選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2014-04-04

 郊外に転出していた私立大が、相次いで都心にキャンパスを戻したり、新たなキャンパスを開設する動きが活発化している。大学設置基準の規制緩和によって都心回帰が可能になったことから、多くの私立大が手狭だった都心のキャンパスを再開発し、超高層ビルにするなどして、超近代的なキャンパスがあちこちに出現した。

 すでに青山学院大、実践女子大、専修大、東京電機大、東京理科大、明治大、愛知大、同志社大などが新しいキャンパスでの勉学をスタートさせているが、来春もいくつかの私立大がキャンパス移転を計画している。大妻女子大は、家政学部・文学部の1年次が埼玉県の狭山台キャンパスで学んでいるが、来春から全学年が都心の千代田キャンパスで学ぶことになり、拓殖大も八王子キャンパスで学んでいる商学部・政経学部の1年次を来春から文京キャンパスに移転して4年間を文京キャンパスで過ごす計画だ。

 南山大は、瀬戸キャンパスにある理工学部を来春名古屋キャンパスに移転し、同じく瀬戸キャンパスにある総合政策学部を2017年に名古屋キャンパスに移転して全学部が名古屋キャンパスに統合される。立命館大は、びわこ・くさつキャンパスで学ぶ経営学部1~3年次と、衣笠キャンパスで学ぶ政策科学部1~3年次を来春、大阪いばらきキャンパスに移転する(両学部とも4年次は2014年ニ移転済)。このほか、北海道薬科大、杏林大、東京理科大、日本福祉大、名城大、龍谷大、神戸学院大なども移転計画を打ち出している。

 

 

私立大のキャンパス移転

年度

大学名

学部

キャンパス

2012年

専修大

生田キャンパス→神田キャンパス

帝京大

相模湖キャンパス→板橋キャンパス

東京歯科大

千葉キャンパス→水道橋キャンパス

東京電機大

未来科・工

神田キャンパス→千住キャンパス

愛知大

法・経営・現代中国

三好キャンパス→新名古屋キャンパス

経済・国際コミュニケーション

豊橋キャンパス→新名古屋キャンパス

2013年

青山学院大

文系学部

相模原キャンパス→渋谷キャンパス

帝京平成大

薬・ヒューマンケア

千葉キャンパス→中野キャンパス

現代ライフ

千葉・池袋キャンパス→中野キャンパス

東京理科大

理・工

神楽坂キャンパス→葛飾キャンパス

基礎工

野田キャンパス→葛飾キャンパス

明治大

国際日本

和泉キャンパス→中野キャンパス

同志社大

文・法・経済・商

京田辺キャンパス→今出川キャンパス

2014年

実践女子大

全学部

日野キャンパス→渋谷キャンパス

2015年

大妻女子大

家政・文

狭山台キャンパス→千代田キャンパス

拓殖大

商・政経

八王子キャンパス→文京キャンパス

南山大

理工

瀬戸キャンパス→名古屋キャンパス

立命館大

政策科

衣笠キャンパス→大阪いばらきキャンパス

経営

びわこ・草津キャンパス→大阪いばらきキャンパス

龍谷大

国際文化

瀬田キャンパス→深草キャンパス