選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

大阪国際大学

幅広い分野で活躍できる健康・スポーツ科学の専門家を育成

沿革と理念

 大阪国際大学は1929年に開校した帝国高等女学校(のちの帝国女子大学・短期大学)を前身とし、1988年に開学しました。その後、学部・学科の増設や再編をへて、現在では国際教養学部、人間科学部、短期大学部の3学部に加えて、2018年4月に新たに経営経済学部を開設しました。
 教育の理念は、建学の精神でもある「全人教育」。この理念を表すキーワードの「GLOBAL MIND」に基づき、礼節を重んじ、世界に通じる心豊かな人材育成をめざしています。そのため、国際的視野に立った幅広い知識と高い専門的技術の教育・指導に重点を置いています。 


<学びの内容>体験型授業を豊富に開講 人間科学部人間健康科学科

 健康科学に関する幅広い領域を学ぶ学科で、実験・実習・演習などの体験型授業を豊富に開講しているのが特徴。知識と実践力をバランスよく身につけます。
 高齢化が進む現在、人々の健康への意識は高まる一方です。医療機関のみならず、スポーツ施設やレジャー施設でも、健康をフォローする役割が求められるようになりました。人間健康科学科では人々の健康を支えられる人材を育成するため、以下の3分野のカリキュラムを編成し、高度な専門知識・技術を教育しています。一人ひとりが自分なりのアプローチで「健康」に迫ることができます。

■からだの健康 
 人々の健康管理や健康指導を行えるスポーツインストラクターなどを養成。正しい運動方法などを習得します。
■食と健康 
 栄養管理や調理などの実践力を身につけ、食生活の観点から健康な生活づくりを支援する方法を学びます。
■こころの健康 
 学習の中心となるのが心理学。リラクセーションやストレスマネジメントなど演習・実習科目を多数開講しています。


<学びの内容>実践力と指導力を養成 人間科学部スポーツ行動学科 2018年4月より男女共学化

 現代のスポーツは個人の趣味や健康管理としての側面はもちろん、プロスポーツの多様化や国際大会の大型化など、産業的にもめまぐるしく進歩・発展しています。多極化するスポーツの意義を的確にとらえ、スポーツの喜びを多くの人に伝えられる人材を育成するため、以下の3分野でカリキュラムを編成しています。

■教育分野 
 中学校と高等学校の保健体育教員を育成。スポーツや運動の実践理論と指導法について学修します。
■健康分野 
 健康で豊かな生活を支えられる人材を育成。学習分野は医学、生理学、栄養学、運動処方・療法など多岐におよび、健康運動指導士などの資格取得をめざします。
■マネジメント分野 
 地域におけるスポーツ振興やクラブ運営などを学び、スポーツビジネスの現場で活かせる実践力を身につけます。


<トピックス>充実した活動型のキャンパス

---------------------------------
トレーニングルーム完備の1号館
---------------------------------
 2015年春、守口キャンパスに1号館が完成。自習のためのラーニングコモンズや、教員・留学生との交流スペースなどを充実させるほか、トレーニングルームを新設しました。

 トレーニングやフィットネスなどの機器を導入し、授業・クラブ活動の両方で利用できます。講習を受けると、個人利用も可能です。


資格 取得できる資格

--------------------
就職に有利な資格を
複数取得可能!
--------------------
 人間健康科学科・スポーツ行動学科では、卒業後はスポーツ指導や学校教育、健康・食関連産業での就職が期待されています。一定のカリキュラム履修で取得できる資格も多彩で、学生の就職活動を後押しします。

■人間健康科学科で取得可能な資格
・健康運動実践指導者
・健康管理士一般指導員
・フードスペシャリスト
・レクリエーション・インストラクター
・スクーバダイビングライセンス
・健康運動指導士※
※健康運動実践指導者の資格受験者がさらに外部講習を受け、学科試験に合格することにより取得可

■スポーツ行動学科で取得可能な資格
・中学校教諭一種免許状(保健体育)※
・高等学校教諭一種免許状(保健体育)※
・健康運動指導士
・健康運動実践指導者
・初級スポーツ指導員(障がい者スポーツ指導員)
・キャンプインストラクター
・GFI(グループエクササイズフィットネスインストラクター)
・スポーツリーダー資格(スポーツ指導基礎資格)
※2019年以降の教職課程申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。


<特長>豊富な体験型授業

--------------------------------
さまざまな「レジャースポーツ」科目
--------------------------------
 人間環境学科では、キャンプやスキー、スノーボード、ダイビングなど、さまざまな「レジャースポーツ」科目があります。専門のインストラクターのもとで、楽しく体験できます。


<研修> 海外研修

---------------------------
オーストラリアで行われる
スポーツ行動学科の研修
---------------------------
 体験学習を中心としたカリキュラムを設けているスポーツ行動学科では、8日間の海外研修も用意しています。オーストラリア・ゴールドコーストのスポーツ施設「スポーツ・スーパー・センター」で行われ、日本のスポーツ施設やインストラクターの指導法との違いについて、体感しながら研究していきます。研修中はセンター内の宿泊施設で生活。午前中に多彩なエクササイズコースの体験、午後に各施設での研修を行います。
 この実習施設は、スポーツ医学センター、アクアティックセンター、スタジアムなどからなる総合スポーツ施設です。地域住民の健康支援からトップアスリートのトレーニングまで幅広く利用されており、日本とオーストラリアのスポーツ文化の違いなども学ぶことができます。


<ここに注目!> スポーツ・吹奏楽 特別推薦入試を実施

 大阪国際大学では、入学後も本学の体育会クラブまたは吹奏楽部で活動することを条件とする特別推薦入試(専願)を実施しています。高等学校で体育会系クラブまたは吹奏楽部に在籍し、顧問の推薦を受けられる方が受験できます(本学顧問との事前調整有)。合格者には年額5万円の活動費が奨学金として給付されます。
※2019年度入試の出願時期・詳細は、本年5月ごろに大学ホームページ等でお知らせします。