選ぶ・決める!大学・専門学校情報サイト「ガクセイト」
ガクセイト-学研進学サイト-

ようこそゲストさん

  • 資料請求リスト
  • 会員登録
  • ログイン
最新情報
最新情報が表示されます。

私立/東京都

チュウオウダイガク中央大学

  • 白門プロムナード
  • http://www.chuo-u.ac.jp/
  • 入学センター 042-674-2144(直通)

    ●中央大学 受験生ナビ Connect Web
     http://www.chuo-u.ac.jp/admission/faculties/

    • 資料を請求する
    • マイページに登録する
  • 学校紹介
  • 学部・学科・コース
  • 就職・資格
  • サポート体制(奨学金など)
  • キャンパス・ギャラリー
  • 学校からのお知らせ
  • アクセス
法学部

定員 1370

1885年の創立以来、実学教育で日本の法曹界をリード。

法律学科

紛争を解決するしくみを知れば、人と社会を深く理解できる。

定員

840

こんなことを学びます
法律家は人権感覚や国際的素養を基礎に、社会問題を「自分の頭で」考えられるようにならなければ通用しません。そのため、幅広い教養や語学などを身に付けることも重要です。法律学科では、2年次より将来の進路に合わせ、「法曹」、「公共法務」、「企業」のなかから1コースを選択。大教室の講義以外にも、少人数の演習科目(ゼミ)、実務法曹による講義など、多様なカリキュラムを用意しています。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

国際企業関係法学科

法と経済をグローバルに学び、問題を解決する能力を養う。

定員

160

こんなことを学びます
この学科のコンセプトは、法律と経済の2 つの分野を深く理解し、地球規模で活動・活躍する、国際社会に認められるリーダーを養成することにあります。国際社会において企業活動から生じるさまざまな法律問題を中心に、多彩な専門教育科目を通じて法律や経済の知識を学びます。同時に現代の国内・国際社会における企業の役割もしっかりと学修できます。その特色を生かすため、少人数教育に徹しています。

対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

政治学科

ガバナンスのしくみを考察し、市民的公共空間のあり方を構想する。

定員

370

こんなことを学びます
歴史や思想に学びながら、市民社会、ガバナンス、グローバリゼーション、ジェンダーなどの現代的課題に応えることが政治学の目的であり、このような新しい潮流に即した科目を配置していることが特徴です。選択必修科目には「現代政治理論」、「行政学」、「国際政治学」を配置。そして2 年次より、「公共政策」、「地域創造」、「国際政治」、「メディア政治」の中からコースを選択します。実務家との接触が可能なインターンシップを履修することも可能です。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

経済学部

定員 965

社会のあらゆるフィールドについて学ぶ。

経済学科

多様な要因が複雑に絡み合う経済の世界を自分で分析・理解する。

定員

370

こんなことを学びます
経済学科には、経済総合クラスターとヒューマンエコノミークラスターが設置されています。「基礎マクロ経済学」、「基礎ミクロ経済学」で基礎理論を理解しながら「統計学」などを学ぶことで、さまざまな経済活動や社会現象を理論的かつ実証的に分析する方法を修得。こうした基礎科目で培った分析方法をもとに、「財政学」や「経済政策論」といった応用系の科目を学んでいくことで、経済問題に対して自分なりに分析できる力を育んでいきます。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

経済情報システム学科

地域経済や企業のリーダーとして活躍できる人材を育成。

定員

180

こんなことを学びます
経済情報システム学科には、企業経済クラスターと経済情報クラスターが設置されています。経済活動の変遷とその背景、経済活動を支える生産、流通、情報システムを体系的に学習し、現代の経済的諸問題に対応できる能力や、公認会計士などを目指す上で必要な知識を身に付けます。産業・企業、空間・地域、情報システム・ITの各分野に視座を置き、「産業構造論」や「経営学」、「統計学」、情報処理関連科目などを広く学びます。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

国際経済学科

世界で活躍するために必要な、国際的な経済問題の解決法を学ぶ。

定員

265

こんなことを学びます
国際経済学科には、貿易・国際金融クラスターと経済開発クラスターが設置されています。日本と諸外国の間の経済問題を総合的に学ぶのがこの学科。国際経済問題の解決策を見つけるための基盤として、「基礎マクロ経済学」や「基礎ミクロ経済学」、「統計学」、「計量経済学」、情報処理関連科目などを学び、コンピュータを用いて実証的な分析方法を修得します。そのうえで、「国際経済学」や「国際金融論」、「計量経済学」などを重点的に学ぶ構成になっています。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

公共・環境経済学科

公的機関や民間組織のあり方を、ローカル・グローバル双方の視点から。

定員

150

こんなことを学びます
公共・環境経済学科には、公共クラスターと環境クラスターが設置されています。国や地方公共団体の行政サービスや、NPO・NGOなどの民間団体、国境を越えた多国間機構による安全、福祉、教育、国際貿易・通貨、平和構築、人道支援などの多種多様な活動を学修します。「基礎マクロ経済学」や「基礎ミクロ経済学」などの経済理論や経済政策論をベースに、「公共経済学」や「行政学」、「財政学」、「公共政策」、「国際公共政策」を基本科目に設けています。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

商学部

定員 1112

ビジネス界直結の授業と実践学修で、社会のニーズに応える実学を養う。

経営学科

幅広い専門知識を身につけ、経営の力でより良い社会をつくる。

定員

320

こんなことを学びます
近年の企業を取り巻く環境の変化に迅速に対応するために、さまざまなレベルでの経営革新(イノベーション)を、いかに組織を維持・発展させるかというマネジメントの視点から理論的かつ実証的に研究します。さらに、企業における経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)を活用する面からも企業経営を分析していきます。広く専門知識を身に付けることで、企業という組織を理解することが、経営学科のねらいです。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

会計学科

企業の経済活動を有用な会計情報として的確に表現し活用する力を養う。

定員

367

こんなことを学びます
会計学とは、企業の経済活動を記録することで業績を計算したり、それをどの場面でどう利用するのが適切かを考えたりする学問です。本学科では、会計学科目を入門科目から応用科目へと履修することで会計固有の論理や方法について体系的に学び、現代社会の企業を取り巻く環境の変化に対応した新たな研究領域も学んでいきます。また、会計学を実社会で生かすため、簿記、公認会計士、税理士などの資格取得のために必要な勉強も行います。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

商業・貿易学科

激変するグローバルビジネスの場で的確に判断・行動ができる力を伸ばす。

定員

295

こんなことを学びます
現代社会における流通やマーケティング、国際貿易の果たす役割の高まりを受け、消費者の価値観の多様化や企業のグローバル化、高度情報化社会の進展などの世の中の変化に対応すべく、2015年度にカリキュラムを一新。学生にとってより分かりやすく魅力ある科目体系を構築しました。流通・マーケティングと国際貿易の2 本柱をメインに理論と実践を学び、卒業後も社会生活や企業活動の中で必要となる問題解決力を修得します。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

金融学科

金融を通して企業と経済を読み解く能力を磨く。

定員

130

こんなことを学びます
金融の役割がますます増している影響を受け、金融機関や企業の財務部で働く人々には、高い専門知識が求められるようになりました。本学科では、金融経済の制度や理論などに関する専門的な知識と企業の金融・財務活動や金融機関の業務・経営活動の解明、それに関連する実際的な応用能力の養成に重点をおいた教育に力を入れており、金融分野における優秀な人材を社会に送り出すことを目指しています。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

文学部

定員 900

広い視野で学び、気付く学問の奥深さ。自分の興味で深く探究できる学びの場。

人文社会学科

1学科の中に13の専攻。
600以上の専門科目と専攻横断型の学びが知的好奇心に応える。

定員

900

対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

国文学専攻

古代から現代に至るまでの間、文字や音声を介して、言葉による日本文化がつくり上げられてきました。豊かな文化に接し、その価値を見極める目を養い、その目で現代・未来を見つめられるようになることが国文学専攻での学習の目標です。本専攻では、少人数制の演習科目で細かな指導を受け、3年次からゼミを履修し、自分で選んだ専門領域を深く究めます。ゼミは4年次まで続き、その学びの成果として卒業論文を執筆します。

英語文学文化専攻

イギリス文学、アメリカ文学、英語学の3つの領域から構成され、英米文学では各時代の小説、詩、演劇を、英語学ではことばの仕組みやことばの歴史について学びます。1年次から履修できる専門科目もあるほか、英語教育にも力を入れており、英語の授業では習熟度別クラスを編成。少人数クラスによる英作文の授業、ネイティヴスピーカーが担当する多彩な科目など、着実に能力を伸ばせるカリキュラムとなっています。

ドイツ語文学文化専攻

ドイツ語圏(ドイツ、オーストリア、スイスの一部)の言語、文学、演劇、思想、美術、歴史など、多彩な分野が学べます。それぞれの分野の専門家が、方法論などの基礎から近年の研究動向までを丁寧に指導します。また、実践的なドイツ語能力の育成のため、ネイティヴスピーカーによるコミュニケーション主体の授業やイベントも用意。その集大成として、多くの学生が短期・長期の留学を経験し、卒業論文・卒業研究に取り組みます。

フランス語文学文化専攻

語学の習得から始めて、文学、言語学、映画、美術、ファッションや料理に至るまで、フランスのことを多角的に学ぶことができます。特定の分野を深めるのも、多分野にわたって知識を広めるのも自由です。またネイティブによる授業や、フランス語検定合格のための実践的な授業も設けています。1カ月の短期留学をはじめ半期や1年間の長期の留学も盛んで、長期間の留学をしても4年での卒業が可能です。

中国言語文化専攻

本専攻では、「高度な中国語運用能力を養い、現地の情報を自分の目と耳で確かめる」と「人々の暮らし・考え方の背景となる歴史や文化について、正確な知識を身に付ける」の2つを教育目標に、中国との関係がますます重要になる21世紀の日本において、両国の架け橋となる人材を育成します。中国語の実践的な能力を磨きながら、中国の多様な文化、古代から現代に至る悠久の歴史、思想などについて深く学ぶことができます。

日本史学専攻

日本史学とは、日本に関する歴史の研究を通して、現在そして未来の日本、さらには国際社会の方向性も見通す力を身に付ける学問です。考古を含む各時代・分野の専任教員によって、幅広い角度から日本の歴史を学ぶことができます。専門的な知識や考察力を養うことはもちろん、豊富な古文書や考古資料などを多用した実証主義に基づく教育を行うので、研究だけでなく、社会に出ても役立つ情報収集力や分析力が養われます。

東洋史学専攻

多様性に満ちあふれた文明のふるさと、アジア。そこで展開した悠久の歴史が、東洋史学の研究対象です。アジアの歴史、文化、社会について理解を深めることは、現在の世界情勢を考える上でも欠かすことができません。5人の専任教授陣と豊富な図書がバラエティーに富んだ学びをサポート。アジアについて学ぶ上で求められる、英語、漢文、中国語、アラビア語、サンスクリット語などの習得にも力を入れています。

西洋史学専攻

ドイツ、フランス、イギリスの歴史はもとより、古代メソポタミア史から現代アメリカ史まで、あらゆる地域と時代の歴史を学びます。歴史上の出来事だけではなく、それに関して多様な見方があることを学び、自分自身の歴史観を見出していきます。そうした視点を培うことで、広い視野と異文化理解の力が身に付きます。3年次から、特別演習で研究論文の読み方や書き方の指導を受け、4年次には各自が卒業論文を書き上げます。

哲学専攻

過去の哲学者たちの言葉を、教員とともに探求していくのが哲学専攻です。古今東西の思想を身に付け、物事を根本的に考える習慣や、論理的な思考力を培うことによって、主体的な人格と柔軟な思想を形成することができます。講義を聴いて知識を得るだけでなく、代表的な哲学者の著作の読解を通して先人の思想を理解し、そこから自分の思索力を養うことを目指します。そのために原典をゼミ形式で読む授業も用意されています。

社会学専攻

現代社会のさまざまな問題を実証的に把握し、その解決のための政策形成に必要なセンスと情報処理能力を備えた人材育成を目標としています。政治や宗教、家族といった社会に存在する構造を解き明かすには調査が大事です。そこで社会学の知識とともに、文献・視察調査、インタビュー、アンケートといった調査の能力を養い、技法を習得します。頭とともに体を使って社会を理解することができる、それが本専攻の魅力です。

社会情報学専攻

社会情報学は、社会の情報化に伴い発生した社会問題やそれを調査、研究するための手法などを学ぶ新しい学問です。1 年次から専門科目を開設し、一人1 台のパソコンを用いた情報処理の実習を数多く用意しているので、情報処理関連の資格試験や教員免許の取得も可能。2 年次以降は「情報コミュニケーションコース」と、「図書館情報学コース」(司書資格取得可能)に分かれ、より深く実践的な授業が行われます。

教育学専攻

教育学は、人の可能性を生涯にわたってさまざまな角度から確認し、広げていく学問です。学校教育の問題をはじめ、子どもから高齢者に至る生涯教育や学習文化活動のあり方を学び、教育についての幅広い視野や考え方を獲得することを目指します。2 年次以降に選択する専門科目で自分の研究テーマを見つけ、3 年次には「教育実地研究」という自主研究活動(フィールドワーク)に取り組みます。そのテーマが卒業論文に引き継がれることもあります。

心理学専攻

人の心の動きを、教育、発達、臨床、認知、犯罪、文化などの各分野から教育・研究する学問が心理学です。人の心理をどう理解するのかという理論性と、その理論の正しさや現実の人間の心理状況を事実によって証明する実証性の両方を、高いレベルで研究できる能力を養成します。1・2 年次に心理学の理論や方法の基礎を学びながら、2~4年次にわたって心理学の各専門領域を学習できることがカリキュラムの特徴です。
総合政策学部

定員 250

幅広い教養を身につけ、異文化を理解し、国際社会で活躍する人材を育成する。

政策科学科

政治、法律、経済に関する科目を学び、文化的背景とも向き合いながら政策の提言を目指す。

定員

150

こんなことを学びます
政策科学科では、1・2年次で基礎知識や理論、外国語、情報処理などを幅広く学ぶほか、政治、法律、経済に関する科目を多く設置し、社会科学の視点から諸問題に多面的にアプローチします。それとあわせて国際政策文化学科設置の科目を履修することで、背景にある文化と向き合い、さまざまな価値観を踏まえた上での解決策を提案できる能力を身に付けます。また政策の立案、検証、展開を担うための情報処理能力や数理解析力も涵養します。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

国際政策文化学科

宗教学、地域研究、メディア論などを学び、社会科学を身につけ多様な価値が共生する社会の実現を目指す。

定員

100

こんなことを学びます
国際政策文化学科では、1・2年次で基礎知識や理論、外国語、情報処理などを幅広く学ぶほか、宗教学、比較文化研究、地域研究、国際交流論など、文化理解に関する科目を多く設置しています。それとあわせて政策科学科の科目を履修することで、異文化の共存と持続的発展を目指した思考力を育成。背景にある文化の多様性を政策に反映させ、さまざまな価値が共生する社会のモデルを構築できる能力の獲得を目指します。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

理工学部

定員 930

第一線で活躍する教授陣と充実した研究設備が生む研究開発能力の高さ

数学科

数理の世界を探求する数学研究とはどのようなものかを理解する。

定員

65

こんなことを学びます
数学は、数理の世界を探求する学問。そればかりでなく、すべての科学を表現するための言語として、人間文化の中心の一つでした。本学科は、数学のさまざまな分野を学ぶことを通して、数学研究とは何かを理解することを目標としています。数学を学ぶことは、さまざまな研究開発分野で活躍できる基礎能力を身に付けることにもつながります。卒業生は教員などの数学に直接関わる人材としてだけでなく、多くの一般企業でも活躍しています。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

物理学科

自然現象の探究を通して最先端技術の基礎となる考え方を身につける。

定員

65

こんなことを学びます
物理学は自然科学・工学のすべてに共通する普遍的な自然法則を捉えようとする学問であると同時に、超伝導、レーザーなど現代の先端技術の基礎でもあります。本学科では「力学の基礎から量子力学・統計物理学などの現代物理学に至る分野を着実に学び、人類の豊かな生活に資する可能性を追求できる人材を育成する」ことを目的としています。また、理工学部で唯一、数学、理科、情報の3 教科について高等学校教諭一種の免許が取得できるのも本学科の特長です。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

都市環境学科

自然と社会のメカニズムを学び、安全で快適な都市環境をつくる。

定員

80

こんなことを学びます
都市環境学とは、人びとの生活を支える施設の計画・デザインとともに、生活空間のマネジメントを行う学問。自然や材料の性質を学び、それを生活空間のデザインに生かす環境クリエーターコースと、人間・社会の意思決定の仕組みやそれを支援する手法を学び、都市のプランニングに生かす都市プランナーコースがあります。他大学と比べ、国家公務員・地方公務員、電力・ガス・通信など公益企業で活躍する卒業生が多いのが特徴です。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

精密機械工学科

現代文明を支える精密機械技術の最先端知識を余すところなく学ぶ。

定員

130

こんなことを学びます
「精密」と付いている点がほかの機械系学科とは異なる特徴です。精密機械を研究対象とするには、ミクロな挙動を解明するための科学、それを計測する技術、ナノ・マイクロ精度を実現するための製造技術、制御技術といった要素技術を精密化するだけでなく、それらを統合するためのシステム化技術も重要。本学科では、精密さの追求を通じ、システム全体を把握することのできるグローバルな視野を養うことを目標に、研究や教育に取り組んでいます。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

電気電子情報通信工学科

電気エネルギーから情報ネットワークまで、次代インフラを生み出す。

定員

125

こんなことを学びます
高度情報化社会における基礎技術となる、電気、電子、情報通信という幅広い分野をカバーする学科。技術の進歩が非常に早い分野で、演習と実験を基盤に、実社会で対応できる工学デザイン力の修得を目指します。エネルギーとしての電気、半導体などの電子材料と、それらで構成される集積回路、電磁気現象を利用した電波・光技術、情報伝送・処理に不可欠な信号伝送技術やコンピュータ関連技術などを学ぶことができます。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

応用化学科

化学技術で、よりよい環境や人類に役立つ物質づくりを実現。

定員

130

こんなことを学びます
物理化学系、無機・分析化学系、有機・生命化学系、化学工学系を系統立てて学ぶことで、多様化する化学技術に対応できるしっかりとした基礎知識と、物質科学・生命科学など他分野にまで踏み込める応用力を身に付けます。理工系の中でも特に女性に人気の高い学科で、女子学生も安心して学習・研究できる環境を整備。卒業生の進路も、化学メーカーや医薬品、農林水産、石油、鉄鋼、非鉄金属など多岐にわたっています。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

経営システム工学科

効率的な組織運営のための理論と実践を備えたシステム開発者を養成。

定員

105

こんなことを学びます
経営工学は、もともと工場の経営管理を対象にして生まれた、科学理論と実践技術を総合した組織管理テクノロジー。人間、ハード、ソフトを有機的に結合させる学問で、社会の大規模複雑化を背景に、扱う領域はますます広がっています。グローバルな競争を勝ち抜ける企業経営を可能にする「科学的経営」技術は産業界からの需要が大変高く、卒業生は幅広い業種でマネジメントに関する中心的人材として活躍しています。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

情報工学科

新技術に直結即応できる高度な情報処理能力を習得。

定員

90

こんなことを学びます
情報技術の要であるプログラミング能力を、豊富な演習科目を通じて重点的に修得します。個々が自らの成長を実感し、社会におけるハイパフォーマーに共通する思考・行動特性=コンピテンシーを自発的に強化することにより、情報技術者としての成長と持続する行動変容を引き出し、企業が求める企画力と研究力を育成しています。それは、本学科出身の大学院生による学会等発表実績や就職実績へ確実につながっています。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

生命科学科

生命科学はゲノム解析から“ポストゲノム時代”へ。

定員

70

こんなことを学びます
生命科学の研究では、人類が直面する、エネルギー、環境、食料、人口といった地球レベルの諸問題、ならびに少子高齢化、健康と医療、生物多様性保全と自然再生など社会レベルの諸問題の解決に貢献することが期待されています。本学科での生命科学教育および研究を通して、高度専門職業人を養成するとともに、人類が直面する環境、食料、健康などの社会的問題解決に生命科学の観点から貢献できる人材を養成します。
対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

人間総合理工学科

複眼的思考力で人間を取り巻く社会の課題に挑戦。

定員

70

こんなことを学びます
本学科では、社会が抱える問題の解決に貢献する新時代の理工学を展開。自然と調和した地域や都市の総合的環境の創出、持続可能な人間生活を支える資源循環や再生可能エネルギーの技術と理論、人の思考や行動を計測・解析するためのセンシングやデータ処理の技術と理論、人の健康やクオリティ・オブ・ライフの向上を目的とした健康科学の技術と理論を、分野横断的に学び、豊かな専門基礎知識と総合力、実践力を養います。

対象キャンパス

後楽園キャンパス(理工学部)

【新】国際経営学部 ※2019年4月開設

定員 300

国際的な視野を持ち、言語のハンデのない、グローバル・レベルの活躍ができる人材を育成する。

国際経営学科

経営学を英語の学び、4年間で「実学」の意義を世界規模で体験できる、全く新しい発想の学部です。

定員

300

こんなことを学びます
国際社会の生きたビジネスの姿にふれ、臨場感溢れる経営学を学んで欲しいため授業の70%以上を英語で行います。専門知識を深めるための、国際経営、企業経営、グローバル経済について専門科目群を設置、さらに実践的知識を見につけるため、日本・中国・アジア地域や欧州・米国・中南米地域の歴史、政治、経済、文化や消費者動向などを掘り下げて研究します。
対象キャンパス

多摩キャンパス(法学部・経済学部・商学部・文学部・総合政策学部・国際経営学部)

【新】国際情報学部 ※2019年4月開設

定員 150

工学系と法学系の学びが融合した学部。
AI、IoTの革新により加速する社会で、法律が追いつかない新領域の諸課題に対応できる人材を育成する。

国際情報学科

「情報の仕組み」「情報の法学」の融合という新たな発想から諸課題を解決します。

定員

150

こんなことを学びます
「情報の仕組み」は、ICTに関する基礎的な知識や理論、情報マネジメント、情報ストラテジーを段階的に学びます。
「情報の法学」は、情報に関する国際的な標準や規範を含む法学の理論や情報政策を学びます。
国際的に通用する「グローバル教養」で普遍的な価値観、異文化の理解、グローバルに活躍するための英語運用能力、現代社会の理解に不可欠な幅広い教養を身につけます。
対象キャンパス

市ヶ谷田町キャンパス(国際情報学部)

  • 学校紹介
  • 学部・学科・コース
  • 就職・資格
  • サポート体制(奨学金など)
  • キャンパス・ギャラリー
  • 学校からのお知らせ
  • アクセス

この学校も見てみよう

立正大学

東京都・埼玉県

8学部15学科1万人が学ぶ総合大学

立教大学

東京都・埼玉県

伝統を洗練し、現代に通用するリベラルアーツ教育を実践

明治大学

東京都・神奈川県

「個」を強くする教育を展開する都心型総合大学

法政大学

東京都

「世界のどこでも生き抜く力」を育む「実践知教育」

二松學舍大学

東京都

東洋の精神を礎に、豊かな国語力を備えた真の国際人を育成

東京工科大学

東京都

「実学主義」の教育・研究を推進する理工系総合大学

東京工芸大学

東京都・神奈川県

工学と芸術の分野で高い専門性をもつ人材を育成

東京経済大学

東京都

チャレンジする学生を育てる-東京経済大学-

デジタルコンテンツとコミュニケーションを学ぶ大学

東海大学

北海道・東京都・神奈川県・静岡県・熊本県

東海大学では、建学の理念“人類の幸福と恒久平和の達成”に向け、QOL(Quality of Life)の向上を目指しています。

昭和大学

東京都・神奈川県・山梨県

医・歯・薬・保健医療を擁する医系総合大学

北里大学

東京都・神奈川県・青森県

「生命科学」を探究するスペシャリストを育成

亜細亜大学

東京都

建学の精神「自助協力」 多様な夢に挑み、アジアの未来に飛躍する創造的人材の育成

城西国際大学

千葉県・東京都

実践的な人材育成を積極的に行う総合大学

  • 高校生のための進学進路マガジン 学研マッチングブック 最新号を無料でGET!
  • 小論文個別指導講座