選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

▼日本大学新設学部インタビュー スポーツ科学部 上野広治准教授

2016年4月に、日本大学が開設するスポーツ科学部。
コーチング学を中心に据え、医学や栄養管理学、教育学や社会学など、スポーツにかかわる幅広い分野を総合的に学ぶことができるのがスポーツ科学部です
今回は、スポーツ科学部の准教授に就任される上野広治先生に、具体的にどのような教育を展開するのか、お話しをうかがいました。


上野 広治 准教授(うえの こうじ) 日本大学文理学部体育学科卒業。筑波大学大学院人間総合科学研究科修士課程 スポーツ健康システム・マネジメント修了。日本代表競泳チームヘッドコーチ・監督を歴任。

Q 新たに開設されるスポーツ科学部を、どのような学びの場にしたいと考えておられますか。

A 日本大学の120年以上の伝統を重んじながら、「自主創造」の気風を生かし、新旧がバランスよく融合した学部にすることを目指します。競技スポーツ学の基礎科目や、多彩な実習科目・専門科目で多くの競技者や指導者を養成し、「スポーツ日大」の実現に貢献したいですね。


Q 日本代表競泳チームを率いた際、チーム強化に向けてどのような取り組みをされましたか。

A 競泳の代表チームには、異なるスイミングクラブから選手とコーチが集いますが、当初はクラブ間の対抗意識が強く、一つのチームの中にいくつものチームがあるような状態でした。そこでまずクラブ間の垣根を取り払い、選手にもコーチにも「同じ目標に向かって共に戦う仲間」という意識を根づかせました。それによって情報が共有され、一方向からだけではない指導がなされるようになり、結果として個々の選手の競技力が高まりました。「個からチームへ」という意識改革が、結果を出すことにつながったのだと思っています。


Q 競技者や指導者としての能力を高めるために必要な姿勢とは。

A まずは競技に対する強い思いと、いかなるときも謙虚である心。それに加えて、その人自身が気づいていない強み・弱みを認識して、互いに指摘し合うことです。最近の学生は仲間とアドバイスし合うことを遠慮しがちですが、各自の課題を明確にするため、授業ではそのためのディスカッションも行うつもりです。そのことは、この学部の理念である「反省的実践」にもつながります。


Q スポーツ科学部で充実した4年間を送るためのアドバイスをお願いします。

A スポーツと出会い、夢を持ち、心身を鍛え、文武両道に励んでいる皆さんには、この学部での主体的な研究でさまざまな理論と専門知識を身につけ、高い目標に到達するよう邁進してもらいたいですね。常に「自主創造」の意識と高い志を持ちながら本学でより深く学び、社会におけるスポーツの価値を、私たちと一緒にさらに高めていきましょう。



以上、記事出展:Gakken大学進学情報12月「教授インタビュー」より抜粋