選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

私立/埼玉県

サイタマコウギョウダイガク埼玉工業大学

  • 学校紹介
  • 学部・学科・コース
  • 就職・資格
  • サポート体制(奨学金など)
  • キャンパス・ギャラリー
  • 学校からのお知らせ
  • アクセス

あなたが検索した学部はこれ

最新情報

学校の特色

「文系×理系」横断した視点と柔軟な思考力を身につける

 文系の情報社会・心理が学べる「人間社会学部」、国際社会で活躍できるエンジニアを養成する「工学部」。2学部5学科と多彩なラインナップが用意されている埼玉工業大学。「テクノロジーとヒューマニティの融合と調和」という理念、仏教精神を基盤とする建学の精神をモットーに、エンジニアや実務家など、社会の中核となって社会に貢献できる人材を養成しています。

 近年、新しい先端技術の研究開発として「次世代自動車プロジェクト」がスタートしました。埼玉県内では初となる深谷市の公道を使った自動運転実証実験など、実用化に向けた研究が着々と進んでいます。また、2019年4月には、全国の大学に先駆け、AIを本格的に学ぶことができるAI専攻を工学部 情報システム学科に新設しました。さらに2020年4月には機械工学科のロボティクス専攻をロボット・スマート機械専攻に名称を変更。次世代モビリティシステムをはじめとした最先端技術を取り入れ、教育内容の充実を図っています。

ここがポイント!

  • 就職に強い

    【約15,000社の求人企業、約650社のセミナー参加企業】

     本学の就職サポートは1年次から始まり、理想の将来像に向かうための支援プログラムが用意されています。学生一人ひとりに対して、「就職課」「就職委員会」「卒業研究指導員」「キャリア支援センター」の4機関が連携して対応するため、学生の希望と、企業の要望をマッチングできます。
     大学に寄せられる求人情報は約15,000社にものぼり、求人検索システムでいつでも検索が可能。業種別、職業別、地域別など、様々な条件から自分の希望に合った企業を探すことがスムーズにできます。
     さらに、学内に企業を招き実際の業務内容をうかがえる、企業説明会やセミナーを定期的に実施。年間で約650社が来校するなど本学生の採用に積極的な企業と出会えるチャンスがあります。

  • 特待生制度で学費等を免除

    【工学部は最大129万円免除、人間社会学部は最大99万円免除】

    特別奨学生制度や、奨学生入試で成績が優秀な人は、次の優遇措置が受けられます。
    ●A奨学生 初年度授業料等全額免除
          工学部[129万円免除] 人間社会学部[99万円免除]

    ●B奨学生 初年度授業料等半額免除
          工学部[64.5万円免除] 人間社会学部[49.5万円免除]

    ●C奨学生 入学金相当額返還
          工学部[25万円返還] 人間社会学部[25万円返還]

    ■特別奨学生制度
    「一般入試A日程」および「センター試験利用入試A試験」において、特別奨学生制度を導入しています。試験結果で成績優秀者が選考の対象となります。奨学生に採用された場合、優遇措置が適用されます。
    [募集人員] 成績優秀者対象のため確定した人数はなし

    ■奨学生入試
    12月14日(土)に実施する「奨学生入試」において、成績が極めて優秀な場合、初年度授業料等の免除や入学金相当額を返還します。
    [募集人員] 工学部合計19名、人間社会学部合計7名

    ※ 2年次以降も、各学年末に1年間の学業成績をもとに審査を行い、奨学生として優遇措置が継続します。

     他に高校在学中に取得した検定や資格を評価する、「全商資格取得奨学金制度」「ジュニアマイスター・アグリマイスター奨学金制度」(両学部 全学科対象)があり、『奨学生入試』『特別奨学生制度』による奨学金との併用も可能です。

  • 最新の設備で学習環境をサポート

    【ものづくり研究センター、先端科学研究所が学生の研究意欲を支えます】

    ■ものづくり研究センター
     学園創立110周年の記念事業の一つとして建設された施設が「ものづくり研究センター」です。「新しい価値の創造」をテーマに、学生たちの好奇心を掻き立て想像力を導き出す新施設として、エンジニアや実務家など、社会の中核となって社会に貢献できる人材を養成しています。
    総ガラス張りで開放感のある外観、4本の柱をツリー状にすることで実現した木造での大空間は、文系・理系を問わず学生が研究や工作を行うスペースとして活用されています。

    ■先端科学研究所
     機能的ナノ材料による新規な表面・バイオセンシング技術の創成、「未踏分野に果敢に挑戦する若手研究者」の育成と国際協力による新世代学際基盤の構築を行い、特に先端技術の独創的研究を推進しています。
    軸となる研究は、先端材料、バイオ・表面技術と計測システム工学分野の融合。国際的提携関係や、企業との産学連携、過去の研究成果を生かして地域貢献を推進します。またオープン・リサーチ・センター・プロジェクトの成果は、省エネルギー、省資源、低環境負荷を実現する機能材料・バイオセンシング技術の開発として展開されています。

  • 学校からのメッセージ

    【がんばる!学生プロジェクト】
     授業や研究とは違う。クラブ・サークルの活動とも違う。「がんばる!学生プロジェクト」は、同じ志を持つ仲間が集い、知的好奇心や行動力を発揮しながら学生が主体的に活動する大学支援型のプロジェクト。
     学生は自分たちの力で企画・運営することを条件に、大学から運営援助を受けられます。企業や地域との連携をしたプロジェクトが進行しています。

    ■現在進行しているプロジェクト
    「SAIKO Aquarium Project」
    水生生物の飼育繁殖、オープンキャンパスの展示、メダカの保護活動を通して、様々な水生生物に関心、興味を持ってもらうプロジェクト。

    「集まれ科学実験教室プロジェクト」
    理科離れしている小中学生に、 学校の授業では出来ないような科学実験を体験してもらい、科学の不思議や面白さを直に体感してもらうプロジェクト。

    「自然環境保護プロジェクト」
    自然環境保護精神のもとに環境保護活動(透明骨格標本製作教室・ビオトープの製作・蛍の飼育・周辺地域清掃活動など)を、地域と連携して活動するプロジェクト。

    「米と日本酒(米作り、そして日本酒へ)プロジェクト」
    地域農家と共同で米作りを行うことで作物作りの大切さを知り、収穫した米を使い企業の協力を得て日本酒造りをし、販売することで広く大学を知ってもらうきっかけとするプロジェクト。

沿革

昭和51(1976)年に大学を創設し、工学部を開設。平成14(2002)年に人間社会学部を開設。

学生数

2,125名(2018年5月1日現在)

教員数

教授41名・准教授25名・講師6名(2018年5月1日現在)

大学院

工学(博士)、人間社会(修士)

主な付属施設

先端科学研究所、臨床心理センター、情報基盤センター、ものづくり研究センターなど。

問い合わせ先

●TEL

入試課 0120-604-606

●公式HP
https://www.sit.ac.jp/
  • 学校紹介
  • 学部・学科・コース
  • 就職・資格
  • サポート体制(奨学金など)
  • キャンパス・ギャラリー
  • 学校からのお知らせ
  • アクセス