選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

大学の学科事典 ~学びたい分野で探せる~

学科系統目次


[一覧を見る]

2019-01-28 18:13:57

「地域の密着し “育て増やす” 漁業を研究」

海に囲まれたわが国において、重要な食糧として親しまれてきた水産物を、「捕まえ」「加工し」「育て増やす」ことに関する知識や技術を教育・研究する。限られた資源を「獲る」ことだけでなく、「育て増やす」ことに重点をおく傾向にある。海洋生物の生態や機能に関する調査や研究、バイオテクノロジーも利用した生物資源の効率的な利用といった分野が注目されている。学科としては、水産学科、海洋生物学科、海洋生物資源学科、食品生産科学科などがある。

☆印は来年度新設・改組予定、★印は来年度募集停止予定 (2018年9月1日現在)

 

●水産物の捕獲・養殖・加工について学びたい 

水産学科 

[国]長崎大水産、鹿児島大水産、[私]東海大(清水)海洋、近畿大(奈良)農 ➡海洋、海洋環境、海洋生物などを対象とした学科で、長崎大は海洋生産管理学、海洋生物科学、海洋応用生物化学、海洋環境科学の4コース、東海大は生物生産学、食品科学の2専攻をおいている。

 

海洋水産学科 

[私]東京農業大(オホーツク)生物産業 ➡海洋産業や食料・環境問題とともに、人の生活に密着した水産物の生産・加工・流通の知識を学ぶ。

 

増殖生命科学科 

[国]北海道大水産 ➡海洋生物の生命科学を教育・研究し、新時代の水産増養殖やマリンバイオテクノロジーの分野で活躍する人事あを育成する。

 

海洋資源科学科 

[国]北海道大水産、高知大農林海洋科 ➡生物、物理、社会科学を基礎とし、海洋生物資源の総合的・持続的利用を目指し、生物資源と海洋環境の調査・計測、情報解析ならびに生産システムの構築に関する総合的教育と研究を行う。

 

海洋資源エネルギー学科 

[国]東京海洋大海洋資源環境 ➡環境保全を前提とした海洋・海底(エネルギー資源を含む)の探査・利用・開発方法について、基礎科学および海洋工学などの視点から総合的に学ぶ。

 

海洋生物学科 

[私]東海大(清水)海洋 ➡水圏生物科学と水圏保全科学という二つの科目群を柱に、海に生息する生物の行動や生態、生物資源の保全などを実践的に学ぶ。

 

海洋生物科学科 

[国]北海道大水産、[私]東海大(札幌)生物、福山大生命工 ➡海洋生態系を構成するプランクトン、ベントス、魚類、頭足類、鳥類、哺乳類等の多種多様な生物の形態、分類、生態、行動、生活史、進化ならびにその生産を支える海洋環境等に関する基礎的事項を体系的に学ぶ。

 

海洋生物環境学科 

[国]宮崎大農 ➡水圏環境について深く学び、生物の多様性と利活用を理解・修得する。

 

海洋生物資源学科 

[国]東京海洋大海洋生命科、三重生物資源、[公]福井県立大海洋生物資源 ➡海・河川・湖などの生物を単に知るだけでなく、その育て方、増やし方、獲り方、管理の仕方、さらには食品としての安全性をも視野に入れた水生生物の基礎と応用について総合的に理解し、科学する。

 

海洋生物資源科学科 

[私]日本大(藤沢)生物資源科 ➡海洋生物資源の持続的かつ有効な維持管理を図るとともに効率的な生産及び利用に関連する生命科学、資源生産学並びに環境科学分野の知識を広く修める教育に重点をおいている。

 

海洋生命科学科 

[私]北里大(相模原)海洋生命科 ➡環境生物学、増殖生物学、応用生物化学の3講座からなり、水圏生物の利用に関わる幅広い分野で活躍できる人材を育成している。

 

資源機能化学科 

[国]北海道大水産 ➡多様な海洋生物の持つ生命機能と特性を解明して食糧資源・生物化学資源として高度に利用するとともに、安全・安心に利用する観点から、化学、生物学、生化学、食品学、工学にまたがる学際的教育を行う。

 

海洋環境科学科 

[国]東京海洋大海洋資源環境 ➡海洋および海洋生物に関わる基礎科学(物理系、化学系、生物系、地学系)を総合的に学び、海洋環境・海洋生物の調査・解析・保全・利用のための科学と技術へ発展させることを目指している。

 

海洋政策文化学科 

[国]東京海洋大海洋生命科 ➡海洋政策・海洋文化に関わる専門知識を学び、さらに実習・調査、討論、発表を通して実践力を磨く。

 

生物生産学科 

[国]広島大生物生産 ➡学科内に水産生物科学コースをおいている。

 

生物資源環境学科 

[国]九州大農 ➡学科内に動物生産科学コース(水産科学)をおいている。