選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

日本女子大学

創立120周年へ 国際人として活躍する女性を育成

【沿革と理念】

 
 日本女子大学は、米国で女子教育の見聞を広めてきた成瀬仁蔵により、「女子を人として、婦人(女性)として、国民として教育する」という建学の精神のもと、1901(明治34)年、日本で最初の組織的な女子高等教育機関として創立しました。その志は110余年の時を越え、目白キャンパスに家政学部・文学部・理学部、西生田キャンパスに人間社会学部の4学部15学科を擁する女子総合大学として発展。建学の精神と、三綱領「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」を現在に生かし、国際人としてグローバル社会で活躍する女性の育成を目指しています。
 2021年、日本女子大学は創立120周年を迎えます。創立の地・目白キャンパスに4学部15学科と大学院を統合し、学科や学部の枠を超えた自由で豊かな学びを提供します。アクティブ・ラーニングを体現できる新しいキャンパス整備が進みつつあり、まず2019年度に学びの中心となる新図書館が開館します。


【学びの内容】 国際的視野を養う 外国語教育

 
 外国語の履修は、大学における専門教育の基礎として、また国際社会における現代人の教養として、必要不可欠です。本学では、下のアドミッションポリシーにしたがい、全学部・学科においてその充実を図っています。基礎科目の「英語」では、「表現力やコミュニケーション」「英文を読み解く力」を養成する科目をはじめ、ネイティブ・スピーカーによる「聞く」「話す」技能を訓練する科目、さらに各資格取得などの対策を講ずる科目を開講。また全学生対象に、自分の英語力に応じた学習ができるe-ラーニング教材を自習用として導入しています。
 英語に加えて、「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」「イタリア語」を履修することが可能です。複数の言語を学ぶことで、真の国際感覚と多面的な思考力を養い、専門分野において世界に幅広く発言する力を身につけることができます。

<設置学部・学科と学部選びの目安となるアドミッションポリシー>
■家政学部
児童学科/食物学科〈食物学専攻・管理栄養士専攻〉/住居学科〈居住環境デザイン専攻・建築デザイン専攻〉/被服学科/家政経済学科
・生活を科学的に考えてみたい人
・日常の生活に関わる問題に興味のある人
・生活の質を高め、生活をより豊かにする方法について考えてみたい人

■文学部
日本文学科/英文学科/史学科
・人間とは何であるかを言語・文学・文化・歴史をとおして学びたいと思う人
・文学や文化的・歴史的遺産をとおして自分の生き方を考え、自己実現を達成しようと思う人
・テーマに沿って資料を調べ、考えをまとめ、自分の言葉で発表する技能を身につけたい人

■人間社会学部
現代社会学科/社会福祉学科/教育学科/心理学科/文化学科
・自分の身のまわりのことから世界で起こっていることまで、社会のさまざまなことがらをいろいろな角度から考え、国際的な視野を身につけたい人
・人間が社会とどう関わっているのか、その社会とはどんなものなのか、という疑問をもっている人
・テーマに沿って資料を調べ、さらに実地調査や実験を行い、それらの実証的なデータをもとに考えをまとめ、展開してみたい人

■理学部
数物科学科/物質生物科学科
・理科や数学が好きで、もっと深く体系的に学びたいと思っている人
・実験や演習が好きで、論理的な思考能力を高めたいと思っている人
・自然界のさまざまな現象を理論的・科学的に明らかにしたいと思っている人


特色1 《日本女子大学の留学とは》 「専門科目の一部を外国で学ぶこと─ そして、国際的視野を身につけること」

 
 日本女子大学では、在学中に1学年相当まで留学ができる「協定大学留学」「認定大学留学」の2種類の留学制度を設けています。学部留学のため、大学の学習の延長として専門科目の一部を外国で学ぶことや国際的な視野を身につけることが主眼となります。
 どちらも学籍上休学としない「留学」となり、留学中に取得した単位は、本学の授業科目と読み替えられるものについては、30単位まで認定されます。留学学生の経済的負担を軽減するため独自の奨学金制度を設け、より多くの学生が積極的に留学できるように支援しています。留学については、各キャンパスの国際交流課で相談に応じています。

■協定大学留学 ── 世界の名門大学に留学できる
 本学が協定を結ぶ世界の名門大学に、学内選考を経て派遣されます。留学期間は半年または1年間です。
■認定大学留学 ── 志望する大学に留学できる
 志望する海外の大学に、大学の認定及び派遣の承認を得て留学する制度です。語学研修からスタートできます。


特色2 《海外短期研修》 すべての学科の学生が参加可能 多彩な内容が魅力

 
 約1週間〜4週間程度の短期間で海外体験ができるプログラムで、多彩な内容が魅力です。語学学習以外にも、専門領域を学ぶものや異文化体験を目的とした研修もあり、世界のさまざまな国々で実施しています。学科にかかわらず、すべての学生が参加でき(一部研修を除く)、多くの研修は専任教員等が引率するため、海外渡航が初めての学生でも安心して参加できます。

【大学公認海外短期研修 過去の実施例】
*年度により、実施数・内容等が変更されます。
・韓国語学・文化研修(韓国)
・フランス語・フランス文化研修旅行(フランス)
・日本女子大学・学習院大学のアジア短期研修〈グローバル・キャンパス・アジア〉(中国・台湾)
・ドイツ・ミュンヘン夏期語学・文化研修(ドイツ)
・イタリア芸術文化研修(イタリア)
・海外日本語教育実習(台湾)
・ヨーロッパ住宅・建築研修(イタリア、スイス、ドイツ、フランス)
・ヨーロッパ服飾文化研修旅行(フランス、イタリア)
・ヨーロッパ食文化研修(イタリア)
・国際ハウジングワークショップ(台湾)
・北米の社会福祉制度と実践を学ぶ旅(アメリカ)
・異文化相互理解実地研究(ベトナム)
・グローバル・キャリア教育プログラム(カナダ)
・スウェーデン海外研修〈教育・保育と環境〉(スウェーデン)
*その他学科主催の短期研修
・リュブリャナ大学日本語教育実習(スロベニア)


◆ここに注目! 異国の空気と多彩な言語にふれるランゲージ・ラウンジ

 
 扉を開ければそこは異国!? ランゲージ・ラウンジには、英語をベースとして、各外国語の学習を楽しくする仕掛けがいっぱいです。気軽にネイティブスピーカーと会話を楽しめる時間や、発音や作文を直してもらえるイングリッシュ・クリニックの時間が設けられています。日本人スタッフによる履修相談・留学相談・学習相談も受け付けています。そのほか、各種イベントも開催。ここに行けば欲しい情報が手に入る、さながら国際情報基地。それが本学の誇るランゲージ・ラウンジです。


卒業生voice

「たくさんの人々に支えられ 充実した留学生活を経験」
文学部英文学科卒/川島菜緒さん

 オレゴン大学への約1年間の協定大学留学では、私の一番の「本気」が出たと思います。留学生だからと甘えず、現地の優秀な学生と同等の成果を上げることを目標にしていただけに困難も多々ありましたが、ルームメイトや家族、友人、国際交流課の方々の支えがあり、無事に充実した留学を終えることができました。「ちょっと興味があるから行こう、という気持ちでは務まらない。でも、興味がなければ何も始まらない」。そんな留学に踏み出す意志のある方々に、私からエールを送ります。