選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

大学の学科事典 ~学びたい分野で探せる~

学科系統目次


[一覧を見る]

2019-01-28 18:02:23

「化学の成果を工業に応用する技術を学ぶ」

応用化学は、化学を基礎とした学問分野で、「モノを作る」「モノの性質を調べる」「モノを工業的に生産する」という3つの分野が柱になっている。応用分野はきわめて幅広く、生命科学やエレクトロニクスにまで及んでいる。特にバイオテクノロジー関連と、新しい機能を持った物質の創出については、期待と注目が集まっている。

最近は、新素材や機能性物質を創り出す技術に着目した学科が増加傾向にある。環境問題とエネルギー問題の解決が迫られているため、化学の役割は重要性を増しており、新しい材料と技術の開発が待たれている。

代表的な学科は応用化学科で、化学の成果を工業技術に応用するための理論と技術を修得させ、化学工業を支える技術者や研究者の養成をめざしている。このほか、化学工業という方法論を用いて新しい化学システムを創造する化学システム工学科、環境調和型のものづくりに挑戦する化学バイオ工学科、グリーンケミストリー(環境への負荷が少ない化学)を土台として新物質を開発する物質化学科、環境に優しい科学技術や機能性物質の開発する環境応用化学科、有機化学と生命工学の融合による新物質・新機能の創造をめざす化学生命工学科などが登場した。いずれも化学を基礎とした新分野の創成をめざした内容だ。

☆印は来年度新設・改組予定、★印は来年度募集停止予定 (2018年9月1日現在)

 

●化学の成果を工業に応用する技術を学びたい

応用化学科 

[国]宇都宮大工、埼玉大工、東京大工、☆東京農工大工、山梨大工、神戸大工、山口大工、★愛媛大工、九州工業大工、 [公]山陽小野田市立山口東京理科大工、[私]東洋大(川越)理工、日本工業大基幹工、千葉工業大工、工学院大先進工、芝浦工業大工、中央大理工、東京工科大工、東京電機大工、早稲田大先進理工、神奈川工科大工、慶應義塾大(矢上)理工、東海大(湘南)工、明治大(生田)理工、金沢工業大バイオ・化、愛知工業大工、中部大工、名城大理工、立命館大(びわこ・くさつ)生命科、大阪工業大工、近畿大理工 ➡環境・エネルギー・情報・バイオなど、あらゆる先端技術に関わる化学物質の知識を修得し、環境調和型の未来社会へ貢献できる技術者としての素養を身につける学科で、東洋大は先端材料化学、バイオ・健康化学、環境化学の3コース、愛知工業大は応用化学、バイオ環境化学の2専攻をおいている。

 

応用化学系 

[国]東京工業大物質工 ➡化学系基礎科目と学生実験を基盤として、応用分子化学・化学システム工学・高分子科学などの専門科目群を体系的に学び、未来の社会に積極的な貢献ができる「化学的基礎力」を身につける。

 

応用化学課程 

[国]京都工芸繊維大工芸科、[公]大阪府立大工 ➡物理化学、有機化学、生体関連化学、高分子化学を主とする応用化学分野の専門科目を履修する。

 

物質化学類 

[国]金沢大理工 ➡学科内に応用化学コースをおいている。

 

物質化学系学類 

[公]大阪府立大工 ➡学類内に応用化学、化学工学、マテリアル工学の3課程をおいている。

 

工業化学科 

[国]京都大工、[私]東京理科大工1部 ➡有機化学、無機化学、物理化学、化学工学の4本を柱に、基礎から応用までの教育を幅広く行っている学科で、京都大は創成化学、工業基礎化学、化学プロセス工学の3コースをおいている。

 

先端化学科 

[私]東京理科大(野田)理工 ➡有機化学、無機化学、物理化学などの基礎化学の学習に重点を置きながら、特に材料化学、化学工学などの専門分野を教授し、新物質や新プロセス、新材料の関発を目指す人材を育成する。

 

工学部第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 

[国]広島大工 ➡類内に応用化学プログラムと化学工学プログラムをおいている。

 

化学・生物化学科 

[国]群馬大理工 ➡物質科学・生物科学に関する基礎から応用までの知識と最先端の技術を修得するための教育を行っている。

 

応用化学生物学科 

[公]千歳科学技術大理工、[私]千歳科学技術大理工 ➡化学・生物学を軸とした理工学の基礎のもと、素材関連や医療分野だけでなく食品・環境・エネルギーなどの幅広い分野に役立つ能力を養う。

 

化学生命理工学科 

[国]高知大理工 ➡化学と生命科学の基礎教育を土台とし、環境・材料・生命等の分野のより高度で専門的な教育へと展開する理工学教育を行う。

 

化学生命系学科 

[国]岡山大工 ➡学科内に材料・プロセス、合成化学の2コースをおいている。

 

化学・生命系学科 

[国]横浜国立大理工 ➡学科内に化学、化学応用の2つの教育プログラムをおいている。

 

生命・応用化学科 

[国]名古屋工業大工1部 ➡生命現象に関連した応用化学を基軸として、喫緊の課題である環境問題やエネルギ−問題を解決するための「化学」を研究・開拓するための基礎知識と技術を学ぶ。

 

材料・応用化学科

[国]熊本大工 ➡学科内に応用生命化学、応用物質化学の2つの教育プログラムをおいている。

 

創造工学教育課程 

[国]名古屋工業大工1部 ➡課程内に生命・物質化学分野をおいている。

 

応用理化学系学科 

[国]室蘭工業大工 ➡学科内に応用化学コースをおいている。

 

共創理工学科

[国]大分大理工 ➡学科内に応用化学コースをおいている。

 

化学工学課程 

[公]大阪府立大工 ➡バイオの力で、新しい「ものづくり」持続可能な社会の構築に向けて、新しい技術の創製を行っています。

 

化学・物質工学科 

[私]関西大化学生命工 ➡学科内に応用化学コースをおいている。

 

化学バイオ工学科 

[国]静岡大工、[公]大阪市立大工 ➡環境調和型の高機能物質の創成や環境化学と化学システムの設計・開発を学ぶ。

 

化学・バイオ工学科 

[国]東北大工、山形大工 ➡東北大は応用化学、化学工学、バイオ工学の3コース、山形大は応用化学・化学工学、バイオ化学工学の2コースをおいている。

 

化学バイオ系学科 

[国]鳥取大工 ➡化学ならびに生命科学を基盤とする幅広い知識の上に原子・分子から高次の生体まで幅広い専門分野の教育と研究を行う。

 

応用化学工学科 

[公]兵庫県立大工 ➡学科内に応用化学、化学工学の2コースをおいている。

 

化学物理工学科 

[国]東京農工大工 ➡学科内に化学工学コースをおいている。

 

化学システム工学科 

[国]東京大工、★東京農工大工、[私]福岡大工 ➡新しい化学システムを創造する科学技術者(ケミカルエンジニア)の育成を目指している学科で、福岡大は化学工学、分子工学の2コースをおいている。

 

化学システム創成工学科 

[私]同志社大理工 ➡化学と化学工学を基盤として、人と環境にやさしい持続可能な社会づくりに向けた新しい化学システムの創成を目指している。

 

ナノサイエンス学科 

[私]崇城大工 ➡化学実験を通して化学の基礎を学び、バイオ、環境、先端材料の分野で役立つナノテクノロジーについてする。

 

化学応用科学科 

[国]大阪大基礎工 ➡物質の新しい在り方を探求するとともに、物質と生命の関係、エネルギー問題・環境問題の解決など広い視野に立った教育・研究を行う学科で、合成化学、化学工学の2コースをおいている。

 

バイオ・応用化学科 

[私]岡山理科大工 ➡学科内に応用化学、バイオテクノロジー、アクアバイオ、コスメティックサイエンスの4コースをおいている。

 

応用バイオ学科 

[私]金沢工業大バイオ・化 ➡生命情報、生命科学及びバイオ工学を基盤とした新しい産業構造を支える人材の育成を目指している。

 

応用バイオ科学科 

[私]神奈川工科大応用バイオ科 ➡学科内に健康・医療バイオ、環境バイオ、食品バイオ、植物バイオなど6コースをおいている。

 

物質・生命化学科 

[国]福井大工 ➡学科内に物質化学、バイオ・応用医工学の各コースをおいている。

 

応用自然科学科 

[国]大阪大工 ➡学科内に応用化学科目をおいている。

 

応用理工系学科 

[国]北海道大工 ➡学科内に応用化学コースをおいている。

 

物質科学科 

[国]秋田大理工 ➡学科内に応用化学コースをおいている。

 

総合工学科 

[国]千葉工、☆三重大工 ➡千葉大は共生応用化学コース、三重大は応用化学コースをおいている。

 

工学科 

[国]新潟大工、富山大工、☆愛媛大工、長崎大工、[私]新潟工科大工 ➡新潟大は化学システム工学プログラム、富山大は応用化学コース、長崎大は化学・物質工学コース、新潟工科大は化学バイオコースをおいている。

 

理工学科 

[国]徳島大理工、☆佐賀大理工、[私]関東学院大理工 ➡徳島大は応用化学システムコース、佐賀大と関東学院大は応用化学コースをおいている。

 

基盤工学科 

[国]宇都宮大工 ➡学科内に物質環境化学コースをおいている。

 

物質科学工学科 

[国]九州大工 ➡学科内に応用化学、化学プロセス・生命工学の2コースをおいている。

 

生命環境化学科 

[私]埼玉工業大工、福岡工業大工 ➡埼玉工業大は応用化学専攻、福岡工業大は生命環境化学基盤、生命環境化学アドバンスの2コースをおいている。

●新素材や機能性物質を創り出す技術を学びたい 

物質工学科 

[国]名古屋工業大工2部 ➡化学をベースとし、物質の構造とその物性の相関を分子レベルで理解した上で、生体やエネルギー・環境との調和に関する物質科学の基礎知識を学ぶ。

 

ナノ物質工学科 

[私]徳島文理大(香川)理工 ➡学科内に生命科学、材料科学の2コースをおいている。

 

物質化学科 

[国]信州大工、島根大総合理工、[私]龍谷大(瀬田)理工 ➡環境にやさしい化学を志向した応用化学を学び、新物質の開発ができる技術者や化学者を養成する学科で、島根大は機能材料化学コースをおいている。

 

物質応用化学科 

[私]日本大理工 ➡化学を基礎として物質の性質や化学反応を学び、環境や生命に調和した新物質の創造と実用化への応用を見出す教育を行う。

 

物質創成化学科 

[国]弘前大理工 ➡有機化学、無機化学、分析化学及び物理化学の学習に重点をおいている。

 

物質科学工学科 

[国]茨城大工、九州大工 ➡新物質・新工業材料の開発に取り組む学科で、九州大は材料科学工学コースをおいている。

 

総合工学科 

[国]千葉工 ➡学科内に物質科学コースをおいている。

 

物質・生命化学科 

[国]福井大工 ➡学科内に物質化学コースをおいている。

 

環境物質工学科 

[国]岡山大環境理工 ➡物質やエネルギーの変化について理解を深め、環境に負荷の少ない機能性材料や化学プロセスの開発に取り組んでいる。

 

機能分子・生命化学科 

[私]同志社大理工 ➡機能分子の化学と生命化学を2つの柱として、基礎化学の学習だけでなく思考力・応用力を養う実験を重視した教育プログラムを展開している。

 

機能分子化学科 

[私]甲南大理工 ➡現代社会が抱える環境、資源、エネルギーに関する化学の諸問題に対して機能分子化学の立場からチャレンジしている。

 

機能物質化学科 

[国]佐賀大理工 ➡学科内に物質化学、機能材料化学の2コースをおいている。

 

化学・材料学科 

[国]信州大繊維 ➡新しい有機・無機素材、ナノテクノロジーによる新素材、炭素繊維を利用した軽くて丈夫な複合材料、排ガス浄化触媒、電池、高分子、液晶、半導体、人工臓器などの先端的研究が行われている。

 

工学科 

[私]☆東京工芸大(厚木)工 ➡学科内に化学・材料コースをおいている。

 

化学・生命工学科 

[国]岐阜大工 ➡学科内に物質化学コースをおいている。

 

高分子・有機材料工学科 

[国]山形大工 ➡学科内に合成化学、光・電子材料、物性工学の3コースをおいている。

 

応用理工学類 

[国]筑波大理工 ➡物質・材料・計測原理を捉え、役立つ機能を持つ電子デバイス、生体機能素子、機能性材料にまで完成させる学問を学ぶ。

 

化学・物質工学科 

[私]関西大化学生命工 ➡学科内にバイオ分子化学コースをおいている。

 

化学バイオ系学科 

[国]鳥取大工 ➡有機化学、無機化学、物理化学、微生物学、生化学、分子生物学などの基礎を幅広く修得できる。

 

基盤工学科 

[国]宇都宮大工 ➡学科内に物質環境化学コースをおいている。

 

環境理工学群 

[公]高知工科大環境理工 ➡学群内に化学専攻をおいている。

●環境問題を化学的アプローチから学びたい

環境化学科 

[私]工学院大先進工 ➡化学系の基礎科目や実験・実習を通して、環境の実態を捉え、改善する方法を学ぶ。

 

物質化学科 

[国]島根大総合理工 ➡学科内に環境化学コースをおいている。

 

エネルギー・環境工学科 

[私]関西大環境都市工 ➡学科内に環境化学コースをおいている。

 

エネルギー循環化学科 

[公]北九州市立大国際環境工 ➡環境・エネルギー問題を解決するため、化学を基礎とする環境技術で、自然と共生する資源・エネルギー・物質の循環型システムを開発する。

 

環境化学プロセス工学科 

[国]鹿児島大工 ➡環境との調和を第一に考え、かつ化学の知識をもった、プロセスのデザインや材料の創製ができるエンジニア(技術者)や研究者を育成する。

 

環境応用化学科 

[公]首都大東京都市環境、[私]法政大生命科 ➡基礎化学を中心としながらも、工学としての化学に軸足を置く応用化学、材料化学に関する教育と研究を行っている学科で、法政大は物質創製化学、グリーンケミストリー、環境化学工学の3コースをおいている。

 

環境・応用化学科 

[私]関西学院大理工 ➡化学の基礎をしっかり学び、化学をどのように社会に役立てるかに重点を置いた教育・研究を推進している。

 

生物環境化学科 

[私]近畿大(福岡)産業理工 ➡学科内にバイサイエンス、食品生物資源、エネルギー・環境の3コースをおいている。

 

生命環境科学科 

[私]八戸工業大工 ➡学科内に生命食品、環境化学の2コースをおいている。

 

生命環境化学科 

[私]埼玉工業大工、★東京工芸大(厚木)工、福岡工業大工 ➡化学を学び、生命と環境の未来に活かす方法を教育・研究する。

 

応用化学科 

[私]愛知工業大工 ➡学科内にバイオ環境化学コースをおいている。

●生命現象を化学的に解明する技術を学びたい 

応用分子化学科 

[国]東京農工大工、[私]日本大(津田沼)生産工 ➡化学のあらゆる分野で研究開発を進めるために必要となる独創性と応用力を養成する学科で、日本大は物質デザイン、生命化学、国際化学技術者の3コースをおいている。

 

化学生命工学科 

[国]東京大工、名古屋大工、鹿児島大工、[私]近畿大(広島)工 ➡有機化学から生命工学までの"分子"を共通のキーワードとする幅広いスペクトルの研究・教育を行っている学科で、鹿児島大は物質環境化学、生体科学の2コースをおいている。

 

III類(理工系) 

[国]電気通信大情報理工 ➡類内に化学生命工学プログラムをおいている。

 

化学・生命工学科 

[国]岐阜大工 ➡学科内に生命化学コースをおいている。

 

応用化学・生命工学課程 

[国]☆豊橋技術科学大工 ➡学科内に未来環境工学、生命・物質工学コースをおいている。

 

化学生命系学科 

[国]岡山大工 ➡学科内に生命工学コースをおいている。

 

物質生命化学科 

[私]神奈川大工 ➡生命現象から新たな物質の開発まで、人々の生活に深くかかわる化学を学ぶ。