選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

大学の学科事典 ~学びたい分野で探せる~

学科系統目次


[一覧を見る]

2019-01-28 18:15:27

生物生産学を共通の基盤に農学を研究」

農学部で学ぶ分野には、大別して生物学系、化学系、工学系、経済学系がある。どの分野にウエートをおくかで学科が分かれるが、最近は学際領域にも対応するため分野の壁を取り払い、自然環境との調和を保ちながら生物生産効率を高める研究を行う学科が主流となってきた。生物生産学科、生物生産科学科、生物資源学科などが誕生している。

また、栄養学、医学、経済学、商学などとも連携を保ちながら、農産物の加工、流通、消費を扱う学科も多数誕生している。

☆印は来年度新設・改組予定、★印は来年度募集停止予定 (2018年9月1日現在)

 

●生物資源の生産・利用について学びたい

生物生産学科 

[国]東京農工大農、広島大生物生産、[私]高崎健康福祉大農 ➡人類共有の農業を総合的に学ぶことのできる学科で、広島大は生物圏環境学、水産生物科学、動物生産科学、食品科学、分子細胞機能学の5コースをおいている。

 

生物生産科学科 

[国]東北大農、[公]秋田県立大生物資源科 ➡動物・植物・微生物といった幅広い生物全般を対象に、それらの生命現象を、バイオテクノロジーを活用して微生物、組織、細胞、遺伝子、分子レベルで解明する学科で、東北大は植物生命科学、資源環境経済学、応用動物科学、海洋生物科学の4コースをおいている。

 

生産科学科 

[公]石川県立大生物資源環境 ➡生物資源の特性を集団や個体から細胞・分子・遺伝子レベルまで幅広く解明し、バイオテクノロジーなどの先端科学技術を活用して、生産技術の開発を目指すための教育・研究を行っている。

 

食料生産学科 

[国]愛媛大農 ➡農学分野が担うべき「生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給」を実現するため,圃場,栽培施設,植物工場などにおける植物生産と,収穫物の流通,貯蔵,加工,販売のプロセスに関する教育・研究を行う。

 

農学生命科学科 

[国]信州大農 ➡学科内に植物資源科学コースをおいている。

 

食料生命環境学科 

[国]山形大農 ➡学科内に安全農産物生産学コースをおいている。

 

地域食物科学科 

[国]山梨大生命環境 ➡果樹や野菜等の農作物の栽培、食品加工の科学的理解、有用成分の分析・栄養的価値などの食物科学や農学に関する専門知識・技術の全体像を学ぶ。

 

生物資源学科 

[公]福井県立大生物資源、[私]名城大農➡作物の栽培技術や生産理論を研究する生物生産、遺伝子解析、遺伝子操作などを通じて、品種の改良に取り組む遺伝・育種、植物の病害虫防除の仕組みや技術を学ぶ作物保護、農家の健全な経営や農産物の流通を考える農業経済・経営の4分野を探求する。

 

生物資源学類 

[国]筑波大生命環境 ➡人類の生存,安全で豊かな生活の基本である生物資源に関する総合的学習を行う学類で、農林生物学、応用生命化学、環境工学、社会経済学の4コースをおいている。

 

生物資源産業学科 

[国]徳島大生物資源産業 ➡1次産業、食料、生命科学に関する幅広い知識と、生物資源の製品化、産業化に応用できる知識と技術を有し、国際的視野に立って、生物資源を活用した新たな産業を創出できる人材を育成する。

 

生物資源開発学科 

[私]東京農業大(厚木)農 ➡植物、動物、昆虫から生薬まで生命の不思議を幅広く探究する。

 

農学科 

[国]新潟大農 ➡学科内に生物資源科学主専攻プログラムをおいている。

 

亜熱帯生物資源科学科 

[国]琉球大農 ➡学科内に生物機能開発学コースをおいている。

 

資源生物科学科 

[国]名古屋大農、京都大農、[私]龍谷大(瀬田)農 ➡革新的な食料生産と遺伝資源の開発・保存を可能とする最新のライフサイエンスを学び、食料生産や地球環境の保全などにまつわるグローバルな問題の解決を目指している。

 

生物資源管理学科 

[公]滋賀県立大環境科 ➡生物資源の管理と活用に関する基本的な知識と技術を学ぶ学科で、生物機能利用、環境農学の2コースをおいている。

 

生物資源環境学科 

[国]九州大農 ➡学科内に生物資源生産科学コースをおいている。

 

生物資源環境科学科 

[国]山口大農 ➡人類の生存を支える食料を効率的かつ安全に生産し,生態環境の保全に配慮しながら農業を実践できる理論と技術を有する人材の育成をめざしている。

 

資源循環学科 

[国]三重大生物資源 ➡学科内に農林生物学教育コースをおいている。

 

植物生産環境科学科 

[国]宮崎大農 ➡植物の安定的・持続的な生産と、安心・安全な農業生産物の供給を行うための教育・研究を行う。

 

環境資源学科 

[公]熊本県立大環境共生 ➡地域の生態系メカニズムの解明や、人間活動が生態系に及ぼす影響の解析を通した自然環境と人間活動との共生のための基礎的理論について教育・研究を行っている。

 

環境資源科学科 

[国]東京農工大農 ➡自然科学の立場から,環境や資源の問題を分析し解決してゆくことを目指している。

 

環境資源科学課程 

[国]東京大農 ➡自然環境、生物環境、生活環境の保全と創造にかかわる科学と技術を修得する課程で、緑地環境学、森林環境資源科学、木質構造科学、生物・環境工学、農業・資源経済学、フィールド科学の6専修がある。

 

先端生命科学科 

[私]京都産業大生命科 ➡学科内に食料資源学コースをおいている。

 

産業生命科学科 

[私]京都産業大生命科 ➡学科内に食と農コースをおいている。

●生物機能の解明や生命科学について学びたい

応用生命科学科 

[国]北海道大農、静岡大農、名古屋大農、京都大農 ➡微生物、植物、動物細胞などを対象として、遺伝子、タンパク質、生理活性物質など生命を支える分子の構造、機能について研究する。

 

応用生命科学課程 

[国]東京大農、岐阜大応用生物科 ➡人の営みと関わりの深い植物、動物、微生物を中心とした生命現象を、分子・細胞レベルから、個体・群集レベルにわたるまで幅広く理解する学科で、東京大は生命化学・工学、応用生物学、森林生物科学、水圏生物科学、動物生命システム科学、生物素材化学の6専修をおいている。

 

応用生命科学類 

[公]大阪府立大生命環境科 ➡あらゆる生命体を対象に多様な生命現象の解明とその応用に関する教育・研究を行う学科で、生命機能化学、植物バイオサイエンスの2課程をおいている。

 

農学生命科学科 

[国]信州大農、[公]京都府立大生命環境 ➡ゲノムから生産までをカバーする総合的な農学の教育・研究を行う学科で、信州大は生命機能科学コースをおいている。

 

生命科学科 

[国]島根大生物資源科、[私]明治大(生田)農 ➡動植物や微生物の生命活動を分子レベルや遺伝子レベルから理解することを基盤として、これらを人類が直面している環境や食料問題などの解決に活用することを目指している学科で、島根大は生命機能化学コースをおいている。

 

生物圏生命化学科 

[国]三重大生物資源 ➡多様な生物の代謝・物質・機能を解析することを目指した学科で、生命機能化学、海洋生命分子化学の2教育コースをおいている。

 

生命化学科 

[私]日本大(藤沢)生物資源科 ➡化学の知識と最新のバイオテクノロジーを駆使して、あらゆる生命体やその生命活動に関与する物質の機能を分子、細胞、個体レベルで研究している。

 

応用生命化学科 

[国]宇都宮大農、千葉大園芸、[私]近畿大(奈良)農 ➡微生物、植物、動物を用いた生物資源の有効活用を目的に、生物の機能、細胞構成物質、代謝生産物等の性質について総合的に学ぶ。

 

生命機能学科 

[国]愛媛大農 ➡有機化合物,タンパク質,核酸,酵素などの分子から,微生物,動・植物細胞,さらには個体に至る様々な レベルにおける生命現象を解明する。

 

生命機能化学課程 

[公]大阪府立大生命環境科 ➡食品産業や健康産業の発展、食品安全行政など「食の安全」に貢献できる専門技術を磨くことができる。

 

生命産業創造学科 

[私]新潟薬科大応用生命科 ➡食品・農業・環境分野における課題発見と解決ができる人材を養成する。

 

植物バイオサイエンス課程 

[公]大阪府立大生命環境科 ➡食料の生産から加工、流通、消費に至る国内・国外の経路における複雑なフード・システムの現状やリスク分析を行う。

 

生物資源環境学科 

[国]九州大農 ➡学科内に応用生物科学コースをおいている。

 

バイオサイエンス学科 

[私]★近畿大(奈良)農、東海大(熊本阿蘇)農 ➡最先端の生命科学研究と実践的研究を融合させ、医療、創薬、食糧、エネルギーなど人類が直面する問題の解決に向けた研究を展開している。

 

生物機能科学科 

[国]山口大農、[私]☆近畿大(奈良)農 ➡微生物・植物・動物のもつ優れた未知機能を引き出し,詳しいしくみを解明し,食品・食糧生産や医療,環境修復などに利用する研究を行っている。

 

生命機能科学科 

[国]神戸大農、★佐賀大農 ➡生命現象を生物学と化学の両面から解析を行う学科で、神戸大は応用生命化学、環境生物学の2コースをおいている。

 

生物資源科学科 

[国]佐賀大農 ➡学科内に生命機能科学コースをおいている。

 

生物資源産業学科 

[国]徳島大生物資源産業 ➡学科内に応用生命、食料科学、生物生産システムの3コースをおいている。

 

食料生命環境学科 

[国]山形大農 ➡学科内に食品・応用生命科学コースをおいている。

 

食生命科学科 

[国]茨城大農 ➡学科内にバイオサイエンスコースをおいている。

 

農学科 

[国] 新潟大農 ➡学科内に応用生命科学プログラムをおいている。

●農学の視点から環境について学びたい

共生環境学科 

[国]三重大生物資源 ➡学科内に地球環境システム学、地域環境デザイン学の2コースをおいている。

 

生産環境科学課程 

[国]岐阜大応用生物科 ➡学科内に環境生態科学コースをおいている。

 

農林環境科学科 

[国]鹿児島大農 ➡学科内に地域環境システム学コースをおいている。

 

亜熱帯農林環境科学科 

[国]琉球大農 ➡学科内に生態環境科学コースをおいている。

 

生物環境学科 

[国]愛媛大農 ➡山から海に至る広範囲の現場で実際 に生じている環境問題と,それらへの対応の実状を理解する学科で、森林資源学、地域環境工学、環境保全学、水環境再生科学の4コースをおいている。

 

生物環境科学科 

[国]名古屋大農、★佐賀大農、[公]秋田県立大生物資源科、[私]北里大(十和田)獣医、名城大農 ➡最新のフィールドサイエンスやバイオマス科学などを学び、森林をはじめとする生物圏環境と人との共生を目指している。

 

生物学科 

[国]弘前大農学生命科 ➡学科内に生態環境コースをおいている。

 

環境農学科 

[私]玉川大農 ➡生態系を構成する生物・環境に重きをおき、国際的な視点に立って農業や環境問題に取り組むための知識と技術を修得する。

 

農学生命科学科 

[国]信州大農 ➡学科内に森林・環境共生学コースをおいている。

 

環境管理学科 

[私]近畿大(奈良)農 ➡陸域の絶滅危惧種の保全や多様な水生生物の調査、食品工場の環境衛生管理、環境の修復、緑化、途上国における環境保全と利用などといった研究を行う。

 

地域環境工学科 

[国]弘前大農学生命科、京都大農 ➡地球環境と調和のとれた人類の持続的発展に寄与する人材を養成する学科で、弘前大は農山村環境コースをおいている。

 

環境共生科学科 

[国]島根大生物資源科 ➡環境調和型社会の構築を目指す学科で、環境生物学、生態環境学、環境動態学、地域工学の4教育コースをおいている。

 

環境共生学類 

[私]酪農学園大農食環境 ➡環境をめぐる諸問題を客観的に解析する知識や技術を修得する学類で、野生動物学、生命環境学の2コースをおいている。

 

環境科学科 

[公]石川県立大生物資源環境 ➡人と自然が共生できる環境づくりのための教育研究を行っている。

 

総合農業科学科 

[国]岡山大農 ➡学科内に環境生態学コースをおいている。

 

農学科 

[国]新潟大農 ➡学科内に流域環境学プログラムをおいている。

●特定領域や学際領域に関する分野を学びたい

地域生態システム学科 

[国]東京農工大農 ➡自然と人間社会とが共存できる地域環境空間を構想し、設計できる人材を育成する。

 

地域創生科学科 

[私]東京農業大地域環境科 ➡里山などの地域の伝統的な文化や知恵に最新の技術を融合させ、持続可能な土地利用の構築、地域づくりの実現に貢献する人材を育成する。

 

国際バイオビジネス学科 

[私]東京農業大国際食料情報 ➡国際的な感覚を有し、食料の生産、加工、流通等にかかわる経営管理やマーケティング、情報処理などの知識を身につけた人材の養成を目指している。

 

国際地域開発学科 

[私]日本大(藤沢)生物資源科 ➡開発途上国の第一次産業を中心とした経済・社会開発、農業技術協力を含む農村開発、環境保全などの分野での人材の養成を目指している。

 

国際農業開発学科 

[私]東京農業大国際食料情報 ➡社会科学を通じて地域の特性や異文化への理解を深め、自然科学を通じて農業生産技術の向上をはかりながら、国際開発協力をとおして途上国に貢献できる道を探る。

 

国際食農科学科 

[私]東京農業大国際食料情報 ➡食と農について技術・社会・文化の視点から理解し、地域・人・文化・資源をマネジメントしながら、食農教育を通じて広く国内外に発信していくことができる担い手の育成をめざしている。

 

生物資源科学科

[国]佐賀大農 ➡学科内に国際・地域マネジメントコースをおいている。

 

デザイン農学科 

[私]東京農業大(厚木)農 ➡暮らしに身近な「農」である生き物や食に潜む機能性をヒントにこれらの問題解決に挑み、持続的で快適な社会をデザインする。

 

くらしの生物学科 

[私]日本大(藤沢)生物資源科 ➡生物学に関する幅広い専門知識や技術を習得させるとともに、地域との協働をはじめとした実践的な教育を行う。

 

国際学科 

[私]拓殖大国際 ➡学科内に農業総合コースをおいている。