選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

津田塾大学

高い専門性と幅広い教養を備え、世界で活躍する女性を育成 

【沿革と理念】

 
 津田塾大学は、日本人初の女子留学生の一人である津田梅子によって創設された大学です。津田梅子は、1871年に6歳で渡米し、アメリカでの11年間の生活を経て帰国しますが、アメリカの教育と文化に触れたことから、日本の女性の地位向上のために女子高等教育機関の必要性を痛感します。そして再度の留学を経て、1900年に津田塾大学の前身である「女子英学塾」を創立しました。
 学生の個性を尊重した少人数による教育を行うこと、外国語の能力に加えて高い専門性と幅広い教養を習得し、社会に貢献できる自立した女性を育成するという理念は、117年を経た今も連綿と受け継がれています。


【学びの内容】 広い視野と高度な専門性を養う 特色ある2学部6学科

 
 学芸学部の英語英文学科〈*1〉、国際関係学科、多文化・国際協力学科(仮称・設置構想中)〈*2〉、数学科、情報科学科、総合政策学部の総合政策学科の2学部6学科体制。「少人数による教育」「選択の幅が広い柔軟なカリキュラム」「聞く、話す、読む、書く、という4つの技能をバランスよく学ぶ独自の英語教育」が特長です。

■少人数教育 学生の個性を重んじ、少人数教育を徹底するという創立以来の理念は現在でも受け継がれ、1年次から1クラスあたり12〜14人程度のセミナーを開講するなど、少人数教育の中で確かな基礎力と高度な専門性を養います。
■柔軟なカリキュラム 津田塾大学では、所属学部や学科、コースの枠にとらわれず、興味にあわせて科目を履修できる柔軟なカリキュラムを編成しています。
■4技能をバランスよく学ぶ英語教育 学芸学部では、「聞く、話す、読む、書く」の4技能のバランスを重視し、各学科の専門分野との融合を図った内容の教材を使用しています。1・2年次で4技能を集中的に身につけ、3・4年次ではそれを統合して使う力を磨きます。総合政策学部では、他者との合意形成や共通のルールをつくり出すことを目標に、交渉力や提案力、調整力などを重視。課題解決につなげられる実践的な英語必修科目を3年次まで配置しています。

学芸学部
●英語英文学科〈*1〉
コース〔イギリス文学・文化/アメリカ文学・文化/英語学/英語教育/異文化コミュニケーション/Japan Studies in English〕
2年次から学科に属する6つのコースに関連する授業が始まり、3年次にコース選択を行います。特設プログラムとして、「翻訳・通訳」「Teachers of Excellence」があります。

●国際関係学科
コース〔グローバル・国際関係/地域・文化/国際日本〕
学科に属する3つのコースの基礎となる科目を1年次から学習し、3年次にコース選択を行って専門分野の学びを深めていきます。

●多文化・国際協力学科(仮称・設置構想中)〈*2〉
コース〔多文化共生/国際協力/国際ウェルネス〕
2年次に3つのコースからひとつを選択し、3〜4年次にかけて全員が現場での調査(フィールドワーク)を実施します。

●数学科
〔代数学系/幾何学系/解析学系/応用数学系/境界領域〕
1年次で代数学・幾何学・解析学などの基本科目を学習し、2 年次からは各領域に分かれてさらに高度な学びを追究していきます。

●情報科学科
〔システム/ネットワーク/メディア/コミュニケーション/数理モデル〕
各自の興味や研究テーマに応じて、5つの分野に広がる多彩な科目群を履修。学生がシステムを企画・制作する「プロジェクト」など実践的な科目も配置しています。

総合政策学部
●総合政策学科
コース〔パブリック・ポリシー/エコノミック・ポリシー/ソーシャル・アーキテクチャ/ヒューマン・ディベロップメント〕
英語、ソーシャル・サイエンス、データ・サイエンスの3つの基礎科目群のうえに、4つの課題領域を「コース」として設定しています。1・2年次で基礎科目を身につけたうえで3年次に、より専門性の高い4つの課題領域のひとつに進み、課題解決のための学びを深めていきます。

〈*1〉2019年4月英文学科より名称変更予定 /〈 *2〉2019年4月開設予定


特色1 《学生の多様な学びを支援》 

キャンパスを越えた学びの環境を整備
「学外学修センター」

 学外学修とは、海外サマースクールやインターンシップなど、さまざまな活動を必修科目がない第2ターム(6月中旬から7月末)と夏期休暇期間を使って自主的に学修することです。学外学修センターでは、専門知識を備えたスタッフが、各種プログラムの情報提供や事前・事後学習、安全管理の指導など、学外での学びを包括的にサポートしています。


特色2 《伝統ある教養教育》 さまざまな学びで 国際的な視野を養います

 
 津田塾大学では各学科での学びはもちろん、そのほかにもさまざまな学びの場を提供することで広い視野を養います。

■共通科目 幅広い教養を身につけることを目的とし、全学科の学生が人文科学・社会科学・自然科学の3分野から、興味のある科目を履修できる基本科目群です。専門教育に通じる知識や、専門外の学識を得る場ともなります。
■第2外国語 英語以外の外国語を学ぶことで多様な異文化への理解が深まり、世界に向けた視野が広がります。第2外国語は、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国・朝鮮語から選択できます。第3外国語にチャレンジする学生もいます。
■単位互換制度 他大学や学外の教育・研究機関との活発な交流を促すために単位互換制度を設けており、学外で履修した科目の一部は卒業単位として認定されます。



新たな留学生 を迎えて行われ る「ウェルカム パーティ」。

特色3 《国際交流》 留学・語学研修・海外ボランティア を積極的にサポート

 
 津田塾大学には創立以来、学びや活動の機会を海外へ求める学生が多くいます。この伝統を受け継ぎ、グローバルに活躍する人材を育てるため国際センターを設置し、協定校留学をはじめ語学研修や海外でのインターンシップ、ボランティアなどさまざまな活動を積極的にサポートしています。

■協定校留学 12の国・地域の28大学と学生交流に関する協定を結び、毎年本学の学生を派遣し、協定校からも留学生を受け入れています。
■各種サポート 留学説明会、国際ボランティア説明会、留学支援のためのTOEFL®対策、IELTSTM対策、TSUDA留学フェアなど年間を通じて開催しています。
■奨学金制度 1年以上留学する学生のための給付型奨学金「海外留学奨学金」、海外でのボランティアやフィールドワーク、インターンシップ等へ参加する学生のための「海外活動奨励金」などを設けています。


[トピックス]フィールドワーク重視の新学科誕生! 「多文化・国際協力学科」 (仮称・設置構想中)〈 *2〉

 現代社会は、さまざまな課題を抱えており、その解決のために開かれた思考と行動力が必要とされています。そうした要請に応えるため、国内外の問題を的確に把握し、よりよい世界のありようを考え、主体的に深く学ぶ行動力のある女性の育成を目的として、学芸学部に「多文化・国際協力学科」(仮称)を設置します。
 2 年次から「多文化共生」「国際協力」「国際ウェルネス」の3 つのコースのいずれかを選択し学んでいきます。実際に現地に赴き、そこで得た経験をもとに、考え、学び続ける姿勢を重視し、3~4年次にかけて全員がフィールドワークを実施。計画立案から実施にいたるすべてのプロセスを学生自身が主体的に行うのが特長です。フィールドワークは国内外の多種多様な現場で展開されます。
 フィールドワークやセミナー活動を通して培われた実践的な語学力とコミュニケーション能力、高度な専門知識と分析力を駆使しながら、よりよい「共生型」社会に向けて新しいアプローチを提案できる人材を育成します。