選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

東京女子大学

国際的な視野をもつ地球市民としての女性を育成

【沿革と理念】

 東京女子大学は、北米のプロテスタント諸教派の援助のもと、1918年に開学しました。長年培ってきたキリスト教の精神に基づく「リベラル・アーツ教育」の実績を基盤に、創立100周年を迎えた2018年度より、現代教養学部を5学科12専攻に再編し、国際性、女性の視点、実践的な学びを重視した新しい教育を全学的に展開しています。自ら考え、知識や能力を行動へとつなげ、人類や社会の問題解決に貢献する国際的な視野をもつ、地球市民としての女性を育成しています。


【学びの内容】語学力を磨き、幅広い知性を養い、 国際社会のあらゆる場面に貢献できる女性を育てる「国際英語学科」

 2018年度新設の国際英語学科国際英語専攻には、イングリッシュ・スタディーズ、英語教育、英語キャリアの横断的に学べる3つのコースがあり、2年次後期に英語圏の大学への海外研修(スタディ・アブロード)が必修です。充実した海外研修体験で高めた英語力を、国際社会でも通用する英語での発信力に活かし、英語での卒業論文の完成を目指します。

【イングリッシュ・スタディーズコース】
 確かな論理力と深い洞察力を養い、国際社会で活躍できる人材を育成します。国際共通語としての英語への感性を高め、英語学のさまざまなアプローチを学び、ことばを考え、カルチュラル・スタディーズの理論や実践を通して新しいものへの見方を発見し、文学テクストで人間や社会を考察します。

【英語教育コース】
 英語の4技能の実践的な運用能力をバランスよく身につけ、グローバル化に対応した国際的な視点を備えた英語教員を育てます。英語教育学と第二言語習得理論を中心に、英語教育に携わる人に必要とされる資質・能力を高めていきます。将来を生きる子どもや中高生の英語力を高めることに献身できる女性を育成します。

【英語キャリアコース】
 英語の実践的運用能力を習得し、英語力を活かした国際社会に貢献する人材を育成します。通訳や翻訳、国際機関での活動などを企画に置きつつ、英語によって人と人をつなぎ、異なる国や社会の間での交流を深めていくために必要な広い視野と柔軟な思考力、専門的な知識と豊かな感性を育てます。

■2年次後期に全員が海外研修「Study Abroad」を体験
 Study Abroad には大きく分けて語学力強化のプログラムと学部のプログラムがあり、修得した単位は本専攻の「Study Abroad English」および「Study AbroadAcademics」の単位として認定されます。プログラムは各自の目標や学力に応じ、相談しながら決めていきます。留学先の大学は、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど英語を母語とする国から、プログラムの種類、地域、費用などを考慮して選べるように、いくつもの選択肢を用意しています。


特色1 《国際社会への扉を開く英語教育》独自のプログラムで 実践的な英語運用能力を高める

 習熟度別クラス編成、ネイティブスピーカーによる授業、キャリア・イングリッシュ課程、英会話トレーニングクラス、コンピュータによる英語自習プログラム、語学研修、留学など、独自のプログラムで実践的な英語運用能力を高めます。



▲マウントホリオーク大学からのインターンシップ学生の受け入れ


▲プロフェッショナル・トレーナーの指導で英語のスキルを磨くキャ リア・イングリッシュ課程

特色2 《キャリア・イングリッシュ・アイランド》柔軟な思考力と独創性を養い 英語で自己発信する

 全学生を対象に、プロフェッショナル・トレーナーによる英語トレーニング、英語を使って社会の第一線で活躍する卒業生などによるセミナーや講演会、海外の大学とのビデオカンファレンスなど、幅広く多彩な内容のプログラムを提供。単に英語の会話力を強化するのではなく、柔軟な思考力を身につけながら個性や独創性を育て、英語で自己発信できるようになることを目指します。また選考による約60名が2年・3年・4年次に履修するキャリア・イングリッシュ課程も設置しています。

■キャリア・イングリッシュ課程
 キャリア・イングリッシュ課程は、英語で発信するキャリアを形成するための独自の英語力養成プログラムです。本学のリベラル・アーツ教育や各専門分野の考え方を学びつつ、一人ひとりの独創性や積極性をはぐくみ、英語で自己発信する力を養成します。具体的には、課程生限定の科目とともに「キャリア探求英語科目」などの本学の多彩な科目を習得します。課程独自科目として英語によるプレゼンテーションのスキル、論理的ディスカッションの方法、さまざまな視点から考える力を養うCritical Thinkingなどを学びます。このほかにもe-Learningの課外学習を通じて英語力の強化と自律的学習力を養います。



イギリス・ウェスト ヨークシャー州にある 協定校リーズ大学

特色3 《充実の留学制度》海外での留学体験を通して 自分の可能性を発見する

 東京女子大学には全学生を対象とした海外留学制度があり、国際交流センターが留学支援をしています。本学が学生派遣や学生交換、学術交流の協定を結んでいる海外の大学は、9つの国と地域(イギリス、アイルランド、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、台湾)に26校あります。留学に向けて学生が主体的に準備できるよう、国際交流センターでは、説明会や先輩の報告会、個人相談、IELTS対策講座などを実施しています。



▲ベルギーでのスタディ・ツアー

特色4 《多彩なプログラム》長期休暇中に講座や語学研修などで 海外体験ができる

 海外留学制度のほか、長期休暇中には、ケンブリッジ大学での教養講座やニューヨーク国連本部での海外研修を含む集中講座、海外語学研修(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語)、スタディ・ツアーを実施しています。スタディ・ツアーは、本学専任教員が専門分野に関連したテーマを設定し、関係する国の関連施設や大学の訪問や交流などを企画・引率する短期の海外研修旅行です。これまで、「南ドイツの諸都市とフランス・ストラスブールのミュージアムを巡る」、「外国の英語教育視察:韓国」、「2つの文化、1つの国:ベルギーにおける多文化コミュニケーション」などを実施しました。

■キャンパスでの国際交流
 海外からの留学生に対し、日本人学生がバディとして学生生活のサポートを行い、交流の輪を広げています。また、アジアの協定校からの交換留学生やアメリカの大学からのインターンシップ学生との交流の機会もあります。



▲東京女子大学  初代学長・新渡戸稲造

特色4 《留学を支援する奨学金制度》上限600万円の給付型奨学金 「新渡戸稲造国際奨学金」

 東京女子大学の留学制度により留学する場合、出願により国際交流奨学金が支給されます。また、本学の留学制度を利用して世界トップクラスの大学に1年間学部留学する、高い目的意識と学力・語学力をそなえた学生を対象にした授業料・渡航費・準備金の一部( 上限600万円)を支給する新渡戸稲造国際奨学金もあります。