選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

東洋大学

次代を担う「グローバル人財」を育成

【沿革と理念】


 東洋大学は、哲学者・井上円了が1887年に創立した「私立哲学館」を前身として誕生しました。以来、「諸学の基礎は哲学にあり」「独立自活」「知徳兼全」という創立者の掲げた建学の精神のもと、現在13学部50学科・専攻を擁する総合大学として日々進歩し続けています。

 創立125周年を迎えた2012年を機に「哲学教育」「国際化」「キャリア教育」の3つを教育の柱として設定。また2014年には文部科学省創設の「スーパーグローバル大学創成支援〈タイプB〉」に、本学の「TOYO GLOBAL DIAMONDS」構想が採択されました。社会のグローバル化を受けて東洋大学が特に力を注いでいるのは、異なる価値観や文化を受け入れ、自ら考えを発信し、未来を切り拓くことのできる「グローバル人財」の育成です。国際交流を積極的に推進する国際教育センターでは「Toyo Global Leader(TGL)プログラム」をはじめ、多彩な国際交流・語学プログラムを用意。どのような世界であっても、しっかりと自分の志を持ち、生きていく。これからの世界を担う学生一人ひとりを全力でバックアップしています。



卒業式でのTGLゴールド認定式の様子。


認定要件

【学びの特色】Toyo Global Leader (TGL)プログラム

 世界で活躍する「グローバル人財」に求められるのは、地球規模の視野を持ち、社会の動きや課題を敏感にとらえ、自ら判断し解決する能力です。そこで、グローバルに活躍する語学力や課題解決能力を磨くため、「Toyo Global Leader(TGL)プログラム」を用意しています。7つの認定要件があり、達成レベルに応じて「Gold」「Silver」「Bronze」のランクごとにToyo Global Leaderとして認定されます。


特色1 《留学・海外研修プログラム》初歩の異文化体験から 外国での高度な学びまで多種多様

 世界に羽ばたくグローバル人財を育成するため、現在36カ国・155大学・4コンソーシアム・6機関・3都市と大学レベルの協定を締結(2019年1月現在)。初歩的な異文化体験から海外の大学での本格的な学びまで、学生の興味・関心に応える多種多様な国際交流プログラムを提供しています。

■交換留学
 正規科目の履修・修得を目的として、本学が学生交換協定を締結している協定校、あるいは学生支援コンソーシアムに加盟する大学等へ、1学期または1年間留学するプログラム。原則として留学先大学の授業料は免除され、留学期間に応じて本学授業料相当額の奨学金が給付されます。留学中の学籍は「在学」となるため休学する必要がなく、卒業要件を満たせば最低修業年限での卒業も可能。

■認定留学
 留学支援団体等を利用し、学生が希望する大学・大学院へ1学期または1年間留学するプログラム。留学に関する手続きはすべて学生本人が行います。ブリッジプログラム型(学部正規科目+語学履修科目)での留学が可能。留学先大学の授業料は自己負担となりますが、本学授業相当額の奨学金が給付されます。

■協定校語学留学
 海外協定校が運営する附属語学学校へ1学期(3カ月〜6カ月)留学し、語学を集中的に学びます。所定の語学条件を満たした場合、奨学金が給付されます。

■短期語学セミナー
 夏季・春季休暇を利用し、海外協定校が運営する大学附属語学学校で学ぶ3〜4週間のプログラム。短期間で語学や異文化を学びたい初級レベルの学生向けとなります。所定の語学力に応じて奨学金が給付されます。

■海外研修Diversity Voyage
 日本を飛び出し、“Diversity(多様性)”を体験することをテーマに、次世代を担うグローバルリーダーを育成するプログラム。発展途上国での課題に対する解決策を現地学生と協働で考えます。本学が参加費用を一部負担しているため、渡航費および宿泊費のみの負担で参加できます。

■日本語パートナーズ
 約7カ月から9カ月間、アジアの各種教育機関で日本語教師や生徒のパートナーとして授業を補助したり、現地の人々へ日本文化を紹介。約1カ月の派遣前研修で現地の言語や日本語の教授法を学びます。実施主体である独立行政法人国際交流基金より渡航費や滞在費等が支給されます。

■海外インターンシップ・ボランティア
〈短期〉旅行会社やホテルなどの企業や各種団体でインターンシップ、またはボランティアを体験。語学力の向上だけでなく、異文化理解力、社会人基礎力を養います。語学力に応じて奨学金が給付されます。〈長期〉グローバルリーダー育成を目的とした約4〜5カ月間の選抜型インターンシッププログラム。「国連ユースボランティア(UNYV)」と「ワシントンセンタープログラム(TWC)」の2種類があります。


特色2 《国際教育プログラム》英語力向上を目指す学生を きめ細かにサポート

 東洋大学キャンパスでも英語力を強化する語学プログラムが充実。下記の他に各種語学資格試験も実施しています。

■LEAP(Learning English for Academic Purposes)」
 海外留学を目指す学生を主な対象に、留学先の大学で正課授業を履修できる程度の英語力を修得します。修得した単位は卒業単位として認定(グローバル・イノベーション学科を除く)。

■キャンパス内留学「Toyo Achieve English英語講座」
会話を中心とした少人数制の英語講座。毎日学べるグループレッスンと週1回のマンツーマンレッスンを開講しています。フィリピン・セブ島の語学学校SMEAG校の講師が担当。

■ランゲージセンター
 英語留学や英語力向上を目指す学生を対象に、外国人ネイティブ講師がマンツーマンで個別指導。ライティングの個人指導プログラム「コンファレンスライティング」と「ライティングテスト対策」、英文ライティングに関するアドバイスを受講できる「ライティング相談」、交換留学など特定のプログラムのための準備対策講座「特別講座」を開講しています。



▲白山キャンパスの国際交流スペース  「ECZ(English Community Zone)」。

ピックアップ! 留学フェアなどのイベント、 キャンパス内国際交流も充実

 留学に関するイベントや、学生が海外からの留学生たちと交流できる機会も豊富にあります。留学希望者を対象にした「留学フェア」は年2回の開催。本学の留学経験者や外国人留学生、留学支援団体などが、大学の紹介や個別の相談を行います。

 また東洋大学の5つのキャンパスに、英語のコミュニケーション能力と異文化理解の向上を目的とした国際交流スペースを設置。気軽に会話することで英語を身近に感じられる環境を整えています。