選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

2019-06-28

⼯学院⼤学ソーラーチーム、「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」参戦⾞両のお披露⽬記者発表会を開催

 ⼯学院⼤学は6⽉27⽇(⽊)、世界最⼤級のソーラーカーレースへ参戦する新⾞両のお披露⽬記者発表会を、東京・⼋王⼦キャンパスで開催した。

 ⼯学院⼤学ソーラーチーム発足から10周年の節目に行われたこの発表会は、佐藤光史学⻑の挨拶からスタートし、サポート企業である帝⼈株式会社の帆⾼寿昌氏(帝⼈株式会社モビリティ部⾨部⾨⻑)からも挨拶とソーラーチームへの激励の言葉が送られた。

 新車発表では、ソーラーチームの濱根洋⼈監督(機械システム⼯学科教授)、学⽣キャプテン・尾崎⼤典さん(機械理⼯学科4年)によるチーム活動についての紹介ののち、ステージ上の幕が取り払われ、参戦車両5代目となる新車両「Eagle」がお披露目された。

 新⾞両は前回大会終了直後から1年半をかけ、有志で参加したチームの学生たち自らの手で設計・製作。鷲のくちばしを模したノーズの形状(これが“Eagle”という名称の由来)など“⾃然模倣”をコンセプトに練り上げられた独特なデザイン、学内で開発したという⽇本初の塗装技術が施されたサイドウィンカーカバーも特徴的な、とても高品位に仕上げられた美しい車両だ。メカニック面でも、人工衛星用太陽電池ほか航空宇宙用材料などの最新技術を数多く採用し高性能を実現している。

 チームは今後、7⽉の中旬にテストコースで試⾛を⾏い、7⽉下旬にはレース開催地のオーストラリアへ⾞両を輸送。10月13日~20日開催の、約5日間を掛けオーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3,000kmを走破する世界最高峰のソーラーカーレース、「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC」に参戦する予定となっている。

 工学院大学ソーラーチームは国内の競技大会では何度も優勝経験があるものの、BWSCでは2015年大会での準優勝が最高順位。全学・各協賛企業からの多大な尽力を得て作り上げたこの高性能な新車両で、悲願の初優勝をねらい2019年大会に全力でチャレンジする。

 

●工学院大学ウェブサイト https://www.kogakuin.ac.jp