選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2017-12-25

千葉県 学生限定の語学ボランティア育成講座(2/8)

 千葉県は学生限定で「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座を2018年2月8日(木)に開催する。受講対象は大学生・専門学校生・高校生など中学生を除く15歳以上の千葉県在学もしくは在住の人。

 東京2020オリンピック・パラリンピック開催時のボランティア活動に関心がある人の参加を呼びかけている。定員は60名。

 

 講座会場は千葉大学西千葉キャンパスで行われる。カリキュラム「おもてなし講座」は、外国人とのコミュニケーションに関する基礎知識や、外国人に対する「おもてなし」の心を身に付けるため、おもてなしや異文化コミュニケーションについて映像やグループワークを通して学習する。

 参加希望の人はホームページから申しこむこと。

【概要】

「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座

日時:2018年2月8日(木曜日) 13時~16時30分

会場:千葉大学西千葉キャンパス

主催:千葉県

協力:千葉大学、東京都、一般社団法人全国外国語教育振興協会

定員:60名(応募者多数の場合、抽選)

募集期間:平成30年1月10日(水曜日)まで

 

学生限定募集!外国人おもてなし語学ボランティア育成講座(2018年2月8日開催)

2017-12-23

大学の先生のコラムを読んでみよう(ガクセイト編集部)

「大学にはどんな先生がいるのだろう」

そう思う受験生がいたら、大学のホームページに掲載されている先生のコラム記事を読んでみてほしい。

 

 専門分野の立場から、話題のニュースや社会情勢といったテーマ、身近な出来事などを取り上げて、どのように考えたらよいか、また本質は何かをコラムで分かりやすく解説している。

 そこには大学生のみならず受験生へのメッセージが込められており、心に届く言葉に出会えることも少なくない。

 

◆早稲田大学 

えび茶ゾーン

 

◆明治大学 

Meiji.net

 

◆國學院大學 

ARTICLES

 

◆和洋女子大学 

学類インフォメーション 教員コラム

 

◆同志社女子大学 

教員によるコラム

 

学部や入試情報を調べることに加えて、先生を知ることもしてみてはいかがだろうか。

2017-12-22

北里大 学生が企画・運営するオープンキャンパス開催(2/18)

 北里大学相模原キャンパスで、学生が主催するオープンキャンパス「オープンキャンパス番外編」が2018年2月18日(日)に開催される。完全予約制で60名の募集をしている。

  運営団体は同大学公式の学生広報団体、北里キャンパスナビゲーター。受験生向けにTwitterやブログを通じて普段から情報発信をしている。

北里大学キャンパスナビゲーター

 

 オープンキャンパス番外編は、保護者の参加は不可で、4月から新高校生1~3年になる生徒のみを対象としている。内容は大学紹介、体験実習・実験、キャンパスツアーなどでも通常のオープンキャンパスとは少し違う内容を用意、ランチも大学生と一緒に食べるなど距離感の近い取り組みを企画しているという。

北里大学 オープンキャンパス番外編申し込みページ

北里大学

2017-12-22

日本工学院 学生制作のライブに高校生を無料招待(1/20他)

 日本工学院は、学生が企画・運営・演出をする卒業ライブ(2018年1月20日ほか)に高校生を無料招待する。会場は「マイナビBLITZ赤坂」「TSUTAYA O-EAST」「オリンパスホール八王子」で、ライブ制作を手がけるのは同校ミュージックカレッジ コンサート・イベント科の学生。2年間の学びで身につけた企画制作、音響、照明、ステージ演出のテクニックを駆使してライブ開催を行う。

 

 ライブの出演アーチストは開催日によって2~3組がステージに上がる。

◆2018年1月20日(土)

the quiet room / 嘘とカメレオン

会場:マイナビBLITZ赤坂

 

◆2018年1月24日(水)

Calmera / NakamuraEmi / おやすみアトム

会場:TSUTAYA O-EAST

 

◆2018年1月27日(土)

DÉ DÉ MOUSE(BAND SET) / Tempalay / DALLJUB STEP CLUB

会場:マイナビBLITZ赤坂

 

◆2018年1月30日(火)

Gero / BAND-MAID

会場:オリンパスホール八王子

 

 ライブ観覧の前には、イベントの裏側が覗ける「バックステージツアー」を同時開催。楽屋周辺やステージ袖など、普段は足を踏み入れることができない場所を、実際に見てコンサートスタッフの仕事や緊張感に包まれた空気感を体感できる。コンサート舞台に興味がある高校生にとっては、刺激を受けるチャンスとなる。

 

参加には同校のホームページから、希望日を申しこむこと。申し込み者が多数の場合は抽選となる。

日本工学院ミュージックカレッジpresents

コンサート・イベント科 卒業LIVE

inマイナビBLITZ赤坂 & TSUTAYA O-EAST & オリンパスホール八王子

 

 

2017-12-22

跡見学園女子大 「競技かるた」の模擬競技を実演(1/6)

 跡見学園女子大学は2018年1月6日(土)に、「競技かるた」の実演や百人一首に関連するコレクションを展示する「第2回菊坂かるた会」を開催する。競技かるたには一般での参加も可能。

 同大学は日本有数の百人一首コレクションを誇り、約3000点もの数を所蔵している。学生のみならず地域住民へも親しんでもらうため、定期的にイベントを企画しており、「菊坂かるた会」は同大学のかるた愛好会と文京区かるた事業が協力して魅力に触れてもらう機会となっている。

【菊坂かるた会 開催概要】

日時/2018年1月6日(土) 12:00~16:00頃

会場/菊坂跡見塾(東京都文京区本郷)

参加や見学を希望する人は、同大学ホームページで確認のこと。

跡見学園女子大学 第2回菊坂かるた会(1月6日)を開催します。

 

 また、2月4日(日)・24日(土)にはコレクションの中から選りすぐりの11点を公開する「百人一首パネル展示」を肥後細川庭園 松聲閣や、文京シビックセンターで実施する。

【百人一首展示 概要】

日時/2018年2月4日(日)9:00~16:30

会場/肥後細川庭園 松聲閣(東京都文京区目白台)

日時/2018年2月24日(土)9:00~16:30

会場/文京シビックセンター内(東京都文京区春日)

 

 同大学のホームページでは、所蔵する百人一首コレクションをデジタル化。データベースにして公開している。

図書館所蔵百人一首コレクション

2017-12-21

千葉商科大 サービス創造大賞2017の受賞アイデア決定

 千葉商科大学サービス創造学部は「サービス創造大賞2017」の受賞アイデアを発表した。同コンテストは「あったらいいな」と思うサービスのアイデアを公募するコンテスト。

千葉商科大 サがつくひらめき、10万円。(2017.6.27掲載)

 

 第10回目を迎えた今回の募集テーマは、一般課題部門「あったらいいな、こんなサービス」と、企業課題部門「あったらいいな、食に関するこんなサービス」。応募数は1,533件(一般課題部門984件、企業課題部門549件)にのぼった。

 

 「あったらいいな、こんなサービス」の大賞アイデアは、小川誠右さん(埼玉県立新座総合技術高等学校3年)の「歩きスマホを防ぐ方法」が受賞した。

 スマートフォンの使用で危険性を指摘される"歩きスマホ"を防止する方法として、機器に内蔵されている歩数計機能に着目。歩数をカウントしている間は機器を使用できないようにロックして、ながら操作による転倒や事故から身を守るといったアイデア。

 受賞理由は、スマートフォンの機能を活用した具体的な危険防止策が評価された。

 

 「あったらいいな、食に関するこんなサービス」の大賞アイデアは、両角風奈さん(千葉商科大学1年)の「街のお料理教室」が受賞した。

 地域の高齢者から伝統料理を教わる料理教室のアイデア。素朴でも温かみのある伝統的な和食を受け継ぐことや、お年寄りと若者層の交流が生まれることで、相互に楽しみとなり地域活性にもつながるというアイデア。

 受賞理由は、料理教室が高齢者のやりがいとなり、若者には文化の継承が期待されること。さらに地域食材を使用することで地域活性の面も望める点が評価された。

 

千葉商科大学 「サービス創造大賞2017」受賞者決定!!

サがつくブログ 審査結果

2017-12-19

東京藝大、東京造形、武蔵美 美大の卒業制作展

 

美大・芸大生が四年間で学んだ成果を発表する卒業製作展が、2018年1月中旬から開催される。

 

●東京藝術大学

第66回 卒業・修了作品展

2018年1月28日(日)~2月3日(土) 9:30~17:30

東京都美術館 / 大学美術館 / 大学構内

 

●東京造形大学

2017年度 ZOKEI展(卒業制作展)

2018年1月20日(土)~21日(日) 10:00~17:00

東京造形大学キャンパス内

 

●武蔵野美術大学

平成29年度 卒業・修了制作展

2018年1月18日(木)~21日(日)9:00~17:00

鷹の台キャンパス

 

期間中、学生生活の集大成として制作された作品がキャンパスに溢れる。

2017-12-19

学研アカデミー保育士養成コース オープン予定とオープンキャンパス開催のお知らせ

学研ココファングループでは、2018年4月に「学研アカデミー保育士養成コース」の開校を予定しています。 これは、厚生労働大臣指定の保育士養成施設として計画中のもので、東京都大田区蒲田(JR蒲田駅東口から徒歩2分)にオープンする予定です。

 

つきましては、下記の通りオープンキャンパスを開催いたします。

ご予約不要・入退場自由となっておりますので、お気軽にご参加ください。

 

◆オープンキャンパスについて

・日時・・・12月9日(土)/12月16日(土)/1月13日(土)/1月27日(土)

・会場・・・東京都大田区蒲田5-40-16蒲燃第3ビル3F

・時間・・・14:00~ 

・内容・・・学研アカデミー事業案内/ミニ授業/施設見学/個別相談会

 

◆学研アカデミー保育士養成コースについて

保育園を運営する株式会社として日本で初めて開業する、学研アカデミー保育士養成コースには様々な方の「働きたい」想いに応えるための4つの特長があります。 

・卒業と同時に保育士資格が取れる!

・ライフスタイルにあわせた、昼間コースと夜間主コース

・「学研」ならではの現場と密接したカリキュラム

・子育て中・社会人など幅広い年齢層がいるから、安心して通えます

 

詳しくはこちらのリーフレットをご覧ください。

2017-12-17

日本大 2019進学ガイドの表紙・メイン写真はともに1年生の作品が採用に

 日本大学は2019年度進学ガイド「総合大学の理想像をめざす日本大学」の、表紙デザイン及びメイン写真コンペティション表彰式を、2017年12月14日に行った。進学ガイドの表紙デザインとメイン写真には、同大学芸術学部学生によるコンペティションが行われ、最優秀作品が選ばれる。この企画は平成元年度版から実施され今回で31回目を迎えた。

 表紙デザインの部には唐澤優香さん(デザイン学科1年)の作品「宝探し」、メイン写真の部には栗原朗(写真学科1年)の作品「凜」が最優秀賞を受賞した。ともに1年生が受賞するのは今回が初めてという。

 

 唐澤さんの作品「宝探し」は、課題テーマの「自主創造」から連想したキーワード「開拓」からひらめいた夢を探しもとめる「宝の地図」をモチーフとして描いている。世界地図を模した図案だが、実は国のかたちが学部キャンパスの敷地の形になっているという仕掛けが施されている。また日大の歴史の重みを色遣いや紙の質感から感じられるように表現している。制作には夏休みに1ヶ月かけて仕上げたという。

 栗原さんの作品「凜」は、手を掲げて立つ女性を逆光でシルエットにして撮影したもので、人物の周りには無数の雨粒が降り注ぐ。日大生の無限の可能性を表現した作品。この写真は撮影途中に雨が降りはじめたのを逆手に取り、人物の後方からストロボ光を当ててシルエットにするとともに、雨粒も浮かび上がらせるテクニックで撮られている。狙い通りの表現をするために200カット以上撮影した中の一枚だという。

 

 表彰にあたり木村政司芸術学部長は、「進学ガイドの表紙やイメージ写真を任されるという機会は、学生にチャレンジであり、励みになっいる」と31回を迎えるコンペティションの意義を語った。

日本大学進学ガイドは20万部印刷され、進学希望の受験生に配布される。

日本大学

2017-12-16

東京工科大 クリエイターを目指す学生への指南書刊行

 東京工科大学はエンタテインメント業界を目指す若者に向けた書籍『響く言葉』(河出書房新社)を編集製作、12月20日から全国書店で発売する。

 本書は、同大学メディア学部で実施している特別講義「ライブ・エンタテインメント論」で、これまでゲスト講師とて登壇した音楽プロデューサーで同大学客員教授の松任谷正隆氏、元アニプレックス代表の夏目公一朗氏、芸能プロダクションホリプロ代表の堀義貴氏ら15名のインタビューを再編集し収録したもの。

「今、伝えておきたい事」「業界が求める人材」「視野を広げるために何をすべきか?」など、業界を目指す若者へのメッセージが綴られている。

 

【インタビュー内容】

松任谷正隆「音楽プロデューサーを目指すなら」

堀 義貴「「今、必要不可欠なインターナショナルな視点とは?」

夏目公一朗「アニメ業界を希望するなら大手プロダクションを目指そう!」

山本たかお「生放送のこだわり」

野村達矢「MVの制作とマネージャーについて」

吉田雄生「リトグリのプロデュースセオリー」

松尾健司「番組企画の考え十か条」

平山雄一「音楽評論の視点」

美藤宏一郎「若者が起業する時の心構え」

目黒 敦「仕事の巻き込み力と明るさについて」

クレイ勇輝「ピンチをチャンスへ変えた、そのエピソード」

原田公一「アーティストマネージャーについて」

土屋敏男「クリエイターの爆発するエネルギーと執着について」

垂石克哉「今オリコンはどんな人材を必要としているか?」

反畑誠一「国際的視野で思考する6つの事」

 

『響く言葉』

編者:東京工科大学(学校法人片柳学園)

価格:1500円(税別)

 

東京工科大学 書籍『響く言葉』発売