選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2017-10-31

フェリス女大 共通科目でプロジェクト演習を来春開始

 フェリス女学院大学は伝統のリベラル・アーツ教育を、さらに発展させる「全学教養教育機構/Center for the Liberal Arts(CLA)」を2017年4月に開設。共通科目に用意するカリキュラムを、4年間にわたって全学部生に施すことで、高い語学運用能力と幅広い教養を身につけた「新しい時代を切り拓く女性」を育成していく。

 

 学生の専門科目と平行して、共通科目「CLAコア科目」のキリスト教、語学、知のフロンティアなど7つの科目群で語学を磨き教養を深める。また、「FERRIS+実践教養探究課程」で課題発見・課題解決の方法を習得していく。専用の校舎CLA棟も新設し、アクティブラーニング型に適した教室やグループワーク形式向けの演習室で授業が行われる。

 

 2018年度からは「FERRIS+実践教養探究課程」でプロジェクト演習が開講される。これは少人数制のゼミで、地域活性化、環境問題、新しい文化創造、フェリス女学院150周年記念プロジェクトなど、実社会と結びついた課題を具体的に設定し、解決策や企画を立案・提案する方法を体験的に学んでいく。1年次後期に履修申し込み手続きを行い、2年次前期に履修する。

 

フェリス女学院大学 学びの特色

全学教養教育機構/Center for the Liberal Arts(CLA)  

2017-10-30

昭和大歯学部 上位合格者は1年次授業料を免除

 昭和大学歯学部の一般入試(I期)の上位合格者44名、大学入試センター試験利用入試(B方式)の上位合格者6名は特待生として初年度の授業料/300万円が免除される。

 センターB方式は地域別選抜入試として2018年度入試より実施される方式。これまでは医学部のみで採用してきた方式を歯学部でも実施することとなった。

 

歯学部/入試概要

【一般選抜入試(I期・II期)】

◆募集人員

I期 44名(上位合格者44名は初年度授業料を免除)

II期 約8名

◆出願期間

I期 2017年12月20日~1月16日(郵送必着)

II期 2018年2月5日~2月21日(郵送必着)

◆試験日

I期 2018年1月25日

II期 2018年3月4日

◆選抜方法

・調査書

・学力試験

【外国語】コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語III、英語表現I

【数学】数学I(データの分析を除く)・数学II・数学A・数学B(数列・ベクトル)

【理科】物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)の3科目から1科目を選択。※物理の[物理]は「原子を除く

・面接

 

【大学入試センター試験利用入試(B方式 地域別選抜入試)】

◆募集人員

6名/各地域1名(上位合格者6名は初年度授業料を免除)

◆出願期間

2017年12月20日~1月11日(郵送必着)

◆試験日

(一次)1月13日、14日

選抜方法:センター試験

(ニ次)2月11日

選抜方法:小論文・面接(合格者のみ)

 

入試情報については必ず概要を確認のこと。

昭和大学入試概要

2017-10-30

跡見学園女子大 昭和40年代の日本を再発見する公開講座

 跡見学園女子大学は12月2日より、三週連続の公開講座「昭和40年代前半の日本を旅する-日本列島の風景から復帰前の沖縄、大阪万博まで―」を開講する。同大学の公開講座は文学、芸術、思想、文化、観光論のジャンルから春と秋に実施している。

 

 今回は、観光コミュニティ学部観光デザイン学科の小川功教授がメイン講師を務め、東京五輪から大阪万博までの昭和40年代前半当時の様子をテーマに、自らの体験を交えながら昭和40年代の日本を紐といていく。

 

 第1回は昭和40年代前半の日本列島の風景を撮影したカラー写真から当時の雰囲気を伝える。第2回は復帰前の沖縄について、当時の特異性と現在との違いを紐解く。第3回は大阪万博の非日常性を紹介し、万博史のなかでの大阪万博の異質性を取り上げる。

【概要】 平成29年度秋期公開講座

「昭和40年代前半の日本を旅する-日本列島の風景から復帰前の沖縄、大阪万博まで-」

日時:12月2日、9日、16日(毎週土)13:00~14:30

場所:跡見学園女子大学 文京キャンパス

定員:100人

対象:15歳以上(中学生を除く)の男女

費用:無料

内容:

□第1回 昭和41年3月の日本列島の旅(12/2)

□第2回 昭和42年3月の復帰前の沖縄(12/9)

□第3回 昭和45年大阪万博の舞台裏(12/16)

 

申し込みは下記の申し込みフォームにて。

跡見学園女子大学公開講座申込みフォーム

2017-10-28

東京理科大 「理科ナビ」で最適学部を診断

 理系学部への進学を志望しているけれど、たくさんある学部・学科から自分に適した学びはどれだろう?と悩むことも。

 進路選びに悩んでいるなら、東京理科大学の「理科ナビ」で学部・学科探しをしてみよう。56問の設問に答えることで自分の性格や興味関心に近い学びがわかる進路診断だ。

 

東京理科大学「理科ナビ」

2017-10-27

プロ野球ドラフト会議で指名された大学生選手

10月26日(木)に行われた2017年プロ野球ドラフト会議で、球団から指名された大学生の選手を一覧紹介。

 

◆福岡ソフトバンクホークス

2位 高橋礼 専修大

4位 椎野新 国士舘大

育成2位 周東佑京 東農大北海道オホーツク

育成4位 大竹耕太郎 早稲田大

 

◆広島東洋カープ

3位 ケムナ・ブラッド誠 日本文理大

6位 平岡敬人 中部学院大

 

◆埼玉西武ライオンズ

1位 齋藤大将 明治大

5位 與座海人 岐阜経済大

 

◆阪神タイガース

1位 馬場皐輔 仙台大

2位 高橋遥人 亜細亜大

3位 熊谷敬宥 立教大

4位 島田海吏 上武大

育成1位 石井将希 上武大

 

◆東北楽天ゴールデンイーグルス

1位 近藤弘樹 岡山商科大

2位 岩見雅紀 慶応義塾大

3位 山崎剛 国学院大

4位 渡邉佑樹 横浜商科大

育成1位 井手亮太郎 九州産業大

育成3位 中村和希 天理大

 

◆横浜DeNAベイスターズ

1位 東克樹 立命館大

8位 楠本泰史 東北福祉大

 

◆オリックス・バファローズ

(指名なし)

 

◆読売ジャイアンツ

1位 鍬原拓也 中央大

4位 北村拓己 亜細亜大

7位 村上海斗 奈良学園大

育成3位 笠井駿 東北福祉大

育成5位 広畑塁 立正大

育成6位 小山翔平 関西大

 

◆北海道日本ハムファイターズ

6位 鈴木遼太郎 東北学院大

7位 宮台康平 東京大

 

◆中日ドラゴンズ

育成2位 石田健人マルク 龍谷大

 

◆千葉ロッテマリーンズ

(指名なし)

 

◆東京ヤクルトスワローズ

3位 蔵本治孝 岡山商科大

6位 宮本丈 奈良学園大

 

2017-10-27

埼玉工業大 自動走行システムの実証実験へ参加開始

 埼玉工業大学は内閣府の「自動走行システム」大規模実証実験に私立大学として唯一参加、2017年10月11日に公道での実証実験がスタートした。

 この実証実験には、国内外の自動車メーカー、自動車部品メーカー、大学などが参加しており、2019年3月まで様々な内容を検証していく。

 

 主な検証テーマは、3Dデジタル地図を検証する「ダイナミックマップ実証実験」、ドライバーの運転状態を検証する「HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)実証実験、サイバー攻撃への検証をする「情報セキュリティ実証実験」、歩行者事故への対策を検証する「歩行者事故低減実証実験」、公共バスの自動走行化における交通システムを検証する「次世代都市交通実証実験」。

 

 同大学が参加する検証テーマは「ダイナミックマップ実証実験」で、静的高精度3D地図データの仕様・精度の検証、データの生成・更新・配信システムの検証、インフラ等により提供される動的情報の車載器上での紐付け検証に参加していく。

 

埼玉工業大学 「SIP自動走行システム」大規模実証実験に参加

内閣府 「自動走行システム」の大規模実証実験プレスリリース  

2017-10-26

日本工学院 高校生いすデザインコンテスト 作品募集

 日本工学院は「第10回高校生いすデザインコンテスト」の作品を11月13日まで募集している。

 

作品テーマは「待つためのいす」。

 

 たとえば、駅前の広場、映画館のロビー、病院の受付、電車のホーム、バス停など、人が待つためのシーンの「いす」は、どんなものが良いか。 具体的な場所やシチュエーションを設定し、「待つ」という機能性からいすの形・材質・色彩・使い方をゼロから考えて応募する。最優秀作品は金賞として表彰され、賞状、3万円分の図書カード、デザインチェアが贈られる。

 

【概要】

応募期間◆10月2日~11月13日(必着)

作品送付先 コンテスト事務局

主催 日本工学院/株式会社イトーキ

応募要領はホームページで確認のこと。

第10回高校生いすデザインコンテスト

 

「高校生コンテスト」は他にも実施されているので、得意分野のテーマがあれば是非チャレンジしてみよう。

 

「第6回高校生ものづくり川柳コンテスト」

応募期間◆10月2日~11月15日

「第8回高校生けんちくコンテスト」

応募期間◆12月1日~12月8日

「第21回高校生ダンスコンテスト」

エントリー〆切り◆12月4日

日本工学院 高校生コンテスト

2017-10-26

北里大 チーム医療教育の質を高める新施設が完成

 北里大学は新たな施設として「臨床教育研究棟」を9月に竣工した。チーム医療の拠点としての役割を持ち、学生が研鑽を積み交流を深める場として医療教育の質を高めることを目的としている。

 チーム医療は、ひとりの患者に対して医師の治療だけでなく、看護師、ソーシャルワーカー、管理栄養士、理学療法士など異なる専門職が連携してケアにあたること。

 

 同大学は、2006年に学部間および学部・病院間の教育連携によるチーム医療教育プログラムを開始して、医療系4学部、2専門学校、大学附属の4病院による臨床教育を実施している。完成した「臨床教育研究棟」は大学病院本館と直結し、チーム医療演習室、多職種交流エリア、演習スキルラボ、図書館も整備されており、臨床教育の場として活用され医療の質を向上させる最新施設となっている。

 

詳しくはホームページを参照のこと

北里大学臨床教育研究棟  

2017-10-25

大学生の普段の一日を WCVで体験してみよう

 取材記者レポートでインタビューをした、倉部史記さんが理事を務めるNPO法人NEWVERYが実施する「WEEKDAY CAMPUS VISIT」は、「大学生の普段の一日」を体験するプログラム。

 大学生と一緒に授業を受けるなどして、オープンキャンパスや模擬授業では分からない、普段の大学の様子を知ることができるもの。

 参加には事前申込が必要なため、ホームページのスケジュール一覧で実施大学・学部の授業内容を読み、関心のあるものを申しこもう。

取材記者レポート 倉部史記さん

「わが子に合った大学選び -未来を見据えて-」を読む。

 

2017年11月に実施されるWEEKDAY CAMPUS VISITは次の通り。

【関東地域】------ 

◆11月3日(金・祝)

和泉短期大学 [児童福祉学科]

敬愛大学 [経済学部・国際学部]

東京情報大学 [総合情報学部]

東京女子大学 [現代教養学部]

◆11月14日(火・埼玉県民の日)

浦和大学 [総合福祉学部・こども学部・短期大学部介護福祉科]

十文字学園女子大学 [人間生活学部]

星美学園短期大学 [幼児保育学科]

大正大学 [地域創生学部・心理社会学部・人間学部・文学部・表現学部・仏教学部]

東京経済大学 [経済学部、経営学部、コミュニケーション学部、現代法学部]

◆11月23日(木・祝)

青山学院女子短期大学 [現代教養学科、子ども学科]

敬愛大学 [経済学部・国際学部]

産業能率大学 [経営学部]

湘南工科大学 [工学部]

大正大学 [地域創生学部・心理社会学部・人間学部・文学部・表現学部・仏教学部]

東京女子大学 [現代教養学部]

東京都市大学 [人間科学部]

東京都市大学 [都市生活学部]

東京都市大学 [工学部]

東京都市大学 [環境学部]

東洋英和女学院大学 [人間科学部・国際社会学部]

【中部地域】 ------

◆11月3日(金・祝)

岐阜聖徳学園大学 [経済情報学部・短期大学部]

◆11月23日(木・祝)

岐阜聖徳学園大学 [教育学部・外国語学部・看護学部]

岐阜聖徳学園大学 [経済情報学部・短期大学部]

◆11月25日(土)

金沢工業大学 [工学部、情報フロンティア学部、環境・建築学部、バイオ・化学部]

【近畿地域】 ------

◆11月23日(木・祝)

追手門学院大学 [経済学部・経営学部・地域創造学部・社会学部・心理学部・国際教養学部]

◆11月25日(土)

甲南大学 [フロンティアサイエンス学部]

【九州地域】 ------

◆11月23日(木・祝)

宮崎国際大学 [国際教養学部]

 

詳しくはホームページで開催一覧を確認のこと

WEEKDAY CAMPUS VISIT  

2017-10-23

法政大 一般に出資を募りアイデアを製品化へ

 法政大学は、インターネットを使った資金調達方法であるクラウドファンディングを利用して、授業で考えたアイデアを製品するプロジェクトをスタートした。

 

 クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」と業務提携、「法政大学 ×CAMPFIRE」にてさまざまな研究成果を発信し、社会から評価をうけることで実践を伴った学びを体験する。その第一弾としてデザイン工学部システムデザイン学科による4つのプロジェクトを始動した。

 

10月18日(水)より、次の4つのプロジェクトが始動している。

◆跳んで魅せて楽しめる、未体験の光るなわとび「MagicLoop」

(目標金額:1,300,000円)

なわとびロープに60個のLEDを内蔵。跳ぶ速さや跳び方によって光が変化し、暗闇では光の軌跡が模様を描き出す。

 

◆投げ方によって色が変わる!新感覚なフライングディスク「Actee」

(目標金額:300,000円)

光るフライングディスク。投げた回転速度と中心軸のブレを感知して青、赤、黄、緑と光の色に輝く。

 

◆IoT入門のためのマイコンボード「Bloccom」

(目標金額:300,000円)

手のひらサイズのマイコンボード。部品を組むだけで温度、湿度を測定したり、電工掲示板を自作できる。

 

◆線香花火 × ベッドライト 1日の終わりに灯る光「HITARI」

(目標金額:330,000円)

ベッドサイドに置くインテリア照明。一日の終わりに線香花火の光を眺めて眠りにつく。

 

 目標金額を達成したアイデアのみが、2017年11月28日 23:59までに集まった金額を製品化の資金として利用できる。

詳しくは下記ページを参照のこと。

法政大学 ×CAMPFIRE