選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

明治大学

次代を拓き、世界へ発信する大学

【沿革と理念】

 明治大学は、1881(明治14)年、フランス法学を教授する明治法律学校として創立されました。文・理10学部の総合大学となった現在でも、創立時からの伝統によって確立された建学の精神「権利自由、独立自治」に基づき、自由と自治の精神を養うことを明治大学の理念としています。
 グローバル化が急速に進む現代社会においては、広い視野に立って培われる教養と高度な専門性が重要となります。文化・価値観の違いを乗り越えて構築されるコミュニケーション能力、そして価値創造能力などを有し、グローバル社会、知識基盤社会の中で、たくましく生き抜く人材の育成が、まさに求められています。
 明治大学は、135年を超える歴史と、55万人を超える卒業生を抱える都心型総合大学であり、日本の大学の国際化を推進する大学でもあります。時代や社会のニーズに合ったグローバル人材を輩出することこそが、明治大学の使命です。特色あるプログラムを提供し、その先導的な役割を担っていきたいと考えています。
 「グローバル時代の強い個」を育成するには、大学が予めレールを敷くのではなく、自らの意思で、自ら問題を設定し、自ら問題を解決していこうとするプロセスが重要と考えます。明治大学では、段階的な国際的プログラムに加え、資格試験対策や留学相談などの支援体制を整え、皆さんのバックアップに努めます。


【学びの内容】<「知」への好奇心に応え、「個」を強くする10学部>

 「国際関係」には、さまざまな切り口があります。たとえば、法律、ビジネス、経済、政治、社会、文化、コミュニケーション、語学、歴史、地理、農業など、どの分野においても国際社会との関わりをもっています。明治大学では、「次代を拓き、世界へ発信する大学」の実現を掲げ、高等教育のグローバル競争が一段と激化するなかで、国際的に存在感を示すことのできる大学として、国際学術連携を活発化させ、国際社会で活躍できる人材の教育に努めています。
 この取り組みは全学部に浸透しており、法学部の「ビジネスローコース」「国際関係法コース」、商学部の「グローバル・ビジネスコース」、政治経済学部の「国際地域・文化論コース」、文学部の「英米文学・ドイツ文学・フランス文学専攻」「アジア史・西洋史学専攻」、問題・課題によってカスタマイズできる柔軟なカリキュラムを設置する情報コミュニケーション学部、食料や環境の視点から学ぶには、農学部「食料環境政策学科」などを基点とし、世界とつながる学びが設置されています。理工学部では、科学技術立国として日本が世界に誇れる技術を継承・発展させるための教育研究が用意され、新設の総合数理学部には、数理科学を利用して現代の複雑化する社会問題をグローバルな視点から解決するフィールドがあります。
 また経営学部は、海外留学や国際ビジネス分野で活躍を目指す学生に少人数クラスで実践的な英語スキルを身につける4年間のカリキュラム「GREAT」を導入。
 さらに国際日本学部では、「世界の中の日本」を学ぶに相応しいカリキュラムでグローバル化時代に活躍できる真の国際人の育成を目指しています。


特色1<海外留学制度> 国際感覚を磨く 多彩なプログラムが充実

 学生が多様な文化や価値観の違いを越えて創造力とコミュニケーション能力を構築できるよう、明治大学ではさまざまな海外留学プログラムを用意しています。
 協定留学と認定留学は、明治大学に在籍したまま原則として1年間(1学年間)以内の留学が可能です。留学先で取得した単位は、所属学部・研究科において所定の手続き・審査を経ることで、本学の卒業要件単位として認定されます。いずれも明治大学外国留学奨励助成金に応募することができます。
■協定留学
 明治大学と協定を結んでいる高等教育機関などに留学します。学内での選考を経て、国際教育センターや学部・研究科を通して留学手続きを行います。現在の留学できる協定校は、39カ国・地域の230大学・学部です(2017年11月現在)。
■認定留学
 学生が自由に留学先を選ぶことができます。出願などの手続きはすべて自分で行い、受け入れ先の入学許可を得た後、明治大学の許可を受けて留学します。
■短期海外研修
 夏季・春季休業期間を利用した、3〜5週間の留学プログラム。ホームステイや研修先大学の学生寮などに宿泊して現地の生活に触れたり、文化交流や課外活動を通じてその国の文化や習慣も学びます。語学力はもちろん、異文化コミュニケーション力を向上させ、グローバルな視点を身につけます。
■学部独自の海外研修&留学
 各学部・研究科でも独自の海外研修・留学制度を実施しています。それぞれの学びに応じたプログラムを選択し、語学力の向上とともに専門分野を深めることができます。
【「海外トップユニバーシティ留学奨励助成金」を新設!】
 2017年6月、優秀な学生の海外トップユニバーシティへの留学を促進するため、「明治大学学生海外トップユニバーシティ留学奨励助成金」制度を新設しました。1学期で1人あたり最大300万円の助成金が支給され、経済的な負担が軽減されます。留学先はスタンフォード大学やペンシルベニア大学など世界トップクラスの協定校です。


特色2<English Cafe>キャンパス内で異文化体験! 外国人留学生と英語で学び合う

 和泉キャンパスでは、外国人留学生と日本人学生が普段使いの英会話で交流する「English Cafe」を実施しています。外国人留学生が自国の文化や海外事情についてプレゼンテーションをしたり、歌やダンスなどの交流アクティビティなどを行う「English Cafe-Cultural Exchange-」と、外国人留学生サポーターに助言をもらいながら、今後海外で日本を発信することを目指す「English Cafe-Discover Japan-」の2コースで展開しています。


特色3<Meiji Language Program>語学力アップをサポートする 学部間共通外国語科目

 学部の枠を越えて履修できる「Meiji Language Program〈学部間共通外国語科目(MLP)〉では、4キャンパスで約100のクラスがあります。全体の7割は、ネイティブ・スピーカーの教員が徹底指導するレベル別の会話クラスです。学部では学べないギリシア語やラテン語のクラスや、語学検定に対応した科目も設けています。
■開講されている科目(11言語)
English Communication・ドイツ語会話・フランス語会話・中国語会話・資格英語・資格ドイツ語・資格フランス語・資格中国語・ロシア語・ロシア語会話・スペイン語・スペイン語会話・朝鮮語・イタリア語・アラビア語・ギリシア語・ラテン語・Intercultural Communication(English)・国際理解講座(ドイツ語圏・フランス語圏・中国語圏)。


【ここに注目!】「和泉国際混住寮」(仮称)が 2019年春にオープン予定

 2019年春、明治大学の国際化推進、共創的学習・教育の一環として、和泉キャンパスに200室規模の「和泉国際混住寮」(仮称)がオープンします。留学生と日本人学生が生活の場を共有することにより、居住空間が「学びの場」にもなることを目的としています。
 混住寮は、居室ユニット、住棟、寮全体の3つのレベルの居住空間のまとまりとして構成。語らいを通した交流・学びの場となるリビングのほか、レストラン、プレイルームなどの共用空間も充実しています。
 さらに、6名のレジデント・アシスタント(RA)と6名のジュニア・レジデント・アシスタント(JrRA)〔計12名〕が寮生として国際混住寮に住みながら、日々の生活の支援をはじめ、さまざまな面から他の寮生をサポートします。