選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2019-01-22

「読む」だけに留まらない読書体験の機会

 フェリス女学院大学は、読書への関心を高める運動として2019年2月11日に朗読会を開催する。「物語から、始まる。-「不思議」のさきに見えるもの-」をテーマに、宮沢賢治作「よだかの星」、サン=テクジュペリ作「ちいさな王子」など4作品を、同大学の学生スタッフや卒業生サークルが声に乗せて届ける。入場は無料。

 このイベントは2002年度からスタートした「読書運動プロジェクト」の活動として実施。学生の読書推進を目的として、毎年度テーマを設けた講演会や朗読会、コンサートなどを開いている。自分で「読む」だけに留まらない読書体験によって、新たな発見ができると参加者から好評を得ている。

 

【開催概要】

朗読会「物語から、始まる。-「不思議」のさきに見えるもの-」

日時:2019年2月11日(月・祝) 14:00~17:00

会場:神奈川近代文学館ホール

出演:フェリス女学院大学附属図書館読書運動プロジェクト朗読チーム、フェリス女学院大学OG朗読サークル「すずの音」

費用:無料

 

フェリス女学院大学 イベント案内