選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

▼日本大学新設学部インタビュー スポーツ科学部 小山裕三教授

2016年4月に、日本大学が開設するスポーツ科学部。
コーチング学を中心に据え、医学や栄養管理学、教育学や社会学など、スポーツにかかわる幅広い分野を総合的に学ぶことができるのがスポーツ科学部です
今回は、スポーツ科学部の教授に就任される小山裕三先生に、具体的にどのような教育を展開するのか、お話しをうかがいました。


小山 裕三 教授(こやま ゆうぞう) 日本大学法学部管理行政学科卒業。日本大学陸上競技部監督として、投てき種目を中心に多くの日本 選手権優勝者を育成。

Q スポーツ科学部競技スポーツ学科で養成しようとしているのは、どんな人材ですか。

A この学部では、大きく3種類の人材を養成することを想定しています。まずはトップアスリートを目指して自らの競技力を高めることに主眼を置く競技者。次に、自らの経験と知識を活かして選手の競技力を高めるスポーツ指導者。そして、幅広い視点からスポーツを科学的に探究する研究者です。


Q 既存の体育学科などと異なる特色はどこにありますか。

A 競技者、指導者、研究者など将来想定する進路にかかわらず、全学生が日本大学保健体育審議会競技部や学部内に設置される各団体に所属し、競技を実践することが必修とされる点です。この学部の根幹をなす理念は、「反省的実践家」の養成。競技スポーツの実践から問題や課題を発見・分析し、解決策を見つけ出して再び実践にフィードバックするという「反省」と「実践」の反復こそが、競技者、指導者、研究者それぞれの能力を高めることにつながるからです。そのような人材を養成することは、国民のスポーツ活動の普及に貢献するとともに、日本が成長戦略の一環として位置づける「スポーツ立国」を実現することにもつながると思います。


Q コース制が導入されているのも特徴ですね。

A 競技力向上とそのための実践理論を深める「アスリートコース」と、指導者として活躍するために必要な能力を養う「スポーツサポートコース」を設け、2年次以降、各学生が想定するキャリアビジョンに沿った学び方を選択することができます。だからといってその学びが限定されることはなく、コースの枠を超えて自分に必要な科目を履修することができます。


Q キャリア教育にも力が注がれると聞いています。

A 在学中からしっかりとキャリアデザインをしておくことは、将来に対する不安を取り除いて競技に専念できることにもつながります。そのためのキャリア教育を2年次から実施し、スポーツ関連企業などで職業体験ができるインターンシップ制度も導入する予定です。学部で取り組む「反省的実践」をインターンシップ先でも応用しながらしっかりとした職業観を養うことは、民間企業や公共団体など、多様な進路が開けることにつながると思います。



以上、記事出展:Gakken大学進学情報12月「教授インタビュー」より抜粋