選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2016-12-27

文科省 私立大学の初年度納付金について調査報告

 文部科学省は私立大学、私立短期大学及び私立高等専門学校における平成26年度入学者に係る初年度学生納付金について調査結果をまとめ発表した。

 

 平成26年度の私立大学(学部)における「授業料」については、対前年度比0.5%増の864,384円。一方、初年度学生納付金(授業料、入学料、施設設備費の合計)については、対前年度比0.1%減の1,311,644円、実験実習料等を含めた初年度に納める総計は、1,434,996円であった。

 

私立大学(学部)・短期大学・私立高等専門学校

(調査学校数:私立大学578大学、私立短期大学316大学、私立高等専門学校3校)

■私立大学 合計1,311,644円

授業料/864,384円 入学料/261,089円 施設整備費/186,171円

■私立短期大学 合計1,113,103円

授業料/693,495円 入学料/245,783円 施設整備費/173,825円

■私立高等専門学校 合計737,565円

授業料/455,478円 入学料/167,826円 施設整備費/114,261円

 

私立大学昼間部を系統別にみると次のような結果であった。

■文科系 合計1,146,819円

授業料/746,123円 入学料/242,579円 施設整備費/158,118円

■理科系 合計1,501,233円

授業料/1,048,763円 入学料/262,436円 施設整備費/190,034円

■医歯系 合計4,606,887円

授業料/2,737,037円 入学料/1,038,128円 施設整備費/831,722円

■その他 合計1,458,548円

授業料/951,119円 入学料/270,233円 施設整備費/237,196円

 

文部科学省 私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査結果について

2016-12-19

大妻女子大学 俳句大賞の公募受付を開始

 大妻女子大学は「第4回大妻さくらフェスティバル俳句大賞」への応募を受け付けている。テーマは「春の花」「動物」。(必ず季語を入れること)

 入賞作品は地域連携活動の一環として実施されている「大妻さくらフェスティバル2017」(3月25日、千代田キャンパス)や、パンフレット、大妻女子大学地域連携推進センターホームページで発表される。受賞作には図書カード及び記念品が贈られる。応募期間は2017年1月12日(木)17時必着まで。

 

<応募方法>

1.ハガキ、FAX(A4サイズ)、ホームページ応募フォームのいずれかの方法で、一人両テーマ合わせて3句まで応募可能。

2.「応募テーマ・部門と作品」、「郵便番号」、「住所」、「氏名」、「年齢」、「電話番号」、「Eメールアドレス」及び「職業・学校名」を明記のこと。

 

<応募期間>

2016年12月12日(月)~2017年1月12日(木)(17時必着)まで。

 

<賞品>

1.理事長賞

全テーマ、全部門から6名。賞状、図書カード1万円分 及び 記念品

2.学長賞

全テーマ、全部門から6名。賞状、図書カード5千円分 及び 記念品

3.優秀賞

各テーマ、各部から3名(計18名)。賞状、図書カード3千円分 及び 記念品

 

応募宛先などの詳しい情報はホームページで確認のこと。

大妻女子大学 大妻さくらフェスティバル俳句大賞

大妻女子大学(ガクセイト)

2016-12-16

跡見学園女子大が『ことりっぷ』とコラボ

 跡見学園女子大学は受験生対象とした大学案内冊子を、旅行情報ガイドブック『ことりっぷ』(昭文社)とコラボレーションして作成した。12月3日より入学合格者への配布をはじめ、オープンキャンパス来場者や資料請求者にも配布を予定している。

 

 『ことりっぷ跡見学園女子大学』は旅行情報の編集ノウハウを生かし、大学志望者が入学後のキャンパスライフを想像できる紙面作りをしている。桜の名所として親しまれている新座キャンパス、都心で利便性の高い文京キャンパスでの一日の過ごし方や、周辺のカフェ・レストランなどを『ことりっぷ』の手法で紹介。イベントカレンダーや周辺地図も収録しており、一年を通して活用できる内容に仕上げている。

 冊子は電子書籍版も予定されており、スマートフォンやタブレットで閲覧ができるようになる。公開は2017年3月の予定という。

 

 『ことりっぷ』とは、働く女性が週末に行く2泊3日の小さな旅を提案したガイドブックで、累計発行部数1400万部を超える。これまでも自治体や交通関連、流通関連、飲食店、女性向け商品のメーカーなどとのコラボレーションを展開しており、大学とは跡見学園女子大学が初めてとなる。

「ことりっぷ電子書籍版」(電子書籍版の閲覧には専用のアプリが必要)

 

跡見学園女子大学

跡見学園女子大学(ガクセイト)

2016-12-16

大学ブランド力首都圏1位は東京大 日経BPコンサル調べ

 日経BPコンサルティングは「大学ブランド・イメージ調査 (2016-2017)」の結果をまとめた。首都圏ではブランド力のトップが東京大学、2位慶應義塾大学、3位早稲田大学。前回調査から上昇ポイントが高かったのは、東京外国語大学、東京海洋大学、お茶の水女子大学だった。

 

 イメージ項目では「いま注目されている、旬である」に青山学院大学、「エネルギッシュである」に早稲田大学、「親しみが持てる」に明治大学、「誠実である、正直である」に学習院大学が1位になるなど、人の印象に強く残る大学が選ばれている。

 

 調査は全国の9地域455大学(医科大、体育大、短期大を除外)について認知やイメージについてインターネットアンケートしたもので、地域に住んでいたり仕事をしている人、中学生以上の子供のいる父母、教育関連従事者を対象に実施。「地域産業への貢献度」「研究施設の充実度」学生の「語学力」「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランドイメージ49項目を測定している。今回の調査で10回目を迎えた。

 

【大学ブランド力ランキング 首都圏編上位20位】

1位 東京大学

2位 慶應義塾大学

3位 早稲田大学

4位 上智大学

5位 一橋大学

6位 青山学院大学

7位 東京工業大学

8位 東京外国語大学

9位 お茶の水女子大学

10位 明治大学

11位 立教大学

12位 国際基督教大学

13位 学習院大学

14位 横浜国立大学

15位 東京理科大学

16位 中央大学

17位 法政大学

18位 日本大学

19位 津田塾大学

20位 東京学芸大学

 

【各ブランド・イメージ項目で1位の大学 首都圏】

■一般的なイメージ

「いま注目されている、旬である」 青山学院大学

「エネルギッシュである」 早稲田大学

「センスがいい、かっこいい」 青山学院大学

「チャレンジ精神がある」 早稲田大学

「時代を切りひらいている」 早稲田大学

「一流感がある」 東京大学

「ステータスが高い」 東京大学

「自由闊達である」 早稲田大学

「知名度がある」 東京大学

「親しみが持てる」 明治大学

「好感が持てる」 お茶の水女子大学

「誠実である、正直である」 学習院大学

「成功している」 東京大学

「柔軟性がある」 早稲田大学

「信頼できる」 東京大学

 

■学生の対するイメージ

「個性的である」 早稲田大学

「勉強、研究に熱心である」 東京大学

「自分の意見をしっかり言える」 早稲田大学

「リーダーシップがある」 慶應義塾大学

「集中力がある」 東京大学

「精神的にタフである」 国士舘大学

「礼儀正しい、上品である」 学習院大学

「基礎学力が高い」 東京大学

「語学に長けている」 東京外国語大学

「存在感がある」 東京大学

「創造力がある」 東京学芸大学

「問題解決能力が高い」 東京大学

「高い専門性、専門知識を有する」 東京大学

「面白みがある」 青山学院大学

「コミュニケーション能力が高い」 東京外国語大学

 

■大学(組織)に対するイメージ

「教育機関としてのビジョンがある」 東京外国語大学

「広報活動に力を入れている」 創価大学

「各界に多数の人材を輩出する」 東京大学

「ロゴ、カラーなどが思い浮かぶ」 早稲田大学

「学長/教授陣に魅力がある」 慶應義塾大学

「在学中の資格取得に積極的である」 中央大学

「就職実績が良い」 東京大学

「キャンパスに活気がある」 青山学院大学

「伝統や歴史を重んじている」 学習院大学

「他大学にはない魅力がある」 東京大学

「学部、学科が充実している」 日本大学

「研究施設が充実している」 東京大学

「地域産業に貢献している」 芝浦工業大学

「地域社会・文化に貢献している」 埼玉大学

「留学生の受け入れが活発である」 上智大学

「グローバル/国際交流が活発」 東京外国語大学

「スポーツ活動に熱心に取り組む」 駒澤大学

「立地が良い」 青山学院大学

「キャンパスのデジタル化が進んでいる」 東京電機大学

 

日経BPコンサルティング ニュースリリース