選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

<span>「スポーツにかかわる仕事をしたい」を実現する学校を探そう</span>

「スポーツにかかわる仕事をしたい」を実現する学校を探そう

スポーツの仕事につくときには、単にスポーツの知識さえあればいいというわけではなく、職種ごとの専門知識が求められます。志望する仕事にあった学びができる学校を選ぶために、スポーツ系の学びのジャンルを知っておきましょう。

ビジネス・経営の視点と知識を学び スポーツ関連産業の担い手を育成

 スポーツに関連するビジネスの領域は、ウエアやシューズなど用具の製造、スポーツイベントの企画・運営、スポーツグッズの販売、スポーツ施設やショップの経営・マネジメントなどのほか、見るスポーツ(スポーツ観光、出版・メディア)に至るまで目覚しく広がっています。こうしたことから、スポーツ関連産業に関わるさまざまな学科が誕生しています。

 また、ビジネスの視点でスポーツを分析することから、経営学科や現代社会学科などにスポーツビジネスコースやスポーツマネジメントコースとして設置する大学も多く見られます。

 いずれの学科でも、経営学の基礎からマネジメント、サービス、流通などを専門的に教育し、スポーツ関連産業で活躍できる人材の養成を目指しています。カリキュラムには多少の違いはありますが、スポーツビジネス系の学科・コースで学ぶことで、スポーツチームの運営、スポーツ用品メーカー、スポーツイベントの運営、スポーツメディア関連会社など、さまざまな仕事につながる発想とスキルを修得できます。


この系統のおもな学科

●スポーツビジネス学科
 ビジネスや経営の視点とビジネスに関する知識を修得し、それを基にスポーツや健康に関するさまざまな課題の解決と地域貢献に寄与する人材を育成する。
札幌国際大(スポーツ人間)、東京リゾート&スポーツ専門学校ほか(健康スポーツ)、日本工学院八王子専門学校スポーツカレッジ(スポーツ健康)、ほかに敬愛大(経済)、東洋大(法)、名古屋産業大(現代ビジネス)などにスポーツビジネスコースがおかれている。

●スポーツ経営学科
 スポーツ産業に関わる企業を対象とした経営について幅広く学ぶ学科で、経営の基礎理論を学んだうえでスポーツビジネス全般を学習する。
岐阜協立大(経営)、静岡産業大(経営)、広島経済大(経営)

●健康スポーツ経営学科
 健康な生活や生きがいをスポーツ科学の観点から考える学科で、科学的知識や経営能力を身につけたスポーツ指導者やスポーツ経営者を育成する。
日本経済大(経済)

●スポーツマネジメント学科
 スポーツに関する施設、レジャー、イベントなどの経営について学ぶほか、スポーツ産業のさまざまな領域を広く理解し、スポーツビジネスの現場で思考・行動するリーダーを養成する。
作新学院大(経営)、順天堂大(スポーツ健康科)、日本体育大(スポーツマネジメント)、新潟経営大(経営情報)、大阪成蹊大(マネジメント)ほかに産業能率大(情報マネジメント)、近畿大(経営)、阪南大(流通)などにスポーツマネジメントコースがおかれている。

●スポーツライフマネジメント学科
 野外教育やレクリエーション、障がい者スポーツやまちづくりなどについて学び、スポーツの公共性を理解し、健康増進を目指す運動を指導する人材を養成する。
日本体育大(スポーツマネジメント)

●健康マネジメント学科
 健康や運動、栄養についての高度な知識を活かして、民間企業や福祉施設などで活躍する人材を育成する。
東海大(健康)


めざせる職業

 学ぶ範囲が広いことからさまざまな職種を目指すことが可能で、スポーツメーカー、スポーツ用品店、スポーツクラブ、出版社、放送局などに就職するケースも多い。また、大学によっては上級情報処理士や上級ビジネス実務士などの資格取得も可能で、スポーツ系に限らず将来の選択肢の幅が広がる。

●スポーツチーム職員
●スポーツ用品メーカー社員
●スポーツメディア関連の社員
●スポーツ選手の代理人
●スポーツイベント運営スタッフ
●スポーツクラブ経営      
など


アスリートとして必要な 専門的能力と資質を高める

 競技スポーツの舞台で最高のパフォーマンスを発揮できるアスリートを目指す系統で、多様な科学的視野から理論や戦略を構築し、自らの競技力向上に活用できる能力を修得するため、体育学や医学、解剖生理学といった幅広いスポーツ科学の基礎を学んだ上で競技スポーツを実践。さらに、それを他者に伝えるためのコーチング技法や知識について学びます。
 カリキュラムをみると、競技スポーツに関する基礎知識を学んだ後、アスリート論、コーチング論、トレーニング論などを履修。ゼミナールでは戦術やトレーニング方法など高度な知識と実践能力を身につけます。
 もちろん、実技・実践が重視され、運動で汗を流す実習が数多く組み込まれています。そのため、各大学とも、キャンパス内にはアリーナやトレーニングルーム、プール、体操場、柔道場、剣道場、相撲場などを完備しているほか、低酸素トレーニング室やリハビリ用の流水プールなどがあり、学生は恵まれた環境で高いパフォーマンスを引き出すことができます。


この系統のおもな学科

●競技スポーツ学科
 実技を重視したカリキュラムでスポーツ科学的視野を学び、アスリート、コーチ、トレーナーを養成。日本を代表するトップアスリートや企業スポーツ選手など、スポーツ界の第一線で活躍する卒業生も多い。
日本大(スポーツ科)、東海大(体育)、日本ウェルネススポーツ専門学校(健康スポーツ)

●競技スポーツ科学科
 医学や健康科学、解剖生理学といった幅広いスポーツ科学の基礎を充実させながら、個々人の目標に応じた専門分野の理論と実技を複合的に学ぶ体系的なカリキュラムで、さらに高いパフォーマンスを引き出す指導を行う。
中京大(スポーツ科)

●体育学科
 スポーツとスポーツ理論を、最新の施設と設備を使って研究・実践し、それらを究めることで優れたスポーツ指導者と世界の第一線で活躍するアスリートを養成。スポーツパフォーマンスの改善にとって必要なスポーツ動作の解析法や、アスリートにとって重要な食事についての知識、あるいは、身体のケアに関する知識なども学ぶ。
仙台大(体育)、国際武道大(体育)、国士舘大(体育)、東京女子体育大(体育)、日本大(文理)、日本体育大(体育)、東海大(体育)、天理大(体育)、環太平洋大(体育)

●スポーツ科学科
 科学的なトレーニング理論と最新のトレーニング方法により競技能力の向上を目指し、スポーツの世界で活躍できる優秀な競技者と指導者を養成する。
大東文化大(スポーツ・健康科)、順天堂大(スポーツ健康科)、早稲田大(スポーツ科)、山梨学院大(スポーツ科)、日本福祉大(スポーツ科)、福岡大(スポーツ科)


目指せる職業

 プロのアスリートや実業団アスリート、企業スポーツアスリートを目指す者も少なくないが、プロへの道は厳しい。このほかは学校の体育教師やスポーツトレーナー、競技スポーツの運営・強化に関わる競技団体の職員や地域のスポーツ指導者など。

●スポーツ選手
●体育教師
●スポーツトレーナー
など


学校教育や地域社会での健康・ 運動・スポーツ指導のあり方を考察

 学校体育系統では、運動の楽しさを生徒に経験させるとともに、身体運動やスポーツの実践を通した豊かな人間形成に寄与し、さまざまな場面で優れた問題解決能力を発揮できる保健体育科教員の養成を目指しています。多くの大学では運動能力の実践能力向上を目指した実技・実習に加えて生理学、心理学をはじめ多くの基礎理論科目も開講しており、身体運動に関わる理論的背景を学ぶことができます。また、心と体を一体として捉え、健全な成長を促すことが重要であることから、体育と保健を関連させて指導できる教員を育成します。
 いっぽう、生涯スポーツ系統では、運動・スポーツを中心として地域、学校、家庭の連携を実現していける教育支援のコーディネート力と運動指導力を備えた人材の育成をめざしています。スポーツが得意でスポーツ教育に興味・関心のある人、健康づくりや子どもの外遊び・スポーツの支援活動に関心をもっている人、運動が苦手な子どもたちへの支援に関心をもっている人に適した系統です。


この系統のおもな学科

●学校教育教員養成課程など
 全国各地にある国立大の教員養成系学部の学校教育教員養成課程、学校教育課程などには体育科教員の養成を目指した専攻・専修・コースがおかれている。保健体育に関する基礎的な理論や知識と最新の身体科学や運動理論を深く学び、さまざまな種目における高い運動実技の能力を身につけるとともに、学習指導のための技術を修得して小学校教員および中学校・高校の保健体育教員の育成を目指している。
★各都道府県にある国立大(教育)

●教育支援課程、生涯学習学科など
 教育支援課程の生涯スポーツコース、生涯学習学科の生涯スポーツ専攻などでは体育、スポーツ、レクリエーションの各分野において、体力つくり、競技力の向上、健康つくりなどを担う専門的指導者の養成を目指している。東京学芸大(教育)、常葉大(教育)など

●体育学科
 体育学科では中学校・高校の保健体育科教員の養成も大きな柱となっている。実習系の授業では自らの基礎技能を高めながら指導者としての知識・技術を体得し、理論や演習の授業では、体育・スポーツ・健康科学に関わる広範な知識を養う授業を展開している。
仙台大(体育)、国際武道大(体育)、国士舘大(体育)、東京女子体育大(体育)、日本大(文理)、日本体育大(体育)、東海大(体育)、天理大(体育)、環太平洋大(体育)

●スポーツ科学科
 体育学科同様に、自らが専門とするスポーツ種目の技能およびスポーツ全般にわたる科学的指導能力の向上を目指した教育を行い、スポーツ科学の専門的な知識・理論・技能を備えたアスリートやスポーツ指導者および保健体育教員の育成を目指している。
大東文化大(スポーツ・健康科)、順天堂大(スポーツ健康科)、早稲田大(スポーツ科)、山梨学院大(スポーツ科)、日本福祉大(スポーツ科)、福岡大(スポーツ科)


目指せる職業

 ほとんどの課程・学科で中学校・高校の保健体育課教員の免許が取得でき、教員を目指す者が多い。また、体育の専門知識を活かして民間のスポーツ施設、社会体育、体育行政などの各分野で幅広く活躍する者もいる。

●体育教師
●スポーツ関連団体の職員
●スポーツ指導員
●スポーツ行政関連の職員
●学校体育支援NPO職員
●スポーツ企業職員
など


アスリートの心や体のケアを行い 最高のパフォーマンスを引き出す

 アスリートをはじめとする競技者の健康管理、スポーツ外傷・障害の救急処置と予防、リハビリテーション、トレーニング、コンディショニングなどにあたるトレーナーに必要な理論や技能を学ぶ系統です。

 体育学科やスポーツ科学科にあるスポーツトレーナーコースなどではスポーツ医科学の知識をもとに、スポーツチーム、運動施設、病院などでスポーツ選手の健康管理やケガからの復帰、競技力向上を手助けするためのさまざまな知識や技術を学びます。また、鍼灸学科や柔道整復学科でもアスレティックトレーナーの資格取得を目指すところが多く、例えば明治国際医療大の柔道整復学科ではスポーツ医療に特化したカリキュラムを導入し、からだの構造、運動のメカニズムからケガの発生まで、医療現場で必要な知識や技術を実践的に学ぶことができます。

 さらに専門学校にはアスレティックトレーナー科、スポーツトレーナー科などトレーナー養成の専門学科があり、ケガの予防やテーピングなどに関する高度な知識や技術を学べます。


この系統のおもな学科

●体育学科
 体育学科のなかにスポーツトレーナーコースなどをおく大学もあり、スポーツチーム、運動施設、病院などでスポーツ選手の健康管理やケガからの復帰、競技力向上を手助けするためのさまざまな知識や技術を学び、スポーツ競技者の身体面を支援する実践的アスレティックトレーナーやフィットネストレーナーの養成を目指している。
仙台大(体育)、国際武道大(体育)、日本体育大(体育)、環太平洋大(体育)

●スポーツ学科・スポーツ科学科
 学科内にスポーツトレーナーコースなどをおく大学もあり、スポーツ医学、トレーニング科学、スポーツ栄養学といった学問を通じて実践的指導力を身につけたアスレティックトレーナーなどを養成する。
順天堂大(スポーツ健康科)、びわこ成蹊スポーツ大(スポーツ)、九州共立大(スポーツ)

●鍼灸学科
 はり師、きゅう師のほかアスレティックトレーナーも養成する。
帝京平成大(ヒューマンケア)、東京有明医療大(保健医療)、明治国際医療大(鍼灸)、宝塚医療大(保健医療)

●柔道整復学科
 柔道整復師やアスレティックトレーナーを養成する。
帝京大(医療技術)、帝京平成大(ヒューマンケア)、東京有明医療大(保健医療)、明治国際医療大(保健医療)

●はり灸・スポーツトレーナー学科
 はり師・きゅう師、アスレティックトレーナーを養成する。
関西医療大(保健医療)

●整復医療・トレーナー学科
 柔道整復師やアスレティックトレーナーを養成する。
了徳寺大(健康科)

●スポーツ健康学科・スポーツ健康科学科
 スポーツや運動の指導ができる人材を育成する。
流通経済大(スポーツ健康科)、日本女子体育大(体育)、法政大(スポーツ健康)、中京大(スポーツ科)

●アスレティックトレーナー科
 アスレティックトレーナーなどを養成する。
日本ウェルネススポーツ専門学校、東京リゾート&スポーツ専門学校ほか

●スポーツトレーナー科
 アスレティックトレーナーなどを養成する。
東京リゾート&スポーツ専門学校ほか、日本工学院八王子専門学校スポーツカレッジ


目指せる職業

 スポーツチーム、スポーツ施設など競技スポーツの現場は
もちろん、スポーツ産業、健康産業、介護福祉などに従事する
者もいる。

●アスレティックトレーナー
●メンタルトレーナー
●フィットネスジムのトレーナー  
など


スポーツ医療やスポーツ栄養学の エキスパートを養成

 医科学や栄養学を学んでスポーツ選手や一般の競技者をサポートする系統です。選手の心身をケアするという意味ではトレーナー系統と重なる部分もありますが、この系統ではより医学的な内容を学びます。例えば、スポーツ医科学科では沈着かつ迅速に高度な救急措置を実施するために総合的な医学知識、救急処置・援助技術が要求されることから高度な医学科目と多彩な実習による実践教育を行っています。

 また、健康を支える栄養学が果たす役割がますます大きくなっており、医療現場において医療チームの一員として活躍する実践的な管理栄養士の需要が高まっています。

 このほか、理学療法士はスポーツ現場での需要が高く、選手の動きや姿勢、身体のゆがみなどをチェックして問題個所を改善したり、効果的な運動メニューを考案したり、ケガの原因となる動作を改善して未然に予防する役目も担っています。柔道整復師はスポーツによる損傷を手術や薬を使わずに回復させる専門家で、活躍の場はスポーツトレーナーから医療・介護施設まで広がっています。


この系統のおもな学科

●スポーツ医科学科
 国士舘大は医学概論や救急医療について学ぶほか、高齢者や幼児、身体障がい者への対応、災害救助に関する正しい知識や技術を実践的に学ぶ。
国士舘大(体育)、久留米大(人間
健康)

●スポーツ医療学科
 救急救命士など3コースがあり、健康スポーツコースでは医療関連知識とスキルをもとに的確に判断し、対応できる力を育てる。
帝京大(医療技術)

●スポーツ保健医療学科
 医学・医療、健康スポーツ、救急救命について専門知識や技術を学び、健康スポーツを指導できる保健医療の専門家を養成する。
中部大(生命環境科)

●健康栄養学科
 栄養学科の科目に加えて臨床栄養系の講義と実習を履修するのが大きな特色で、臨床の場で医療チームの一員として活躍する管理栄養士などを養成する。
駒沢女子大(人間健康)、東洋大(食環境科)、相模女子大(栄養科)、畿央大(健康科)

●管理栄養学科
 保健・医療・福祉・介護の現場で活躍できる「臨床に強い」管理栄養士の養成を目指している。
昭和女子大(生活科)、鎌倉女子大(家政)、文教大(健康栄養)、東海学園大(健康栄養)など多数

●理学療法学科・リハビリテーション学科
 運動療法、物理療法などを駆使して障害を持つ人たちの運動機能を回復させ、生き生きと生活できるようにサポートする役割を担う理学療法士を養成する。
国際医療福祉大(保健医療)、順天堂大(保健医療)、昭和大(保健医療)、関西医療大(保健医療)など多数

●柔道整復学科
 柔道整復師やアスレティックトレーナーを養成する。
帝京大(医療技術)、帝京平成大(健康医療スポーツ)、東京有明医療大(保健医療)、明治国際医療大(保健医療)


目指せる職業

 さまざまな資格に直結していることから、資格を活かしての就職が多い。スポーツ関連としては医療や福祉施設、社会体育施設、生涯スポーツや体育指導者などがあげられる。

●救急救命士
●管理栄養士
●理学療法士
●柔道整復師
など


体育・スポーツ系学部の入試 ~実技入試を課されるのが体育系の特徴~

国公立大はセンター試験
プラス個別試験で選考

 国公立大はセンター試験+個別試験で選考しますが、センター試験は体育系の筑波大が5教科、鹿屋体育大が3教科です。教員養成系は5教科が多いですが3教科とか4教科もあります。また、医療・栄養系はおもに公立大で、教員養成系と同じく5教科、4教科、3教科などがあります。
 個別試験は体育系の筑波大が保健体育に関する筆記試験と実技、鹿屋体育大が実技と面接で、教員養成系はほとんどの大学が実技のみで受験できます。また、医療・栄養系は学科試験を課すところもありますが、小論文、面接などで選考するところが多くみられます。実技は大学で異なりますが、受験生の基礎的な運動能力や身体資質を測定するネライがあるため、実技の出来が合否を大きく左右します。筑波大は器械運動、ダンス、陸上競技、水泳、バレーボール、サッカー、柔道など18種目から2種目を選んで受験します。体育系の実技は相当レベルが高く、当該種目の基礎及び応用技能について総合的な評価を受けます。教員養成系も1種目ないし2種目を選択させますが、体育系に比べれば評価基準は多少緩やかなようです。大学によっては種目別実技に加えて基礎的な運動能力をみる運動適性検査や身体能力テストを課しています。


私立大は科目負担が軽いが
体育系は実技試験がポイント

 私立大は、一般入試のほかセンター試験利用入試を行うケースが多くみられます。体育系からみていきますと、一般入試は1~3教科程度の学科試験が課されますが、実技は課す大学と課さない大学があります。具体的にいくつか例をあげますと、日本体育大は筆記型と筆記+実技型があり、筆記型は国語と英語の2教科をマークシート方式で出題、筆記+実技型は実技(50m走、立幅跳び、上体起し)が加わります。東海大は学科試験(英語、国語または数学の2教科)と実技で選考。実技は7種目から1種目を選択して受験します。大阪体育大は体力重視型と学力重視型があり、前者は学科試験(国語、数学、英語から1教科)と体力プロフィールテスト(7種目から3種目選択)で選考、後者は学科試験と調査書(保健体育の評定平均値・スポーツ活動証明書)で選考します。実技を課している大学は実技の配点が総点の50%
から60%を占めていますから、実技で高得点をマークすることが必要です。健康・スポーツ系は2教科程度の学科試験、医療系は3教科の学科試験が主流で、実技や運動適性検査などは課していません。
 いずれの系もセンター試験利用入試は個別試験を課さないケースがほとんどで、センター試験(2~3教科程度)の成績だけで選考しています。


推薦入試やAO入試を実施する
ケースもかなり多い

 推薦入試やAO入試を実施する大学も多くあります。出願資格をみると、特に成績条件などを提示していないケースがかなりありますが、体育系の国立大や知名度の高い私立大はさまざまな条件を提示しています。例えば、日本体育大は高校在学中に全国高校総体、国体などのスポーツ競技大会において特に優秀な成績をあげ、かつ全体の評定平均値3.0 以上を原則とするとしていますし、筑波大は国際大会日本代表、全国大会16位以内など抜群の技能を有し、かつ十分な修学力を備え、将来体育・スポーツの分野で活躍が期待できる者となっています。選考方法は書類審査・面接程度で、ほかに小論文や実技を課すケースもあります。
 健康・スポーツ系や医療系は大学によってさまざまです。医療系では成績基準を設定するケースが多くみられますが、健康・スポーツ系は成績基準を設定しないケースもかなりみられます。