門学校 合計737,565円

授業料/455,478円 入学料/167,826円 施設整備費/114,261円

 

私立大学昼間部を系統別にみると次のような結果であった。

■文科系 合計1,146,819円

授業料/746,123円 入学料/242,579円 施設整備費/158,118円

■理科系 合計1,501,233円

授業料/1,048,763円 入学料/262,436円 施設整備費/190,034円

■医歯系 合計4,606,887円

授業料/2,737,037円 入学料/1,038,128円 施設整備費/831,722円

■その他 合計1,458,548円

授業料/951,119円 入学料/270,233円 施設整備費/237,196円

 

文部科学省 私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査結果について

2016-12-19

大妻女子大学 俳句大賞の公募受付を開始

 大妻女子大学は「第4回大妻さくらフェスティバル俳句大賞」への応募を受け付けている。テーマは「春の花」「動物」。(必ず季語を入れること)

 入賞作品は地域連携活動の一環として実施されている「大妻さくらフェスティバル2017」(3月25日、千代田キャンパス)や、パンフレット、大妻女子大学地域連携推進センターホームページで発表される。受賞作には図書カード及び記念品が贈られる。応募期間は2017年1月12日(木)17時必着まで。

 

<応募方法>

1.ハガキ、FAX(A4サイズ)、ホームページ応募フォームのいずれかの方法で、一人両テーマ合わせて3句まで応募可能。

2.「応募テーマ・部門と作品」、「郵便番号」、「住所」、「氏名」、「年齢」、「電話番号」、「Eメールアドレス」及び「職業・学校名」を明記のこと。

 

<応募期間>

2016年12月12日(月)~2017年1月12日(木)(17時必着)まで。

 

<賞品>

1.理事長賞

全テーマ、全部門から6名。賞状、図書カード1万円分 及び 記念品

2.学長賞

全テーマ、全部門から6名。賞状、図書カード5千円分 及び 記念品

3.優秀賞

各テーマ、各部から3名(計18名)。賞状、図書カード3千円分 及び 記念品

 

応募宛先などの詳しい情報はホームページで確認のこと。

大妻女子大学 大妻さくらフェスティバル俳句大賞

大妻女子大学(ガクセイト)

2016-12-16

跡見学園女子大が『ことりっぷ』とコラボ

 跡見学園女子大学は受験生対象とした大学案内冊子を、旅行情報ガイドブック『ことりっぷ』(昭文社)とコラボレーションして作成した。12月3日より入学合格者への配布をはじめ、オープンキャンパス来場者や資料請求者にも配布を予定している。

 

 『ことりっぷ跡見学園女子大学』は旅行情報の編集ノウハウを生かし、大学志望者が入学後のキャンパスライフを想像できる紙面作りをしている。桜の名所として親しまれている新座キャンパス、都心で利便性の高い文京キャンパスでの一日の過ごし方や、周辺のカフェ・レストランなどを『ことりっぷ』の手法で紹介。イベントカレンダーや周辺地図も収録しており、一年を通して活用できる内容に仕上げている。

 冊子は電子書籍版も予定されており、スマートフォンやタブレットで閲覧ができるようになる。公開は2017年3月の予定という。

 

 『ことりっぷ』とは、働く女性が週末に行く2泊3日の小さな旅を提案したガイドブックで、累計発行部数1400万部を超える。これまでも自治体や交通関連、流通関連、飲食店、女性向け商品のメーカーなどとのコラボレーションを展開しており、大学とは跡見学園女子大学が初めてとなる。

「ことりっぷ電子書籍版」(電子書籍版の閲覧には専用のアプリが必要)

 

跡見学園女子大学

跡見学園女子大学(ガクセイト)

2016-12-16

大学ブランド力首都圏1位は東京大 日経BPコンサル調べ

 日経BPコンサルティングは「大学ブランド・イメージ調査 (2016-2017)」の結果をまとめた。首都圏ではブランド力のトップが東京大学、2位慶應義塾大学、3位早稲田大学。前回調査から上昇ポイントが高かったのは、東京外国語大学、東京海洋大学、お茶の水女子大学だった。

 

 イメージ項目では「いま注目されている、旬である」に青山学院大学、「エネルギッシュである」に早稲田大学、「親しみが持てる」に明治大学、「誠実である、正直である」に学習院大学が1位になるなど、人の印象に強く残る大学が選ばれている。

 

 調査は全国の9地域455大学(医科大、体育大、短期大を除外)について認知やイメージについてインターネットアンケートしたもので、地域に住んでいたり仕事をしている人、中学生以上の子供のいる父母、教育関連従事者を対象に実施。「地域産業への貢献度」「研究施設の充実度」学生の「語学力」「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランドイメージ49項目を測定している。今回の調査で10回目を迎えた。

 

【大学ブランド力ランキング 首都圏編上位20位】

1位 東京大学

2位 慶應義塾大学

3位 早稲田大学

4位 上智大学

5位 一橋大学

6位 青山学院大学

7位 東京工業大学

8位 東京外国語大学

9位 お茶の水女子大学

10位 明治大学

11位 立教大学

12位 国際基督教大学

13位 学習院大学

14位 横浜国立大学

15位 東京理科大学

16位 中央大学

17位 法政大学

18位 日本大学

19位 津田塾大学

20位 東京学芸大学

 

【各ブランド・イメージ項目で1位の大学 首都圏】

■一般的なイメージ

「いま注目されている、旬である」 青山学院大学

「エネルギッシュである」 早稲田大学

「センスがいい、かっこいい」 青山学院大学

「チャレンジ精神がある」 早稲田大学

「時代を切りひらいている」 早稲田大学

「一流感がある」 東京大学

「ステータスが高い」 東京大学

「自由闊達である」 早稲田大学

「知名度がある」 東京大学

「親しみが持てる」 明治大学

「好感が持てる」 お茶の水女子大学

「誠実である、正直である」 学習院大学

「成功している」 東京大学

「柔軟性がある」 早稲田大学

「信頼できる」 東京大学

 

■学生の対するイメージ

「個性的である」 早稲田大学

「勉強、研究に熱心である」 東京大学

「自分の意見をしっかり言える」 早稲田大学

「リーダーシップがある」 慶應義塾大学

「集中力がある」 東京大学

「精神的にタフである」 国士舘大学

「礼儀正しい、上品である」 学習院大学

「基礎学力が高い」 東京大学

「語学に長けている」 東京外国語大学

「存在感がある」 東京大学

「創造力がある」 東京学芸大学

「問題解決能力が高い」 東京大学

「高い専門性、専門知識を有する」 東京大学

「面白みがある」 青山学院大学

「コミュニケーション能力が高い」 東京外国語大学

 

■大学(組織)に対するイメージ

「教育機関としてのビジョンがある」 東京外国語大学

「広報活動に力を入れている」 創価大学

「各界に多数の人材を輩出する」 東京大学

「ロゴ、カラーなどが思い浮かぶ」 早稲田大学

「学長/教授陣に魅力がある」 慶應義塾大学

「在学中の資格取得に積極的である」 中央大学

「就職実績が良い」 東京大学

「キャンパスに活気がある」 青山学院大学

「伝統や歴史を重んじている」 学習院大学

「他大学にはない魅力がある」 東京大学

「学部、学科が充実している」 日本大学

「研究施設が充実している」 東京大学

「地域産業に貢献している」 芝浦工業大学

「地域社会・文化に貢献している」 埼玉大学

「留学生の受け入れが活発である」 上智大学

「グローバル/国際交流が活発」 東京外国語大学

「スポーツ活動に熱心に取り組む」 駒澤大学

「立地が良い」 青山学院大学

「キャンパスのデジタル化が進んでいる」 東京電機大学

 

日経BPコンサルティング ニュースリリース

2016-12-14

杉野服飾大学 高校生セミナー参加でワンピース製作

 杉野服飾大学は2017年3月20日に実施する「平成28年度SUGINO高校生セミナー」を募集している。申込期間 は、2016年12月1日(木)~2017年1月18日(水)

 同セミナーは自分のサイズに合わせたワンピースを製作するもので、3種のデザイン(ギャザーワンピース、ストラップワンピース、プリーツワンピース)と生地を選ぶ。製作終了後、修了証が配布される。

 

【概要】 SUGINO高校生セミナー

日時:2017年3月20日(月) 9:30~16:00

場所:杉野服飾大学 第2校舎

申込期間:2016年12月1日(木)~2017年1月18日(水)

参加費:2,000円(テキスト・生地代)

申し込み方法:ホームページでデザインと生地を選択

 

杉野服飾大学 SUGINO高校生セミナー

2016-12-12

大学入試センター 東日本大震災で被災した志願者の検定料等免除を公開

大学入試センターは、東日本大震災で被災した志願者の検定料等を免除する措置の詳細が決定し、発表した。

内容は次の通り。

 

■平成 29 年度大学入試センター試験志願者の皆様へ

 東日本大震災で被災した平成 29 年度大学入試センター試験志願者の検定料等免除について平成29年度大学入試センター試験において、前年度同様、検定料等を免除する措置を実施することとしておりますが、この度手続きの詳細を決定しましたので、お知らせします。

 

1.措置の対象 

 平成29年度大学入試センター試験

 

2.措置内容

 検定料及び成績通知手数料(成績通知を希望した場合)の免除  (検定料 3教科以上 18,000 円、2教科以下 12,000 円、成績通知手数料 800 円)

 

3.免除の対象者及び必要書類

 検定料等免除申請書に必要書類を添付(※詳細は、下記リンク先を参照のこと)

 

4.免除の申請方法

 検定料等免除申請書(大学入試センターのホームページからダウンロード)及び必要書類を提出してください。(※詳細は、下記リンク先を参照のこと)

 

5.申請期間

 平成28年12月16日(金)~平成29年1月27日(金)(1月27日消印有効)

 

東日本大震災で被災した平成29年度大学入試センター試験志願者の検定料等免除について

 

■平成29年度大学入試センター試験の志願者数(確定)を発表した。

志願者数 575,966人〔対前年度 12,198人増〕

【内訳】

高等学校等卒業見込者(現役生) 471,841人〔対前年度 9,506人増〕

高等学校等卒業者(既卒者) 99,118人〔対前年度 2,664人増〕

その他(高卒認定等) 5,007人〔対前年度 28人増〕

現役志願率※ 43.9%(過去最高)

※ 「現役志願率」:平成29年3月高等学校等卒業見込者(現役生)のうちセンター試験に出願した者の割合。(センター試験志願者のうちの現役生の割合ではない。)

 

 

2016-12-09

芝浦工業大と愛知工業大が連携協定

 12月8日に、芝浦工業大学と愛知工業大学は連携協定を締結したと発表した。

 両大学は教育と研究の両面にわたって広く連携・協力を図り、双方の学術研究の成果を共有すること等により、さらなる発展と社会への成果の還元を目指すとしている。

 今後は、グローバル化をベースに教材の共同開発や単位互換、FDSD活動、研究発表、留学受け入れ等、協働で教育の質向上ならびに研究の高度化をはかる。

 

芝浦工業大学 連携協定締結

愛知工業大学

芝浦工業大学(ガクセイト)

愛知工業大学(ガクセイト)

2016-12-08

武蔵美大 学生の課題制作を身近にみられるツアー

 武蔵野美術大学では12月15日(木)に、学内で行われている課題展示を回りながら、制作者への質問インタビューをする「ギャラリートークツアー」を開催する。

 学科で普段していることや、どんなことを考えて制作しているかなどの話を聞くことができる機会となっている。

 

■ギャラリートークツアー内容

・日時:12月15日(木)16:30~17:30

・集合場所:1号館3階 大会議室

 

1)視覚伝達デザイン学科[2、3年合同展示]

2)基礎デザイン学科[3年テクストインフォメーション]

3)油絵学科(油絵専攻・版画専攻)[2年 進級課題展]

4)日本画学科[2年 進級課題展]]

 

 

武蔵野美術大学 ギャラリートークツアー

武蔵野美術大学(ガクセイト)  

2016-12-07

文科省、私立大学研究ブランディング事業の支援対象校を選定

 平成28年度より実施となった「私立大学研究ブランディング事業」とは、学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学・私立短期大学に対し、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援するもの。

 本年8月に申請のあった198校(大学・短大)の審査を行い、40校を支援対象校として選定した。3年もしくは5年を支援期間として、次の支援措置を受ける。

私立大学等経常費補助(特別補助)措置額は1校当たり2,000~3,000万円程度とする。私立学校施設整備費補助金(研究施設・研究装置)は研究施設と研究装置を合計してタイプAで2,000万円、タイプBで4,000万円を上限とする。私立大学等研究設備整備費等補助金(研究設備)は4,000万円を上限とする。

 

●タイプA「社会展開型」→地域の経済・社会、雇用、文化の発展や特定の分野の発展・深化に寄与する研究。

東北学院大学「東北における神学・人文学の研究拠点の整備事業」

石巻専修大学「震災復興から地域資源の新結合による産業創出へ -草葉起源による内水面養殖業の創出-」

千葉科学大学「「フィッシュ・ファクトリー」システムの開発及び「大学発ブランド水産種」の生産」

工学院大学「巨大都市・複合災害に対する建築・情報学融合によるエリア防災活動支援技術の開発と社会実装」

女子美術大学「染織文化資源研究拠点の形成」

金沢工業大学「ICT・IoT・AIの先端技術を活用した地方創生」

金沢医科大学「北陸における細胞治療イノベーションの戦略的展開」

北陸大学「北陸地方の生薬研究と食文化を基盤とした健康と創薬イノベーション」

福井工業大学「『宇宙』事業推進のために地域と協働する“ふくいPHOENIXプロジェクト”」

愛知文教女子短期大学「「食物アレルギーの子どもを守る」大学へ―保育所における職種間連携を含む食物アレルギー教育推進事業―」

関西看護医療大学「セラピーアイランド淡路島の構築を基盤とした地域活性化と看護教育カリキュラム開発に向けた研究拠点の創設」

高野山大学「「高野山アーカイブ」の構築と世界遺産高野山の生成・発展・継承に関する密教学的研究」

安田女子大学「小学校での英語教育を実質化する教員養成・研修システムの研究開発と展開」

広島文化学園大学「地域共生のための対人援助システムの構築と効果に関する検証」

西九州大学「認知症予防推進プログラム~サクセスフル・エイジング プロジェクト in さが(SAPS)~」

別府大学「九州における文化遺産保護研究の拠点形成のための基盤整備事業」

沖縄大学「沖縄型福祉社会の共創-ユイマールを社会的包摂へ」

 

●タイプB「世界展開型」→先端的・学際的な研究拠点の整備により、全国的あるいは国際的な経済・社会の発展、科学技術の進展に寄与する研究

青山学院大学「次世代ウェルビーイング~個別適合をめざした統合的人間計測・モデル化技術の構築~」

学習院大学「超高齢社会への新たなチャレンジ-文理連携型<生命社会学>によるアプローチ」

慶應義塾大学「地球社会の持続性を高める研究大学としてのブランド確立」

國學院大學「「古事記学」の推進拠点形成―世界と次世代に語り継ぐ『古事記』の先端的研究・教育・発信―」

駒澤大学「『禅と心』研究の学際的国際的拠点づくりとブランド化事業」

順天堂大学「脳の機能と構造を視る:多次元イメージングセンター」

昭和大学「医系総合大学の実績を基盤とした生体内レドックス制御機構解明と臨床応用:健康長寿に貢献する大学創成」

上智大学「持続可能な地域社会の発展を目指した「河川域」をモデルとした学融合型国際共同研究」

成城大学「持続可能な相互包摂型社会の実現に向けた世界的グローカル研究拠点の確立と推進」

中央大学「アジア太平洋地域における法秩序多様性の把握と法の支配確立へ向けたコンバージェンスの研究」

東京工芸大学「「色」で明日を創る・未来を学ぶ・世界を繋ぐ KOUGEI カラーサイエンス&アート」

東京理科大学「材料表面・界面における水の学際研究拠点の形成」

東邦大学「上皮バリア機構の不全により生じる疾患の克服を目指したブランディング事業」

明治大学「Math Everywhere:数理科学する明治大学-モデリングによる現象の解明-」

立教大学「インクルーシブ・アカデミクス―生き物とこころの「健やかさと多様性」に関する包摂的研究」

東海大学「災害・環境変動監視を目的としたグローカル・モニタリング・システムの構築による安全・安心な社会への貢献」

麻布大学「動物共生科学の創生による,ヒト健康社会の実現」

名城大学「青色LEDを起点とした新規光デバイス開発による名城大ブランド構築プログラム」

立命館大学「立命館ライフサポート科学で切り拓く高齢化日本の持続的発展モデルの構築」

龍谷大学「新時代の犯罪学創生プロジェクト~犯罪をめぐる「知」の融合とその体系化~」

関西大学「「人に届く」関大メディカルポリマーによる未来医療の創出」

近畿大学「世界のエネルギー資源の礎となる近大バイオコークスのネットワークを活かしたブランディング」

岡山理科大学「恐竜研究の国際的な拠点形成―モンゴル科学アカデミーとの協定に基づくブランディング―」

2016-12-02

大学でも次々企画される「夏目漱石」

 2016年に没後100年を、2017年に生誕150年を迎える夏目漱石。今年は記念年として新聞で小説の再連載がされたりイベントが催されたりと注目を集めているが、大学でも漱石の企画が実施されている。

 

■フェリス女学院大学

「夏目漱石国際シンポジウム」

 2016年12月8日(木)、9日(金)、10日(土)に、第10回フェリス女学院大学日本文学国際会議として「夏目漱石国際シンポジウム」を開催。「漱石は世界をどう読んだか? 世界は漱石をどう読んでいるか?」をテーマに2部構成で開催予定。

 12月9日の第1部は「漱石は世界をどう読んだか?」と題し、英文学者の夏目漱石が世界文学をどのように読んだかを、5名の研究者が報告講演。10日の第2部は「世界は漱石をどう読んでいるか?」として、各国語に翻訳された漱石文学が世界でどのように読み継がれているかを、5名の翻訳者によるシンポジウムで明らかにしていく。

 10日には二松學舍、大阪大学大学院石黒研究室、朝日新聞社が協力製作している「漱石アンドロイド」の一般公開も予定されている。

 

■二松學舍大学

 「夏目漱石国際シンポジウム」で公開される「漱石アンドロイド」は二松學舍大学が、大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒浩教授研究室、朝日新聞社の協力で製作をすすめているもの。

 漱石は明治14年に二松學舍大学の前身漢学塾・二松学舎に在籍し、論語・漢詩を学んだ。大学創立140周年記念事業の一環として、漱石に焦点をあてた研究・事業を実施している。

 漱石の声を再現するために、音の素「音素」を解析抽出して創作するという。アンドロイドが「話せる」ことで大学、高校、中学での講義・授業も実施したいとしている。

 

■秀明大学

 本年11月12日(土)13日(日)で開催された大学祭「飛翔祭」の中で「夏目漱石展」が開催された。漱石の小説原稿や書簡を始めとする自筆資料、署名本、初版本を展示。両日には漱石ファン、文学ファンが数多く訪れた。

 秀明大学学長の川島幸希氏は日本近代文学研究者であり、秘蔵コレクションの一部を公開するかたちで実施。「吾輩ハ猫デアル」の初出雑誌ホトトギス、「心」を掲載した東京朝日新聞の初出原紙などを直接手にとって見ることができた。

 夏目漱石とはどのような人物だったのか、没後100年を迎え様々なプロジェクトを通して現代にその姿が再現されていく。

 

フェリス女学院大学 第10回日本文学国際会議「夏目漱石国際シンポジウム」

二松學舍大学 漱石アンドロイド特設サイト

秀明大学 飛翔祭夏目漱石展